アクセスポイントの作成 - Amazon Simple Storage Service

アクセスポイントの作成

Amazon S3 には、アクセスポイントを作成および管理するための機能が用意されています。S3 アクセスポイントは、AWS Management Console、AWS Command Line Interface (AWS CLI)、AWS SDK、または Amazon S3 REST API を使用して作成できます。

デフォルトでは、リージョンごとに AWS アカウント あたり最大 1,000 個のアクセスポイントを作成できます。1 つのリージョンで 1 つのアカウントに 1,000 個を超えるアクセスポイントが必要な場合は、サービスクォータの引き上げをリクエストできます。サービスクォータと引き上げリクエストの詳細については、AWS 全般のリファレンスの「AWS サービスクォータ」を参照してください。

注記

アクセスポイント名を公開してアクセスポイントの使用をユーザーに許可する場合は、アクセスポイント名に機密情報を含めないようお勧めします。

Amazon S3 アクセスポイントの命名規則

アクセスポイント名は、次の条件を満たす必要があります。

  • 1 つの AWS アカウント および 1 つのリージョン内で一意である

  • DNS 名前付けの制限に従う

  • 数字または小文字で始める

  • 3~50 文字の長さにする

  • ダッシュで開始または終了しない

  • 下線、大文字、ピリオドは使用しない

  • サフィックス -s3alias で終わることはできません。このサフィックスは、アクセスポイントのエイリアス名用に予約されています。詳細については、「アクセスポイントでのバケット形式のエイリアスの使用」を参照してください。

アクセスポイントを作成するには、以下のトピックを参照してください。