パブリックホストゾーンの削除 - Amazon Route 53

パブリックホストゾーンの削除

このセクションでは、Amazon Route 53 コンソールを使用してパブリックホストゾーンを削除する方法を説明します。

デフォルトの SOA レコードと NS レコード以外のレコードがない場合にのみ、ホストゾーンを削除できます。ホストゾーンに他のレコードが含まれる場合、ホストゾーンを削除する前にそれらを削除する必要があります。これによって、レコードが含まれているホストゾーンを誤って削除するのを防ぎます。

トラフィックがドメインにルーティングされないようにする

ドメイン登録は維持するものの、ウェブサイトやウェブアプリケーションへのインターネットトラフィックのルーティングを停止する場合、ホストゾーンを削除する代わりに、ホストゾーン内のレコードを削除することをお勧めします。

重要

ホストゾーンを削除した場合、復元することはできません。新しいホストゾーンを作成して、ドメイン登録のネームサーバーを更新する必要があります。更新が有効になるには、最大 48 時間かかることがあります。さらに、ホストゾーンを削除すると、他のユーザーがお客様のドメイン名を使用してドメインをハイジャックし、自分のリソースにトラフィックをルーティングする可能性があります。

サブドメインの責任をホストゾーンに委任し、子ホストゾーンを削除する場合は、子ホストゾーンと同じ名前の NS レコードを削除して、親ホストゾーンも更新する必要があります。例えば、ホストゾーン acme.example.com を削除する場合は、example.com ホストゾーンの NS レコード acme.example.com も削除する必要があります。最初に NS レコードを削除し、NS レコードの TTL が経過するまで待ってから、子ホストゾーンを削除することをお勧めします。これにより、子ホストゾーンのネームサーバーがまだ DNS リゾルバーにキャッシュされている間に、子ホストゾーンのハイジャックを防止できます。

ホストゾーンの月額料金を回避するには、ドメインの DNS サービスを無料の DNS サービスに転送することもできます。DNS サービスを転送する場合、ドメイン登録のネームサーバーを更新する必要があります。ドメインが Route 53 に登録されている場合に、新しい DNS サービスのネームサーバーを使用して Route 53 ネームサーバーを置き換える方法については、「ドメインのネームサーバーおよびグルーレコードの追加あるいは変更」を参照してください。ドメインが他のレジストラに登録されている場合、レジストラが提供する方法を使用してドメイン登録のネームサーバーを更新します。詳細については、「無料の DNS サービス」についてインターネットで検索してください。

別のサービスによって作成されたパブリックホストゾーンを削除する

ホストゾーンが別のサービスで作成されている場合、Route 53 コンソールを使用して削除することはできません。代わりに、他のサービスに該当するプロセスを使用する必要があります。

  • AWS Cloud Map - パブリック DNS 名前空間を作成したときに AWS Cloud Map が作成したホストゾーンを削除するには、名前空間を削除します。AWS Cloud Map は自動的にホストゾーンを削除します。詳細については、AWS Cloud Map デベロッパーガイド名前空間の削除を参照してください。

  • Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) Service Discovery – Service Discovery を使用してサービスを作成した際に Amazon ECS が作成したパブリックホストゾーンを削除するには、名前空間を使用している Amazon ECS サービスを削除した上で、その名前空間を削除します。詳細については、Amazon Elastic Container Service デベロッパーガイドの「サービスの削除」を参照してください。

Route 53 コンソールを使用してのパブリックホストゾーンの削除

Route 53 コンソールを使用してパブリックホストゾーンを削除するには、以下の手順を実行します。

Route 53 コンソールを使用してパブリックホストゾーンを削除するには

  1. AWS Management Console にサインインし、Route 53 コンソール (https://console.aws.amazon.com/route53/) を開きます。

  2. 削除するホストゾーンに NS と SOA のレコードのみが含まれていることを確認します。他のレコードが含まれている場合は、それらを削除します。また、DNNSSEC 署名を無効にする必要があります。

    1. 削除するホストゾーンの名前を選択します。

    2. [Record (レコード)] ページで、レコードのリストに [Type (タイプ)] 列の値が NS または SOA 以外に設定されたレコードが含まれている場合、その行を選択して、[Delete (削除)] を選択します。

      複数の連続するレコードを選択するには、最初の行を選択し、[Shift] (シフト) キーを押したまま最後の行を選択します。複数の連続していないレコードを選択するには、最初の行を選択し、Ctrl キーを押したまま、残りの行を選択します。

      注記

      ホストゾーンでサブドメインの NS レコードを作成した場合は、それらのレコードも削除します。

  3. [Hosted Zones (ホストゾーン)] ページで、削除するホストゾーンの行を選択します。

  4. [Delete (削除)] を選択します。

  5. 確認キーを入力し、[Delete (削除)] を選択します。

  6. ドメインをインターネット上で利用できなくするには、DNS サービスを無料の DNS サービスに移管し、Route 53 のホストゾーンを削除することをお勧めします。これにより、今後の DNS クエリが誤ってルーティングされることを防ぐことができます。

    ドメインが Route 53 に登録されている場合に、新しい DNS サービスのネームサーバーを使用して Route 53 ネームサーバーを置き換える方法については、「ドメインのネームサーバーおよびグルーレコードの追加あるいは変更」を参照してください。ドメインが他のレジストラに登録されている場合、レジストラが提供する方法を使用してドメインのネームサーバーを変更します。

    注記

    サブドメイン (acme.example.com) のホストゾーンを削除する場合は、ドメイン (example.com) のネームサーバーを変更する必要はありません。