メニュー
Amazon Route 53
開発者ガイド (API Version 2013-04-01)

エイリアスリソースレコードセットと非エイリアスリソースレコードセットの選択

通常の Amazon Route 53 リソースレコードセットが標準 DNS リソースレコードセットであるのに対し、エイリアスリソースレコードセットは、DNS 機能に対する Amazon Route 53 に固有の拡張機能です。エイリアスリソースレコードセットは、IP アドレスまたはドメイン名の代わりに、CloudFront ディストリビューション、Elastic Beanstalk 環境、ELB Classic Load Balancer または Application Load Balancer、静的ウェブサイトとして設定された Amazon S3 バケット、または同じホストゾーン内の別の Amazon Route 53 リソースレコードセットへのポインタを格納します。Amazon Route 53 エイリアスリソースレコードセット内の名前とタイプに一致する DNS クエリを受け取ると、Amazon Route 53 は、ポインタを追跡して適用可能な値で応答します。

  • CloudFront ディストリビューションの代替ドメイン名 – Amazon Route 53 は CloudFront ドメイン名 (たとえば、d111111abcdef8.cloudfront.net) を使用して CloudFront ディストリビューションを要求するクエリを受け取ったかのように応答します。

    注記

    プライベートホストゾーンで CloudFront ディストリビューション用のエイリアスリソースレコードセットを作成することはできません。

  • Elastic Beanstalk 環境 – Amazon Route 53 は各リクエストへの応答として、環境の 1 つ以上の IP アドレスを返します。

  • ELB ロードバランサー: – Amazon Route 53 は、ロードバランサーの 1 つ以上の IP アドレスで各リクエストに応答します。

  • 静的ウェブサイトとして設定された Amazon S3 バケット – Amazon Route 53 は、Amazon S3 バケットの 1 つの IP アドレスで各リクエストに応答します。

  • 同じホストゾーン内の別の Amazon Route 53 リソースレコードセット – Amazon Route 53 は、ポインタによって参照されるリソースレコードセットを要求するクエリを受け取ったかのように応答します。

エイリアスリソースレコードセットが CloudFront ディストリビューション、Elastic Beanstalk 環境、ELB ロードバランサー、または Amazon S3 バケットを指し示す場合は、有効期限 (TTL) を設定できません。Amazon Route 53 は、CloudFront、Elastic Beanstalk、Elastic Load Balancing、または Amazon S3 の TTL を使用します。エイリアスリソースレコードセットが同じホストゾーン内の別のリソースレコードセットをポイントする場合、Amazon Route 53 はエイリアスリソースレコードセットがポイントするリソースレコードの TTL を使用します。Elastic Load Balancing の現在の TTL 値については、Elastic Load Balancing ユーザーガイドの「リクエストルーティング」で "ttl" を検索してください。

エイリアスリソースレコードセットが参照しているリソースレコードセットの変更は Amazon Route 53 によって自動的に認識されるため、エイリアスリソースレコードセットを使用すると時間を節約できます。たとえば、エイリアスリソースレコードセット example.com が lb2-1234.us-east-1.elb.amazonaws.com の ELB ロードバランサーを指し示しているとします。ロードバランサーの IP アドレスが変更された場合、example.com のリソースレコードセットを含むホストゾーンに変更を加えることなく、Amazon Route 53 は、example.com の DNS 応答に自動的にその変更を反映します。

Amazon Route 53 コンソールを使用したリソースレコードセット作成については、「Amazon Route 53 コンソールを使用したリソースレコードセットの作成」を参照してください。エイリアスリソースレコードセットに指定する値の詳細については、「Amazon Route 53 リソースレコードセットの作成時または編集時に指定する値」の該当するトピックを参照してください。

エイリアスリソースレコードセットは CNAME レコードに似ていますが、次のようないくつかの大きな違いがあります。

CNAME レコード エイリアスレコード

Amazon Route 53 CNAME クエリに対して課金されます。

Amazon Route 53 では、CloudFront ディストリビューション、Elastic Beanstalk 環境、ELB ロードバランサー、または Amazon S3 バケットに対するエイリアスクエリには課金されません。詳細については、「Amazon Route 53 料金表」を参照してください。

CNAME レコードは DNS 名前空間の最上位ノード (Zone Apex とも呼ばれます) に作成することはできません。たとえば、example.com という DNS 名を登録する場合、Zone Apex は example.com になります。

エイリアスリソースレコードセットは Zone Apex に作成できます。

注記

同じホストゾーンの別のレコードにトラフィックをルーティングするエイリアスレコードを作成していて、トラフィックをルーティングしているレコードのタイプが CNAME の場合、zone apex でエイリアスレコードを作成することはできません。これは、トラフィックがルーティングされているレコードとエイリアスレコードのタイプが同じでなければならず、zone apex の CNAME レコードの作成はエイリアスレコードであってもサポートされていないためです。

CNAME レコードは、レコードのタイプを問わず、ドメイン名に対するクエリをリダイレクトします。

Amazon Route 53 は、レコードタイプも一致する場合にのみ、エイリアスリソースレコードセットのポインタを追跡します。

CNAME レコードは、ポリシーレコードを作成するときに Amazon Route 53 が自動的に作成するリソースレコードセットをはじめ、どの場所にある DNS レコードでも指し示すことができます。詳細については、「DNS トラフィックのルーティングにトラフィックフローを使用する」を参照してください。

エイリアスリソースレコードセットは、CloudFront ディストリビューション、Elastic Beanstalk 環境、ELB ロードバランサー、静的ウェブサイトとして設定された Amazon S3 バケット、またはエイリアスリソースレコードセットを作成している同じ Amazon Route 53 ホストゾーン内の別のリソースレコードセットのみを指し示すことができます。ただし、ポリシーレコードを作成するときに Amazon Route 53 が作成するリソースレコードセットを指し示すエイリアスを作成することはできません。

CNAME レコードは、Amazon Route 53 DNS サーバーからの返答の応答セクションに表示されます。

エイリアスリソースレコードセットは、Amazon Route 53 コンソールまたは Amazon Route 53 API でのみ表示されます。

CNAME レコードは、再帰的なリゾルバーによって追跡されます。

エイリアスリソースレコードセットは、Amazon Route 53 内でのみ追跡されます。つまり、エイリアスリソースレコードセットとそのターゲットの両方が Amazon Route 53 内に存在している必要があります。