マルチパートアップロードを使用したオブジェクトのアップロード - Amazon Simple Storage Service

マルチパートアップロードを使用したオブジェクトのアップロード

マルチパートアップロードを使用して、プログラムで 1 つのオブジェクトを Amazon S3 にアップロードできます。

詳細については、次のセクションを参照してください。

AWS SDK では、マルチパートアップロードを簡素化する「TransferManager」と呼ばれる高レベル API を公開しています。詳細については、「マルチパートアップロードを使用したオブジェクトのアップロードとコピー」を参照してください。

ファイルまたはストリームからデータをアップロードできます。マルチパートアップロードで使用するパートのサイズ、パートをアップロードする際に使用する同時スレッドの数など、詳細なオプションも設定できます。省略可能なオブジェクトのプロパティ、ストレージクラス、またはアクセスコントロールリスト (ACL) を設定することもできます。これらの詳細なオプションを設定するには、PutObjectRequest および TransferManagerConfiguration クラスを使用します。

可能な場合、TransferManager は複数のスレッドを使用して、1 回のアップロードに含まれる複数のパートを 1 度にアップロードしようとします。これにより、大きなコンテンツサイズと高帯域を処理する場合にスループットが大幅に改善されます。

ファイルのアップロード機能に加えて、TransferManager クラスでは進行中のマルチパートアップロードを中止することができます。アップロードを開始した後は、そのアップロードを完了または中止するまで進行中とみなされます。TransferManager は、指定したバケットで指定した日時より前に開始された進行中のすべてのマルチパートアップロードを中止します。

マルチパートアップロードを一時停止して再開する場合、アップロード中にパートサイズを変更する場合、またはデータのサイズが事前にわからない場合は、低レベルの PHP API を使用します。低レベル API メソッドで提供される追加機能など、マルチパートアップロードの詳細については、「AWS SDK の使用 (低レベル API)」を参照してください。

Java

次の例では、高レベルマルチパートアップロード Java API (TransferManager クラス) を使用して、オブジェクトをロードします。ワーキングサンプルの作成とテストに関する手順については、「Amazon S3 Java コード例のテスト」を参照してください。

import com.amazonaws.AmazonServiceException; import com.amazonaws.SdkClientException; import com.amazonaws.auth.profile.ProfileCredentialsProvider; import com.amazonaws.regions.Regions; import com.amazonaws.services.s3.AmazonS3; import com.amazonaws.services.s3.AmazonS3ClientBuilder; import com.amazonaws.services.s3.transfer.TransferManager; import com.amazonaws.services.s3.transfer.TransferManagerBuilder; import com.amazonaws.services.s3.transfer.Upload; import java.io.File; public class HighLevelMultipartUpload { public static void main(String[] args) throws Exception { Regions clientRegion = Regions.DEFAULT_REGION; String bucketName = "*** Bucket name ***"; String keyName = "*** Object key ***"; String filePath = "*** Path for file to upload ***"; try { AmazonS3 s3Client = AmazonS3ClientBuilder.standard() .withRegion(clientRegion) .withCredentials(new ProfileCredentialsProvider()) .build(); TransferManager tm = TransferManagerBuilder.standard() .withS3Client(s3Client) .build(); // TransferManager processes all transfers asynchronously, // so this call returns immediately. Upload upload = tm.upload(bucketName, keyName, new File(filePath)); System.out.println("Object upload started"); // Optionally, wait for the upload to finish before continuing. upload.waitForCompletion(); System.out.println("Object upload complete"); } catch (AmazonServiceException e) { // The call was transmitted successfully, but Amazon S3 couldn't process // it, so it returned an error response. e.printStackTrace(); } catch (SdkClientException e) { // Amazon S3 couldn't be contacted for a response, or the client // couldn't parse the response from Amazon S3. e.printStackTrace(); } } }
.NET

S3 バケットにファイルをアップロードするには、TransferUtility クラスを使用します。ファイルからデータをアップロードする場合は、オブジェクトのキー名を指定する必要があります。指定しないと、API ではキー名としてファイル名を使用します。ストリームからデータをアップロードする場合は、オブジェクトのキー名を指定する必要があります。

高度なアップロードオプション (パートのサイズ、複数のパーツを同時にアップロードする際のスレッド数、メタデータ、ストレージクラス、ACL など) を設定するには、TransferUtilityUploadRequest クラスを使用します。

