CloudWatch メトリクスへのアクセス - Amazon Simple Storage Service

CloudWatch メトリクスへのアクセス

以下の手順を使用して、Amazon S3 のストレージメトリクスを表示できます。Amazon S3 メトリクスを含めるには、開始と終了のタイムスタンプを設定する必要があります。特定の 24 時間あたりのメトリクスの場合は、期間を 1 日の秒数である 86400 秒に設定します。また、BucketName および StorageType ディメンションを忘れずに設定してください。

たとえば、AWS CLI を使用して特定のバケットの平均サイズ (バイト単位) を取得する場合、次のコマンドを使用できます。

aws cloudwatch get-metric-statistics --metric-name BucketSizeBytes --namespace AWS/S3 --start-time 2016-10-19T00:00:00Z --end-time 2016-10-20T00:00:00Z --statistics Average --unit Bytes --region us-west-2 --dimensions Name=BucketName,Value=ExampleBucket Name=StorageType,Value=StandardStorage --period 86400 --output json

この例では、次の出力が生成されます。

{ "Datapoints": [ { "Timestamp": "2016-10-19T00:00:00Z", "Average": 1025328.0, "Unit": "Bytes" } ], "Label": "BucketSizeBytes" }

CloudWatch コンソールを使用してメトリクスを表示するには

  1. CloudWatch コンソール (https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [メトリクス] を選択します。

  3. [S3] 名前空間を選択します。

  4. (オプション) メトリクスを表示するには、検索ボックスにメトリクス名を入力します。

  5. (オプション) [StorageType] ディメンションでフィルターする場合は、検索ボックスにストレージクラスの名前を入力します。

AWS アカウント を使用して AWS CLI に保存された有効なメトリクスのリストを表示するには

  • コマンドプロンプトで、以下のコマンドを使用します。

    aws cloudwatch list-metrics --namespace "AWS/S3"