Amazon Route 53 ヘルスチェックの種類 - Amazonルート53

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

Amazon Route 53 ヘルスチェックの種類

3 種類の Amazon Route 53 ヘルスチェックを作成できます。

エンドポイントをモニタリングするヘルスチェック

IP アドレスあるいはドメイン名で特定するエンドポイントをモニタリングするヘルスチェックを設定できます。指定された一定の間隔で、Route 53 は、自動リクエストをインターネット経由でアプリケーションやサーバーなどのリソースに送信して、そのリソースが到達可能、使用可能、機能中であることを確認します。オプションで、ユーザーが行ったものと同様のリクエスト (特定の URL へのウェブページのリクエストなど) を行うように、ヘルスチェックを設定できます。

他のヘルスチェック (算出したヘルスチェック) を監視するヘルスチェック

他のヘルスチェックが正常あるいは異常であるかを Route 53 が判断するかについてをモニタリングするヘルスチェックを作成できます。この方法が便利な状況のひとつが、複数のウェブサーバーなどの同じ機能を実行する複数のリソースがあるときに、最低限のリソースが正常であるかどうかに重点を置く場合です。ヘルスチェックの通知設定をせずに、各リソースにヘルスチェックを作成できます。続いて、そのほかのヘルスチェックのステータスをモニタリングするヘルスチェックを作成し、利用できるウェブリソース数が指定するしきい値を下回る場合に通知を行うように設定できます。

CloudWatch アラームをモニタリングするヘルスチェック

Amazon DynamoDB データベースへのスロットル読み込みイベント数や正常に機能していると推測される Elastic Load Balancing の数などの CloudWatch メトリクスのステータスをモニタリングする CloudWatch アラームを作成できます。アラームを作成したら、そのアラームをモニタリングする CloudWatch と同じデータストリームをモニタリングするヘルスチェックを作成できます。

弾力性と可用性を向上させるため、Route 53 は CloudWatch アラーム が ALARM 状態になるまで待ちません。ヘルスチェックのステータスの正常から異常への変更は、CloudWatch アラームのデータストリームと基準に基づいて発生します。