フェイルオーバーレコードの値 - Amazonルート53

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

フェイルオーバーレコードの値

フェイルオーバーレコードを作成するときは、以下の値を指定します。

注記

プライベートホストゾーンでのフェイルオーバーレコードの作成については、「プライベートホストゾーンのフェイルオーバーの設定」を参照してください。

名前

トラフィックをルーティングするドメインまたはサブドメインの名前を入力します。デフォルト値はホストゾーンの名前です。

注記

ホストゾーンと同じ名前のレコードを作成する場合は、[名前] フィールドに値 (@ 記号など) を入力しないでください。

フェイルオーバーレコードのグループで、両方のレコードに同じ名前を入力します。

CNAME レコード

[タイプ] の値が [CNAME] であるレコードを作成する場合は、そのレコードの名前をホストゾーンの名前と同じものにできません。

特殊文字

a~z、0~9、- (ハイフン) 以外の文字を指定する方法、および国際化されたドメイン名を指定する方法については、「DNS ドメイン名の形式」を参照してください。

ワイルドカード文字

名前にはアスタリスク (*) を使用できます。DNSは、名前の中の位置に応じて、「*」をワイルドカードまたはアスタリスク (ASCII 42) として処理します。詳細については、「ホストゾーンおよびレコード名のアスタリスク (*) を使用する」を参照してください。

タイプ

DNS レコードタイプ。詳細については、「サポートされる DNS レコードタイプ」を参照してください。

プライマリフェイルオーバーレコードとセカンダリフェイルオーバーレコードの両方に同じ値を選択してください。

エイリアス

[No] を選択します。

TTL (Time to Live)

再帰的な DNS リゾルバーでこのレコードに関する情報をキャッシュしておく時間 (秒単位)。より長い値 (たとえば、172800 秒、つまり 2 日) を指定する場合、このレコードの最新情報を取得するには、再帰的な DNS リゾルバーで Route 53 に対して実行する必要がある呼び出しの数を減らします。これは、レイテンシーを減らし、Route 53 サービスの請求金額を下げる効果があります。詳細については、「How Amazon Route 53 routes traffic for your domain」を参照してください。

ただし、TTL に長い値を使用する場合、再帰的なリゾルバーは、Route 53 に最新の情報を問い合わせるまでに、長い間キャッシュ内の値を使用するため、レコードに対する変更 (たとえば、新しい IP アドレス) が有効になるまでに時間が多くかかります。既に使用されているドメインまたはサブドメインの設定を変更する場合、最初は 300 秒など短い値を指定し、新しい設定が正しいことを確認したら、値を増やすことをお勧めします。

このレコードをヘルスチェックに関連付ける場合、ヘルスステータスの変化にクライアントがすばやく対応できるよう、60 秒以下の TTL を指定することをお勧めします。

[Type] の値として適切な値を入力します。[CNAME] を除くすべてのタイプは、複数の値を入力できます。各値は個別の行に入力します。

A — IPv4 アドレス

IPv4 形式の IP アドレス。たとえば、192.0.2.235

AAAA — IPv6 アドレス

IPv6 の形式の IP アドレス。たとえば、2001:0db8:85a3:0:0:8a2e:0370:7334

CAA — 認証機関の承認

[名前] で指定されたドメインまたはサブドメインの証明書またはワイルドカード証明書の発行を許可する証明機関を制御する、3 つのスペース区切り値。CAA レコードを使用して以下を指定できます。

  • SSL/TLS 証明書を発行できる認証機関 (CA)

  • CA がドメインまたはサブドメインの証明書を発行するときに連絡する電子メールアドレスまたは URL

CNAME — 正規名

このレコードの DNS クエリに対して Route 53 で返す完全修飾ドメイン名 (www.example.com など)。末尾のドットはオプションです。Route 53 では、ドメイン名が完全修飾ドメイン名であると見なされます。つまり、Route 53 では、(末尾にドットのない) www.example.com と (末尾にドットのある) www.example.com. が同一と見なされます。