次の C# の例では、ファイルを複数のパートに分割して Amazon S3 バケットにアップロードします。さまざまな TransferUtility.Upload オーバーロードを使用してファイルをアップロードする方法を示します。後続のアップロード呼び出しが行われるたびに、前のアップロードが置き換えられます。この例と AWS SDK for .NET の特定のバージョンとの互換性、および作業サンプルを作成してテストする手順の詳細については、「Amazon S3 .NET コード例の実行」を参照してください。

using Amazon; using Amazon.S3; using Amazon.S3.Transfer; using System; using System.IO; using System.Threading.Tasks; namespace Amazon.DocSamples.S3 { class UploadFileMPUHighLevelAPITest { private const string bucketName = "*** provide bucket name ***"; private const string keyName = "*** provide a name for the uploaded object ***"; private const string filePath = "*** provide the full path name of the file to upload ***"; // Specify your bucket region (an example region is shown). private static readonly RegionEndpoint bucketRegion = RegionEndpoint.USWest2; private static IAmazonS3 s3Client; public static void Main() { s3Client = new AmazonS3Client(bucketRegion); UploadFileAsync().Wait(); } private static async Task UploadFileAsync() { try { var fileTransferUtility = new TransferUtility(s3Client); // Option 1. Upload a file. The file name is used as the object key name. await fileTransferUtility.UploadAsync(filePath, bucketName); Console.WriteLine("Upload 1 completed"); // Option 2. Specify object key name explicitly. await fileTransferUtility.UploadAsync(filePath, bucketName, keyName); Console.WriteLine("Upload 2 completed"); // Option 3. Upload data from a type of System.IO.Stream. using (var fileToUpload = new FileStream(filePath, FileMode.Open, FileAccess.Read)) { await fileTransferUtility.UploadAsync(fileToUpload, bucketName, keyName); } Console.WriteLine("Upload 3 completed"); // Option 4. Specify advanced settings. var fileTransferUtilityRequest = new TransferUtilityUploadRequest { BucketName = bucketName, FilePath = filePath, StorageClass = S3StorageClass.StandardInfrequentAccess, PartSize = 6291456, // 6 MB. Key = keyName, CannedACL = S3CannedACL.PublicRead }; fileTransferUtilityRequest.Metadata.Add("param1", "Value1"); fileTransferUtilityRequest.Metadata.Add("param2", "Value2"); await fileTransferUtility.UploadAsync(fileTransferUtilityRequest); Console.WriteLine("Upload 4 completed"); } catch (AmazonS3Exception e) { Console.WriteLine("Error encountered on server. Message:'{0}' when writing an object", e.Message); } catch (Exception e) { Console.WriteLine("Unknown encountered on server. Message:'{0}' when writing an object", e.Message); } } } }
PHP

このトピックでは、マルチパートファイルのアップロードの Aws\S3\Model\MultipartUpload\UploadBuilder からの高レベルの AWS SDK for PHP クラスを使用する方法について説明します。ここでは、既に AWS SDK for PHP の使用と PHP サンプルの実行 の手順が実行されていて、AWS SDK for PHP が正しくインストールされていることを前提としています。

以下の PHP サンプルは、ファイルを Amazon S3 バケットにアップロードします。この例では、MultipartUploader オブジェクトのパラメータを設定する方法を示します。

PHP 例の実行については、このガイド内の「PHP サンプルの実行」を参照してください。

require 'vendor/autoload.php'; use Aws\Common\Exception\MultipartUploadException; use Aws\S3\MultipartUploader; use Aws\S3\S3Client; $bucket = '*** Your Bucket Name ***'; $keyname = '*** Your Object Key ***'; $s3 = new S3Client([ 'version' => 'latest', 'region' => 'us-east-1' ]); // Prepare the upload parameters. $uploader = new MultipartUploader($s3, '/path/to/large/file.zip', [ 'bucket' => $bucket, 'key' => $keyname ]); // Perform the upload. try { $result = $uploader->upload(); echo "Upload complete: {$result['ObjectURL']}" . PHP_EOL; } catch (MultipartUploadException $e) { echo $e->getMessage() . PHP_EOL; }
Python

