バケットへのアクセス方法 - Amazon Simple Storage Service

バケットへのアクセス方法

Amazon S3 コンソールを使用してバケットにアクセスできます。コンソール UI を使用して、コードを記述することなく、ほぼすべてのバケットオペレーションを実行できます。

プログラムでバケットにアクセスする場合、Amazon S3 は RESTful アーキテクチャをサポートします。このアーキテクチャでは、バケットやオブジェクトはリソースであり、それぞれリソースを一意に識別するリソース URI を持ちます。

Amazon S3 では、仮想ホスト形式の URL とパス形式の URL の両方でバケットにアクセスできます。バケットはパス形式の URL と仮想ホスト形式の URL を使用してアクセスできるため、DNS 準拠のバケット名を使用してバケットを作成することをお勧めします。詳細については、「バケットの制約と制限」を参照してください。

注記

仮想ホスティング形式とパス形式のリクエストでは、S3 ドットリージョンエンドポイント構造 (s3.Region) を使用します (https://my-bucket.s3.us-west-2.amazonaws.com など)。ただし、一部の古い Amazon S3 リージョンは S3 ダッシュリージョンエンドポイント (s3-Region) もサポートしています (https://my-bucket.s3-us-west-2.amazonaws.com など)。バケットがこれらのリージョンのいずれかにある場合、サーバーアクセスログまたは AWS CloudTrail ログに s3-Region エンドポイントが表示されることがあります。このエンドポイント構造をリクエストで使用しないことをお勧めします。

仮想ホスティング形式のアクセス

仮想ホスティング形式のリクエストでは、バケット名は URL のドメイン名の一部です。

Amazon S3 仮想ホスティング形式の URL は、次の形式を使用します。

https://bucket-name.s3.Region.amazonaws.com/key name

この例では、my-bucket はバケット名、米国西部(オレゴン)はリージョン、puppy.png はキー名です。

https://my-bucket.s3.us-west-2.amazonaws.com/puppy.png

仮想ホスティング形式のリクエストのアクセスについては、「仮想ホスティング形式のリクエスト」を参照してください。

パス形式のアクセス

Amazon S3 では、パス形式の URL は次の形式を使用します。

https://s3.Region.amazonaws.com/bucket-name/key name

例えば、mybucket という名前のバケットを 米国西部 (オレゴン) リージョンで作成し、そのバケットで puppy.jpg オブジェクトにアクセスする場合、次のパス形式の URL を使用できます。

https://s3.us-west-2.amazonaws.com/mybucket/puppy.jpg

詳細については、「パス形式のリクエスト」を参照してください。

重要

更新 (2020 年 9 月 23 日) – パス形式 URL の非推奨化を延期し、お客様が仮想ホスティング形式の URL への移行に必要な時間を確保できるようにすることを決定しました。詳細については、AWS ニュースブログ の「Amazon S3 Path Deprecation Plan – The Rest of the Story」を参照してください。

IPv6 での S3 バケットへのアクセス

Amazon S3 には一連のデュアルスタックのエンドポイントがあり、Internet Protocol バージョン 6 (IPv6) と IPv4 両方での S3 バケットへのリクエストをサポートしています。詳細については、「IPv6 を使用したリクエストの実行」を参照してください。

S3 アクセスポイントを介したバケットへのアクセス

バケットには、直接アクセスするだけでなく、アクセスポイントを介してアクセスできます。Amazon S3 アクセスポイント機能の詳細については、Amazon S3 アクセスポイントを使用したデータアクセスの管理 を参照してください。

S3 アクセスポイントでは、仮想ホスト形式のアドレス指定のみがサポートされます。アクセスポイントを介してバケットをアドレス指定するには、次の形式を使用します。

https://AccessPointName-AccountId.s3-accesspoint.region.amazonaws.com.
注記
  • アクセスポイント名にダッシュ (-) 文字が含まれている場合は、URL にダッシュを含めて、アカウント ID の前に別のダッシュを挿入します。例えば、リージョン us-west-2 で アカウント 123456789012 が所有する finance-docs という名前のアクセスポイントを使用する場合、適切な URL は https://finance-docs-123456789012.s3-accesspoint.us-west-2.amazonaws.com になります。

  • S3 アクセスポイントは HTTP によるアクセスをサポートせず、HTTPS による安全なアクセスのみをサポートします。

S3:// を使用したバケットへのアクセス

一部の AWS のサービスでは、S3://bucket を使用して Amazon S3 バケットを指定する必要があります。次の例は、正しい形式を示しています。この形式を使用する場合、バケット名には AWS リージョン が含まれないことに注意してください。

S3://bucket-name/key-name

例えば、次の例では、前のパス形式のセクションで説明したサンプルバケットを使用しています。

S3://mybucket/puppy.jpg