バケットの制約と制限 - Amazon Simple Storage Service

バケットの制約と制限

Amazon S3 の各バケットは、それを作成した AWS アカウント によって所有されます。バケットの所有権を別のアカウントに譲渡することはできません。

バケットの作成時にバケットの名前と作成先の AWS リージョン を選択します。バケットの作成後はバケットの名前もリージョンも変更できません。

バケットに名前を付けるときは、ユーザーまたはユーザーのビジネスに関連する名前を選択します。他のユーザーに関連付けられている名前は使用しないでください。例えば、バケット名に AWSAmazon を使用しないでください。

デフォルトでは、 AWS アカウント につき最大で 100 個のバケットを作成できます。追加のバケットが必要な場合は、サービスの制限の緩和を申請することによって、アカウントバケットの制限を最大 1,000 バケットまで引き上げることができます。使用するバケットの数が多いか少ないかにかかわらず、パフォーマンスに違いはありません。

バケットの制限を引き上げる方法については、AWS 全般のリファレンスのAWS のサービスのクォータを参照してください。

バケット名の再利用

バケットが空の場合は削除できます。バケットが削除されると、その名前は再利用できるようになります。ただし、バケットを削除すると、さまざまな理由で名前を再利用できない場合があります。

例えば、バケットを削除してその名前が再利用可能になると、別の AWS アカウント がその名前でバケットを作成する場合があります。また、削除したバケットの名前が再利用可能になるまでに、しばらく時間がかかる場合もあります。同じバケット名を使用する場合は、バケットを削除しないことをお勧めします。

バケット名の詳細については、「バケットの名前付け」を参照してください。

オブジェクトとバケット

バケットに保存できるオブジェクト数に制限はありません。すべてのオブジェクトを 1 つのバケットに格納してもかまいませんし、複数のバケットに分けて整理してもかまいません。ただし、別のバケット内からバケットを作成することはできません。

バケットオペレーション

Amazon S3 の高可用性技術は、getputlist、および delete オペレーションに重点を置いています。バケットオペレーションは中央集中型のグローバルリソーススペースに対して作用するため、お使いのアプリケーションの高可用性コードパスでバケットの作成や削除を行うのは適切ではありません。バケットの作成や削除は、個別の初期化や、頻繁に実行しないセットアップルーチンで実行するほうが適しています。

バケットの命名規則と自動作成されたバケット

アプリケーションが自動的にバットを作成する場合は、命名の衝突が起きないようなバケット命名スキームを使用してください。特定のバケット名が既に使用されている場合は、異なるバケット名をアプリケーションロジックが選択するようにしてください。

バケットの命名の詳細については、「バケットの名前付け」を参照してください。