次の例では、高レベルマルチパートアップロード Python API (TransferManager クラス) を使用して、オブジェクトをロードします。

""" Use Boto 3 managed file transfers to manage multipart uploads to and downloads from an Amazon S3 bucket. When the file to transfer is larger than the specified threshold, the transfer manager automatically uses multipart uploads or downloads. This demonstration shows how to use several of the available transfer manager settings and reports thread usage and time to transfer. """ import sys import threading import boto3 from boto3.s3.transfer import TransferConfig MB = 1024 * 1024 s3 = boto3.resource('s3') class TransferCallback: """ Handle callbacks from the transfer manager. The transfer manager periodically calls the __call__ method throughout the upload and download process so that it can take action, such as displaying progress to the user and collecting data about the transfer. """ def __init__(self, target_size): self._target_size = target_size self._total_transferred = 0 self._lock = threading.Lock() self.thread_info = {} def __call__(self, bytes_transferred): """ The callback method that is called by the transfer manager. Display progress during file transfer and collect per-thread transfer data. This method can be called by multiple threads, so shared instance data is protected by a thread lock. """ thread = threading.current_thread() with self._lock: self._total_transferred += bytes_transferred if thread.ident not in self.thread_info.keys(): self.thread_info[thread.ident] = bytes_transferred else: self.thread_info[thread.ident] += bytes_transferred target = self._target_size * MB sys.stdout.write( f"\r{self._total_transferred} of {target} transferred " f"({(self._total_transferred / target) * 100:.2f}%).") sys.stdout.flush() def upload_with_default_configuration(local_file_path, bucket_name, object_key, file_size_mb): """ Upload a file from a local folder to an Amazon S3 bucket, using the default configuration. """ transfer_callback = TransferCallback(file_size_mb) s3.Bucket(bucket_name).upload_file( local_file_path, object_key, Callback=transfer_callback) return transfer_callback.thread_info def upload_with_chunksize_and_meta(local_file_path, bucket_name, object_key, file_size_mb, metadata=None): """ Upload a file from a local folder to an Amazon S3 bucket, setting a multipart chunk size and adding metadata to the Amazon S3 object. The multipart chunk size controls the size of the chunks of data that are sent in the request. A smaller chunk size typically results in the transfer manager using more threads for the upload. The metadata is a set of key-value pairs that are stored with the object in Amazon S3. """ transfer_callback = TransferCallback(file_size_mb) config = TransferConfig(multipart_chunksize=1 * MB) extra_args = {'Metadata': metadata} if metadata else None s3.Bucket(bucket_name).upload_file( local_file_path, object_key, Config=config, ExtraArgs=extra_args, Callback=transfer_callback) return transfer_callback.thread_info def upload_with_high_threshold(local_file_path, bucket_name, object_key, file_size_mb): """ Upload a file from a local folder to an Amazon S3 bucket, setting a multipart threshold larger than the size of the file. Setting a multipart threshold larger than the size of the file results in the transfer manager sending the file as a standard upload instead of a multipart upload. """ transfer_callback = TransferCallback(file_size_mb) config = TransferConfig(multipart_threshold=file_size_mb * 2 * MB) s3.Bucket(bucket_name).upload_file( local_file_path, object_key, Config=config, Callback=transfer_callback) return transfer_callback.thread_info def upload_with_sse(local_file_path, bucket_name, object_key, file_size_mb, sse_key=None): """ Upload a file from a local folder to an Amazon S3 bucket, adding server-side encryption with customer-provided encryption keys to the object. When this kind of encryption is specified, Amazon S3 encrypts the object at rest and allows downloads only when the expected encryption key is provided in the download request. """ transfer_callback = TransferCallback(file_size_mb) if sse_key: extra_args = { 'SSECustomerAlgorithm': 'AES256', 'SSECustomerKey': sse_key} else: extra_args = None s3.Bucket(bucket_name).upload_file( local_file_path, object_key, ExtraArgs=extra_args, Callback=transfer_callback) return transfer_callback.thread_info def download_with_default_configuration(bucket_name, object_key, download_file_path, file_size_mb): """ Download a file from an Amazon S3 bucket to a local folder, using the default configuration. """ transfer_callback = TransferCallback(file_size_mb) s3.Bucket(bucket_name).Object(object_key).download_file( download_file_path, Callback=transfer_callback) return transfer_callback.thread_info def download_with_single_thread(bucket_name, object_key, download_file_path, file_size_mb): """ Download a file from an Amazon S3 bucket to a local folder, using a single thread. """ transfer_callback = TransferCallback(file_size_mb) config = TransferConfig(use_threads=False) s3.Bucket(bucket_name).Object(object_key).download_file( download_file_path, Config=config, Callback=transfer_callback) return transfer_callback.thread_info def download_with_high_threshold(bucket_name, object_key, download_file_path, file_size_mb): """ Download a file from an Amazon S3 bucket to a local folder, setting a multipart threshold larger than the size of the file. Setting a multipart threshold larger than the size of the file results in the transfer manager sending the file as a standard download instead of a multipart download. """ transfer_callback = TransferCallback(file_size_mb) config = TransferConfig(multipart_threshold=file_size_mb * 2 * MB) s3.Bucket(bucket_name).Object(object_key).download_file( download_file_path, Config=config, Callback=transfer_callback) return transfer_callback.thread_info def download_with_sse(bucket_name, object_key, download_file_path, file_size_mb, sse_key): """ Download a file from an Amazon S3 bucket to a local folder, adding a customer-provided encryption key to the request. When this kind of encryption is specified, Amazon S3 encrypts the object at rest and allows downloads only when the expected encryption key is provided in the download request. """ transfer_callback = TransferCallback(file_size_mb) if sse_key: extra_args = { 'SSECustomerAlgorithm': 'AES256', 'SSECustomerKey': sse_key} else: extra_args = None s3.Bucket(bucket_name).Object(object_key).download_file( download_file_path, ExtraArgs=extra_args, Callback=transfer_callback) return transfer_callback.thread_info

