シンプルなエイリアスレコードに固有の値 - Amazon Route 53

シンプルなエイリアスレコードに固有の値

エイリアスレコードを作成するときは、以下の値を指定します。詳細については、「」を参照してくださいエイリアスレコードと非エイリアスレコードの選択

注記

AWS GovCloud (US) Region で Route 53 を使用している場合、この機能にはいくつかの制限があります。詳細については、AWS GovCloud (US) ユーザーガイドAmazon Route 53 のページを参照してください。

ルーティングポリシー

[Simple routing] (シンプルルーティング) を選択します。

レコード名

トラフィックをルーティングするドメインまたはサブドメインの名前を入力します。デフォルト値はホストゾーンの名前です。

注記

ホストゾーンと同じ名前のレコードを作成する場合は、[名前] フィールドに値 (@ 記号など) を入力しないでください。

レコード名の詳細については、レコード名 を参照してください。

値/トラフィックのルーティング先

リストから選択する値、またはフィールドに入力する値は、トラフィックをルーティングする AWS リソースによって異なります。

ターゲットとすることができる AWS リソースについては、「common values for alias records for value/route traffic to」(値/トラフィックのルーティング先) を参照してください。

トラフィックを特定の AWS リソースにルーティングするように Route 53 を設定する方法の詳細については、AWS リソースへのインターネットトラフィックのルーティング を参照してください。

レコードタイプ

DNS レコードタイプ。詳細については、「サポートされる DNS レコードタイプ」を参照してください。

トラフィックをルーティングする AWS リソースに基づいて、適切な値を選択します。

API Gateway のカスタムリージョン API またはエッジ最適化 API

[A — IPv4 アドレス] を選択します。

Amazon VPC インターフェイスのエンドポイント

[A — IPv4 アドレス] を選択します。

CloudFront 配信

[A — IPv4 アドレス] を選択します。

ディストリビューションに対して IPv6 が有効になっている場合は、2 つのレコードを作成します。1 つは [タイプ] として [A — IPv4 アドレス] の値を持つもの、もう 1つは [AAAA — IPv6 アドレス] の値を持つものとします。

ローカル化されたサブドメインがある Elastic Beanstalk 環境

[A — IPv4 アドレス] を選択します。

ELB ロードバランサー

[A — IPv4 アドレス] または [AAAA — IPv6 アドレス] を選択します。

Amazon S3 バケット

[A — IPv4 アドレス] を選択します。

このホストゾーン内の別のレコード

エイリアスを作成するレコードのタイプを選択します。[NS] および [SOA] 以外のすべてのタイプがサポートされます。

注記

ホストゾーン (zone apex といいます) と同じ名前のエイリアスレコードを作成する場合、[タイプ] の値が [CNAME] のレコードにトラフィックをルーティングすることはできません。これは、トラフィックがルーティングされているレコードとエイリアスレコードのタイプが同じでなければならず、zone apex の CNAME レコードの作成はエイリアスレコードであってもサポートされていないためです。

ターゲットの正常性の評価

[Routing policy] (ルーティングポリシー) の値が [Simple] (シンプル) の場合、[No] (いいえ) またはデフォルトの [Yes] (はい) を選択できます。[Evaluate target health] (ターゲットヘルスを評価) は、[Simple] (シンプル) のルーティングに一切影響を及ぼさないためです。指定の名前とタイプのレコードが 1 つのみの場合、Route 53 は、ソースが正常かどうかに関係なく、そのレコードの値を使用して DNS クエリに応答します。