Amazon S3 コンソールでのオブジェクトメタデータの編集 - Amazon Simple Storage Service

Amazon S3 コンソールでのオブジェクトメタデータの編集

Amazon S3 コンソールを使用して、既存の S3 オブジェクトのメタデータを編集できます。一部のメタデータは、オブジェクトをアップロードするときに Amazon S3 によって設定されます。例えば、Content-Lengthkey (名前) で、value はオブジェクトのサイズ (バイト単位) です。

また、オブジェクトのアップロード時にメタデータを設定し、必要に応じて後で編集することもできます。たとえば、STANDARD ストレージクラスに最初に保存したオブジェクトのセットがあるとします。時間の経過とともに、このデータを高可用性にする必要がなくなる可能性があります。そのため、GLACIER キーの値を x-amz-storage-class から STANDARD に編集して、ストレージクラスを GLACIER に変更します。

注記

Amazon S3 でオブジェクトメタデータを編集する場合は、次の問題を考慮してください。

  • このアクションにより、更新された設定と最終更新日を持つオブジェクトのコピーが作成されます。S3 バージョニングが有効になっている場合は、オブジェクトの新しいバージョンが作成され、既存のオブジェクトが古いバージョンになります。S3 バージョニングが有効になっていない場合は、元のオブジェクトがオブジェクトの新しいコピーに置き換えられます。プロパティを変更する IAM ロールも、新しいオブジェクトまたは (オブジェクトバージョン) の所有者になります。

  • メタデータを編集すると、既存のキー名の値が更新されます。

  • お客様が用意した暗号化キー (SSE-C) で暗号化されたオブジェクトは、コンソールを使用してコピーできません。AWS CLI、AWS SDK、または Amazon S3 REST API を使用する必要があります。

警告

フォルダのメタデータを編集する場合は、Edit metadata オペレーションが完了するのを待ってから、新しいオブジェクトをフォルダに追加します。そうしないと、新しいオブジェクトも編集される可能性があります。

以下のトピックでは、Amazon S3 コンソールを使用してオブジェクトのメタデータを編集する方法について説明します。

S3 オブジェクトのシステムメタデータは、一部のみ設定できます。システム定義のメタデータのリストと値を変更できるかどうかは、「システムで定義されたオブジェクトメタデータ」を参照してください。

オブジェクトのシステム定義メタデータを編集するには

  1. AWS Management Console にサインインし、Amazon S3 コンソール (https://console.aws.amazon.com/s3/) を開きます。

  2. Amazon S3 バケットまたはフォルダに移動し、編集するメタデータを持つオブジェクト名の左側にあるチェックボックスをオンにします。

  3. [アクション] メニューで [アクションの編集] を選択し、[メタデータの編集] を選択します。

  4. リストされたオブジェクトを確認し、[メタデータの追加] を選択します。

  5. メタデータの [Type (タイプ)] には、[System-defined (システム定義)] を選択します。

  6. 一意の [Key (キー)] とメタデータの [Value (値)] を指定します。

  7. 追加のメタデータを編集するには、[Add metadata (メタデータの追加)] を選択します。[削除] をクリックして、タイプ、キー、値のセットを削除することもできます。

  8. 完了したら、[Edit metadata] (メタデータの編集) を選択すると、指定したオブジェクトのメタデータを Amazon S3 が編集します。

メタデータプレフィックス、x-amz-meta-、およびカスタムキーを作成するために選択した名前を組み合わせて、オブジェクトのユーザー定義メタデータを編集できます。たとえば、カスタム名 alt-name を追加した場合、メタデータキーは x-amz-meta-alt-name になります。

ユーザー定義メタデータの合計サイズは最大 2 KB です。ユーザー定義メタデータの合計サイズを計算するには、キーと値ごとの UTF-8 エンコーディングのバイト数を合計します。キーと値の両方が US-ASCII 標準に従っている必要があります。詳細については、「ユーザー定義のオブジェクトメタデータ」を参照してください。

オブジェクトのユーザー定義メタデータを編集するには

  1. AWS Management Console にサインインし、Amazon S3 コンソール (https://console.aws.amazon.com/s3/) を開きます。

  2. [バケット] リストで、メタデータを追加するオブジェクトが含まれるバケットの名前を選択します。

    必要に応じてフォルダに移動することもできます。

  3. [オブジェクト] リストで、メタデータを追加するオブジェクト名の横にあるチェックボックスをオンにします。

  4. [アクション] メニューで、[メタデータの編集] を選択します。

  5. リストされたオブジェクトを確認し、[メタデータの追加] を選択します。

  6. メタデータの [タイプ] には [ユーザー定義] を選択します。

  7. x-amz-meta- に続いて、一意のカスタム [キー] を入力します。メタデータの [Value (値)] も入力します。

  8. さらにメタデータを追加するには、[Add metadata (メタデータの追加)] を選択します。[削除] をクリックして、タイプ、キー、値のセットを削除することもできます。

  9. [Edit metadata (メタデータの編集)] を選択します。

    Amazon S3 は、指定されたオブジェクトのメタデータを編集します。