AWS SDK は、Amazon S3 REST API に非常によく似たマルチパートアップロード用の下位 API を公開しています (マルチパートアップロードを使用したオブジェクトのアップロードとコピー を参照)。マルチパートアップロードを一時停止して再開する必要がある場合やアップロード中にパートサイズを変更する場合、またはアップロードデータのサイズが事前にわからない場合は、低レベル API を使用します。これらの要件がない場合は、高レベル API (AWS SDK (高レベル API) の使用 を参照) を使用します。

Java

次の例では、低レベル Java クラスを使用してファイルをアップロードする方法を示します。以下のステップが実行されます。

  • AmazonS3Client.initiateMultipartUpload() メソッドを使用してマルチパートアップロードを開始し、InitiateMultipartUploadRequest オブジェクトを渡します。

  • AmazonS3Client.initiateMultipartUpload() メソッドが返すアップロード ID を保存します。以降、マルチパートアップロードオペレーションのたびに、このアップロード ID を指定する必要があります。

  • オブジェクトのパートをアップロードします。パートごとに、AmazonS3Client.uploadPart() メソッドを呼び出します。UploadPartRequest オブジェクトを使用して、パートアップロード情報を指定します。

  • 各パートで、リストの AmazonS3Client.uploadPart() メソッドのレスポンスから ETag を保存します。ETag 値を使用して、マルチパートアップロードを完了します。

  • AmazonS3Client.completeMultipartUpload() メソッドを呼び出して、マルチパートアップロードを完了します。

ワーキングサンプルの作成とテストに関する手順については、「Amazon S3 Java コード例のテスト」を参照してください。

import com.amazonaws.AmazonServiceException; import com.amazonaws.SdkClientException; import com.amazonaws.auth.profile.ProfileCredentialsProvider; import com.amazonaws.regions.Regions; import com.amazonaws.services.s3.AmazonS3; import com.amazonaws.services.s3.AmazonS3ClientBuilder; import com.amazonaws.services.s3.model.*; import java.io.File; import java.io.IOException; import java.util.ArrayList; import java.util.List; public class LowLevelMultipartUpload { public static void main(String[] args) throws IOException { Regions clientRegion = Regions.DEFAULT_REGION; String bucketName = "*** Bucket name ***"; String keyName = "*** Key name ***"; String filePath = "*** Path to file to upload ***"; File file = new File(filePath); long contentLength = file.length(); long partSize = 5 * 1024 * 1024; // Set part size to 5 MB. try { AmazonS3 s3Client = AmazonS3ClientBuilder.standard() .withRegion(clientRegion) .withCredentials(new ProfileCredentialsProvider()) .build(); // Create a list of ETag objects. You retrieve ETags for each object part uploaded, // then, after each individual part has been uploaded, pass the list of ETags to // the request to complete the upload. List<PartETag> partETags = new ArrayList<PartETag>(); // Initiate the multipart upload. InitiateMultipartUploadRequest initRequest = new InitiateMultipartUploadRequest(bucketName, keyName); InitiateMultipartUploadResult initResponse = s3Client.initiateMultipartUpload(initRequest); // Upload the file parts. long filePosition = 0; for (int i = 1; filePosition < contentLength; i++) { // Because the last part could be less than 5 MB, adjust the part size as needed. partSize = Math.min(partSize, (contentLength - filePosition)); // Create the request to upload a part. UploadPartRequest uploadRequest = new UploadPartRequest() .withBucketName(bucketName) .withKey(keyName) .withUploadId(initResponse.getUploadId()) .withPartNumber(i) .withFileOffset(filePosition) .withFile(file) .withPartSize(partSize); // Upload the part and add the response's ETag to our list. UploadPartResult uploadResult = s3Client.uploadPart(uploadRequest); partETags.add(uploadResult.getPartETag()); filePosition += partSize; } // Complete the multipart upload. CompleteMultipartUploadRequest compRequest = new CompleteMultipartUploadRequest(bucketName, keyName, initResponse.getUploadId(), partETags); s3Client.completeMultipartUpload(compRequest); } catch (AmazonServiceException e) { // The call was transmitted successfully, but Amazon S3 couldn't process // it, so it returned an error response. e.printStackTrace(); } catch (SdkClientException e) { // Amazon S3 couldn't be contacted for a response, or the client // couldn't parse the response from Amazon S3. e.printStackTrace(); } } }
.NET