MX — メール交換

優先順位とメールサーバーを指定するドメイン名。たとえば、10 mailserver.example.com

NAPTR — 名前付け権限ポインタ

動的委任発見システム (DDDS) アプリケーションで、1 つの値を別の値に変換または置き換えるために使用される、スペースで区切られた 6 つの設定。詳細については、「NAPTR レコードタイプ」を参照してください。

PTR — ポインタ

Route 53 が返すように設定するドメイン名。

SPF — センダーポリシーフレームワーク

引用符で囲まれた SPF のレコード。たとえば、"v=spf1 ip4:192.168.0.1/16-all"。SPF レコードは推奨されていません。詳細については、「サポートされる DNS レコードタイプ」を参照してください。

SRV — サービスロケーター

SRV レコード。SRV レコードの形式については、該当するドキュメントを参照してください。SRV レコードの形式は次のとおりです。

[優先順位] [重み] [ポート] [サーバーのホスト名]

次に例を示します。

1 10 5269 xmpp-server.example.com.

TXT — テキスト

テキストレコード。テキストは引用符で囲みます。たとえば、"Sample Text Entry"

ルーティングポリシー

[Failover] を選択します。

フェイルオーバーレコードタイプ

このレコードに該当する値を選択します。フェイルオーバーが正常に動作するためには、プライマリフェイルオーバーレコードを 1 つとセカンダリフェイルオーバーレコードを 1 つ作成する必要があります。

[名前] および [タイプ] の値がフェイルオーバーレコードと同じである非フェイルオーバーレコードを作成することはできません。

セット ID

プライマリレコードとセカンダリレコードを一意に識別する値を入力します。

ヘルスチェックとの関連付け/関連付けるヘルスチェック

Route 53 で指定されたエンドポイントの正常性をチェックし、エンドポイントが正常であるときにのみ、このレコードを使用して DNS クエリに応答する場合は、[はい] を選択します。その後で、このレコードに対して Route 53 で実行するヘルスチェックを選択します。

Route 53 は、レコード内の指定されたエンドポイント、たとえば、[] フィールドの IP アドレスで指定されたエンドポイントの正常性はチェックしません。Route 53 は、レコードのヘルスチェックを選択したとき、ヘルスチェックで指定されたエンドポイントの正常性をチェックします。エンドポイントが正常であるかどうかを、Route 53 がどのように判断するかについては、「Amazon Route 53 がヘルスチェックの正常性を判断する方法」を参照してください。

ヘルスチェックをレコードに関連付けることに意味があるのは、Route 53 が複数のレコードの中から選択して DNS クエリに応答しており、その選択の一部をヘルスチェックのステータスに基づいて行うように Route 53 を設定する必要がある場合だけです。以下の設定でのみ、ヘルスチェックを使用してください。

  • 名前、種類、およびルーティングポリシー (フェイルオーバーレコードや加重レコードなど) が同じレコードのグループ内のすべてのレコードの正常性をチェックし、すべてのレコードの正常性チェック ID を指定します。レコードのヘルスチェックが正常ではないエンドポイントを特定した場合、Route 53 はそのレコードの値を使用してクエリへの応答を停止します。

  • フェイルオーバーエイリアス、位置情報エイリアス、レイテンシーエイリアスまたは加重エイリアスレコードのグループのエイリアスリソースレコードセットまたはレコードで、[ターゲットの正常性の評価] に [はい] を選択してください。エイリアスレコードが同じホストゾーン内の非エイリアスレコードを参照する場合、参照先レコードのヘルスチェックも指定する必要があります。

ヘルスチェックでドメイン名によってのみエンドポイントを指定する場合、エンドポイントごとにヘルスチェックを作成することをお勧めします。たとえば、www.example.com のコンテンツを配信する各 HTTP サーバーについて、ヘルスチェックを作成します。[ドメイン名] の値には、レコードの名前 (example.com) ではなく、サーバーのドメイン名 (us-east-2-www.example.com など) を指定します。

重要

この構成で、[ドメイン名] の値がレコードの名前と一致するヘルスチェックを作成し、それらのレコードにヘルスチェックを関連付けた場合、ヘルスチェックで予想できない結果が生じます。