Amazon CloudWatch を使用した Route 53 Resolver エンドポイントのモニタリング - Amazon Route 53

Amazon CloudWatch を使用した Route 53 Resolver エンドポイントのモニタリング

Amazon CloudWatch を使用して、Route 53 Resolver エンドポイントによって転送される DNS クエリの数をモニタリングできます。Amazon CloudWatch では、生データを収集し、ほぼリアルタイムの読み取り可能なメトリクスに加工します。これらの統計情報は、2 週間記録されるため、履歴情報にアクセスしてリソースの動作をより的確に把握できます。デフォルトでは、Resolver エンドポイントのメトリクスデータは、5 分間隔で CloudWatch に自動的に送信されます。5 分間隔は、メトリクスデータを送信できる最小間隔でもあります。

Resolver の詳細については、「VPC とネットワークの間における DNS クエリの解決」を参照してください。CloudWatch の詳細については、Amazon CloudWatch ユーザーガイドの「Amazon CloudWatch とは」を参照してください。

Route 53 Resolver のメトリクスとディメンション

お客様のネットワークに (またはネットワークから) DNS クエリを転送するように Resolver を設定すると、Resolver は、転送するクエリの数に関するメトリクスディメンションを、5 分に 1 回の間隔で CloudWatch に対し送信し始めます。以下の手順に従って、CloudWatch コンソールまたは AWS Command Line Interface (AWS CLI) でメトリクスを表示できます。

CloudWatch コンソールを使用して Resolver メトリクスを表示するには

  1. CloudWatch コンソール (https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/) を開きます。

  2. ナビゲーションバーで、エンドポイントを作成したリージョンを選択します。

  3. ナビゲーションペインで [Metrics] (メトリクス) を選択します。

  4. [すべてのメトリクス] タブで、[Route 53 Resolver] を選択します。

  5. 指定したエンドポイントに対するクエリの数を表示するには、[By Endpoint (エンドポイント別)] を選択します。次に、クエリ数を表示するエンドポイントを選択します。

    現在の AWS アカウントによって作成されたすべてのインバウンドエンドポイントまたはすべてのアウトバウンドエンドポイントに対するクエリの数を表示するには、[Across All Endpoints (すべてのエンドポイント)] を選択します。次に、[InboundQueryVolume] または [OutboundQueryVolume] を選択すると、必要な数が表示されます。

AWS CLI を使ってメトリクスを表示するには

  • コマンドプロンプトで、次のコマンドを使用します。

    aws cloudwatch list-metrics --namespace "AWS/Route53Resolver"

Route 53 Resolver に関する CloudWatch メトリクス

AWS/Route53Resolver 名前空間には、Route 53 Resolver エンドポイントおよび IP アドレスに関するメトリクスが含まれます。

Resolver エンドポイントのメトリクス

AWS/Route53Resolver 名前空間には、Route 53 Resolver エンドポイントについての以下のメトリクスが含まれています。

EndpointHealthyENICount

OPERATIONAL ステータスの Elastic Network Interface の数です。(EndpointId が指定した) エンドポイントの Amazon VPC ネットワークインターフェイスが正しく設定されており、ネットワークと Resolver の間での、インバウンドまたはアウトバウンドの DNS クエリを通過させることができます。

有効な統計: Minimum、Maximum、Average

単位: カウント

EndpointUnHealthyENICount

AUTO_RECOVERING ステータスの Elastic Network Interface の数です。

Resolver は、(EndpointId が指定した) エンドポイントに関連付けられている 1 つ以上の Amazon VPC ネットワークインターフェイスを復旧しようとしています。復旧プロセス中は、エンドポイントは容量が制限された状態で機能し、復旧が完了するまで DNS クエリを処理できません。

有効な統計: Minimum、Maximum、Average

単位: カウント

InboundQueryVolume

インバウンドエンドポイントを対象とし、EndpointId で指定されたエンドポイントを介してネットワークから VPC に転送された DNS クエリの数。

有効な統計: Sum

単位: カウント

OutboundQueryVolume

アウトバウンドエンドポイントを対象とし、EndpointId で指定されたエンドポイントを介して VPC からネットワークに転送された DNS クエリの数。

有効な統計: Sum

単位: カウント

OutboundQueryAggregateVolume

アウトバウンドエンドポイントの場合、Amazon VPC からネットワークに転送された DNS クエリの総数 (以下を含む)。

  • EndpointId で指定されたエンドポイントを介して VPC からネットワークに転送された DNS クエリの数。

  • 現在のアカウントが他のアカウントと Resolver ルールを共有する場合、EndpointId によって指定されたエンドポイントを介してネットワークに転送される他のアカウントによって作成された VPC からのクエリ。

有効な統計: Sum

単位: カウント

Resolver IP アドレスのメトリクス

AWS/Route53Resolver 名前空間には、Resolver のインバウンドエンドポイント、またはアウトバウンドエンドポイントに関連付けられた IP アドレスごとに、次のメトリクスが含まれています。(エンドポイントを指定すると、Resolver は Amazon VPC Elastic Network Interface を作成します)。

InboundQueryVolume

インバウンドエンドポイントの IP アドレスごとに、ネットワークから、指定された IP アドレスに転送された DNS クエリの数。各 IP アドレスは、IP アドレス ID で識別されます。この値は Route 53 コンソールを使用して取得できます。該当するエンドポイントのページの [IP アドレス] セクションで、[IP アドレス ID] 列を参照してください。また、ListResolverEndpointIpAddresses を使用してプログラムで値を取得することもできます。

有効な統計: Sum

単位: カウント

OutboundQueryAggregateVolume

アウトバウンドエンドポイントの IP アドレスごとに、Amazon VPC からネットワークに転送された DNS クエリの総数 (以下を含む)。

  • 指定された IP アドレスを使用して VPC からネットワークに転送された DNS クエリの数。

  • 現在のアカウントが他のアカウントと Resolver ルールを共有する場合、指定された IP アドレスを介してネットワークに転送される他のアカウントによって作成された VPC からのクエリ。

各 IP アドレスは、IP アドレス ID で識別されます。この値は Route 53 コンソールを使用して取得できます。該当するエンドポイントのページの [IP アドレス] セクションで、[IP アドレス ID] 列を参照してください。また、ListResolverEndpointIpAddresses を使用してプログラムで値を取得することもできます。

有効な統計: Sum

単位: カウント

Route 53 Resolver メトリクスのディメンション

インバウンドおよびアウトバウンドエンドポイントに関する Route 53 Resolver メトリクスは、AWS/Route53Resolver 名前空間を使用しており、EndpointId のメトリクスを提供します。EndpointId ディメンションに値を指定している場合、CloudWatch からは、指定したエンドポイントでのる DNS クエリの数が返されます。EndpointId を指定しない場合、CloudWatch からは、現在の AWS アカウントによって作成されたすべてのエンドポイントでの DNS クエリ数が返されます。