次の C# の例では、低レベルの AWS SDK for .NET マルチパートアップロード API を使用して S3 バケットにファイルをアップロードする方法を示します。Amazon S3 のマルチパートアップロードの詳細については、「マルチパートアップロードを使用したオブジェクトのアップロードとコピー」を参照してください。

注記

AWS SDK for .NET API を使用して大きなオブジェクトをアップロードする場合、リクエストストリームへのデータの書き込み中に、タイムアウトが発生することがあります。UploadPartRequest を使用して、明示的なタイムアウトを設定できます。

次 C# の例では、低レベルのマルチパートアップロード API を使用して S3 バケットにファイルをアップロードします。この例と AWS SDK for .NET の特定のバージョンとの互換性、および作業サンプルを作成してテストする手順の詳細については、「Amazon S3 .NET コード例の実行」を参照してください。

using Amazon; using Amazon.Runtime; using Amazon.S3; using Amazon.S3.Model; using System; using System.Collections.Generic; using System.IO; using System.Threading.Tasks; namespace Amazon.DocSamples.S3 { class UploadFileMPULowLevelAPITest { private const string bucketName = "*** provide bucket name ***"; private const string keyName = "*** provide a name for the uploaded object ***"; private const string filePath = "*** provide the full path name of the file to upload ***"; // Specify your bucket region (an example region is shown). private static readonly RegionEndpoint bucketRegion = RegionEndpoint.USWest2; private static IAmazonS3 s3Client; public static void Main() { s3Client = new AmazonS3Client(bucketRegion); Console.WriteLine("Uploading an object"); UploadObjectAsync().Wait(); } private static async Task UploadObjectAsync() { // Create list to store upload part responses. List<UploadPartResponse> uploadResponses = new List<UploadPartResponse>(); // Setup information required to initiate the multipart upload. InitiateMultipartUploadRequest initiateRequest = new InitiateMultipartUploadRequest { BucketName = bucketName, Key = keyName }; // Initiate the upload. InitiateMultipartUploadResponse initResponse = await s3Client.InitiateMultipartUploadAsync(initiateRequest); // Upload parts. long contentLength = new FileInfo(filePath).Length; long partSize = 5 * (long)Math.Pow(2, 20); // 5 MB try { Console.WriteLine("Uploading parts"); long filePosition = 0; for (int i = 1; filePosition < contentLength; i++) { UploadPartRequest uploadRequest = new UploadPartRequest { BucketName = bucketName, Key = keyName, UploadId = initResponse.UploadId, PartNumber = i, PartSize = partSize, FilePosition = filePosition, FilePath = filePath }; // Track upload progress. uploadRequest.StreamTransferProgress += new EventHandler<StreamTransferProgressArgs>(UploadPartProgressEventCallback); // Upload a part and add the response to our list. uploadResponses.Add(await s3Client.UploadPartAsync(uploadRequest)); filePosition += partSize; } // Setup to complete the upload. CompleteMultipartUploadRequest completeRequest = new CompleteMultipartUploadRequest { BucketName = bucketName, Key = keyName, UploadId = initResponse.UploadId }; completeRequest.AddPartETags(uploadResponses); // Complete the upload. CompleteMultipartUploadResponse completeUploadResponse = await s3Client.CompleteMultipartUploadAsync(completeRequest); } catch (Exception exception) { Console.WriteLine("An AmazonS3Exception was thrown: { 0}", exception.Message); // Abort the upload. AbortMultipartUploadRequest abortMPURequest = new AbortMultipartUploadRequest { BucketName = bucketName, Key = keyName, UploadId = initResponse.UploadId }; await s3Client.AbortMultipartUploadAsync(abortMPURequest); } } public static void UploadPartProgressEventCallback(object sender, StreamTransferProgressArgs e) { // Process event. Console.WriteLine("{0}/{1}", e.TransferredBytes, e.TotalBytes); } } }
PHP

