チュートリアル例: Amazon S3 リソースへのアクセスの管理 - Amazon Simple Storage Service

新しい Amazon S3 ユーザーガイドにようこそ! Amazon S3 ユーザーガイドは、使用中止された 3 つのガイド (Amazon S3 開発者ガイドAmazon S3 コンソールユーザーガイドAmazon S3 入門ガイド) の情報と手順をまとめたものです。

チュートリアル例: Amazon S3 リソースへのアクセスの管理

このトピックでは、Amazon S3 リソースへのアクセスの付与について、次の基本的なチュートリアル例を示します。これらの例では、AWS マネジメントコンソールを使用してリソース (バケット、オブジェクト、ユーザー) を作成し、アクセス許可を付与します。また、これらの例では、コマンドラインツールを使用してアクセス許可を確認する方法を示します。コードを記述する必要はありません。AWS コマンドラインインターフェイス (CLI) および AWS Tools for Windows PowerShell の両方を使用してコマンドを提供します。

  • 例 1: バケット所有者がユーザーにバケットのアクセス許可を付与する

    デフォルトでは、使用するアカウントで作成した IAM ユーザーにアクセス許可はありません。この演習では、バケットおよびオブジェクト操作を実行するためのアクセス許可をユーザーに付与します。

  • 例 2: バケット所有者がクロスアカウントのバケットのアクセス許可を付与する

    この演習では、バケット所有者 (アカウント A) が別の AWS アカウント (アカウント B) に対してクロスアカウントのアクセス許可を付与します。次に、アカウント B でこれらのアクセス許可を、そのアカウントのユーザーに委任します。

  • オブジェクト所有者とバケット所有者が同じではない場合のオブジェクトのアクセス許可の管理

    このシナリオ例は、バケット所有者が他のユーザーにオブジェクトのアクセス許可を付与しますが、バケット内のすべてのオブジェクトをバケット所有者が所有しているわけではないという場合です。バケット所有者にはどのようなアクセス許可が必要になり、それらのアクセス許可をどのように委任できるのでしょうか。

    バケットを作成する AWS アカウントはバケット所有者と呼ばれます。この所有者は、オブジェクトをアップロードするアクセス許可を他の AWS アカウントに付与することができ、オブジェクトを作成する AWS アカウントがオブジェクトを所有しています。バケット所有者には、他の AWS アカウントで作成されたオブジェクトに対するアクセス許可はありません。バケット所有者がオブジェクトへのアクセス権を付与するバケットポリシーを作成する場合、そのポリシーは他のアカウントが所有するオブジェクトには適用されません。

    この場合、オブジェクト所有者は、オブジェクト ACL を使用して、まずバケット所有者にアクセス許可を付与する必要があります。バケット所有者は、以下の例に示すように、これらのオブジェクトのアクセス許可を、他のユーザー、自分のアカウントのユーザー、または別の AWS アカウントに委任できます。

チュートリアル例を実行する前に

これらの例では、AWS マネジメントコンソールを使用してリソースを作成し、アクセス許可を付与します。また、アクセス許可をテストするために、これらの例ではコマンドラインツールとして AWS コマンドラインインターフェイス (CLI) と AWS Tools for Windows PowerShell を使用します。コードの作成は必要ありません。アクセス許可をテストするには、それらのツールの 1 つをセットアップする必要があります。詳細については、「チュートリアル例のツールのセットアップ」を参照してください。

さらに、リソースを作成するときに、これらの例では、AWS アカウントのルート認証情報を使用しません。代わりに、アカウントに、これらのタスクを実行するための管理者ユーザーを作成します。

管理者ユーザーを使用したリソースの作成とアクセス許可の付与について

AWS Identity and Access Management(IAM)では、リクエストを作成するときに AWS アカウントのルート認証情報を使用しないことが推奨されています。代わりに、IAM ユーザーを作成し、そのユーザーにフルアクセスを許可し、そのユーザーの認証情報を使用して AWS を操作します。このユーザーを管理者ユーザーと呼びます。詳細については、「AWS アカウントのルートユーザー認証情報とIAM ユーザー認証情報」 (AWS 全般のリファレンス) および「IAM でのセキュリティのベストプラクティス」 (IAM ユーザーガイド) を参照してください。

このセクションのすべてのチュートリアル例では、管理者ユーザーの認証情報を使用します。まだ AWS アカウントの管理者ユーザーを作成していない場合は、トピックでその方法を説明します。

ユーザーの認証情報を使用して AWS マネジメントコンソールにサインインするには、IAM ユーザーのサインイン URL を使用する必要があります。IAM コンソールは、AWS アカウントにこの URL を提供します。トピックで、この URL を取得する方法を示します。