このトピックガイドでは、uploadPart のバージョン 3 から低レベルの AWS SDK for PHP メソッドを使用してファイルを複数のパートに分割してアップロードする方法について説明します。ここでは、既に AWS SDK for PHP の使用と PHP サンプルの実行 の手順が実行されていて、AWS SDK for PHP が正しくインストールされていることを前提としています。

次の PHP の例では、下位の PHP API マルチパートアップロードを使用して、Amazon S3 バケットにファイルをアップロードします。PHP 例の実行については、このガイド内の「PHP サンプルの実行」を参照してください。

require 'vendor/autoload.php'; use Aws\S3\S3Client; $bucket = '*** Your Bucket Name ***'; $keyname = '*** Your Object Key ***'; $filename = '*** Path to and Name of the File to Upload ***'; $s3 = new S3Client([ 'version' => 'latest', 'region' => 'us-east-1' ]); $result = $s3->createMultipartUpload([ 'Bucket' => $bucket, 'Key' => $keyname, 'StorageClass' => 'REDUCED_REDUNDANCY', 'Metadata' => [ 'param1' => 'value 1', 'param2' => 'value 2', 'param3' => 'value 3' ] ]); $uploadId = $result['UploadId']; // Upload the file in parts. try { $file = fopen($filename, 'r'); $partNumber = 1; while (!feof($file)) { $result = $s3->uploadPart([ 'Bucket' => $bucket, 'Key' => $keyname, 'UploadId' => $uploadId, 'PartNumber' => $partNumber, 'Body' => fread($file, 5 * 1024 * 1024), ]); $parts['Parts'][$partNumber] = [ 'PartNumber' => $partNumber, 'ETag' => $result['ETag'], ]; $partNumber++; echo "Uploading part {$partNumber} of {$filename}." . PHP_EOL; } fclose($file); } catch (S3Exception $e) { $result = $s3->abortMultipartUpload([ 'Bucket' => $bucket, 'Key' => $keyname, 'UploadId' => $uploadId ]); echo "Upload of {$filename} failed." . PHP_EOL; } // Complete the multipart upload. $result = $s3->completeMultipartUpload([ 'Bucket' => $bucket, 'Key' => $keyname, 'UploadId' => $uploadId, 'MultipartUpload' => $parts, ]); $url = $result['Location']; echo "Uploaded {$filename} to {$url}." . PHP_EOL;

AWS SDK for Ruby バージョン 3 では、2 つの方法で Amazon S3 マルチパートアップロードがサポートされています。1 つ目のオプションとして、マネージドファイルアップロードを使用できます。詳細については、AWS 開発者ブログAmazon S3 にファイルをアップロードするを参照してください。マネージドファイルアップロードは、バケットにファイルをアップロードするための推奨される方法です。これらのアップロードには次の利点があります。

  • 15 MB より大きなオブジェクトのマルチパートアップロードを管理します。

  • エンコードの問題を回避するために、バイナリモードでファイルを正しく開きます。

  • 大きなオブジェクトの複数パートを並行してアップロードするために、複数のスレッドを使用します。

次に示すマルチパートアップロードクライアントオペレーションを直接使用することもできます。

  • create_multipart_upload – マルチパートアップロードを開始し、アップロード ID を返します。

  • upload_part – マルチパートアップロードでパートをアップロードします。

  • upload_part_copy – データソースとして既存のオブジェクトからデータをコピーすることで、パートをアップロードします。

  • complete_multipart_upload – 以前にアップロードしたパートを組み合わせることで、マルチパートアップロードを完了します。

  • abort_multipart_upload – マルチパートアップロードを停止します。

詳細については、「AWS SDK for Ruby バージョン 3 の使用」を参照してください。

Amazon Simple Storage Service API リファレンスの以下のセクションでは、マルチパートアップロードの REST API について説明しています。

マルチパートアップロードのオペレーションについては、AWS Command Line Interface (AWS CLI) の以下のセクションを参照してください。

REST API を使用して独自の REST リクエストを作成するか、AWS SDK のいずれかを使用することができます。REST API の詳細については、「REST API の使用」を参照してください。SDK の詳細については、「マルチパートアップロードを使用したオブジェクトのアップロード」を参照してください。