AWS Elastic Beanstalk 環境へのトラフィックルーティング - Amazon Route 53

AWS Elastic Beanstalk 環境へのトラフィックルーティング

AWS Elastic Beanstalk を使用して AWS クラウドでアプリケーションをデプロイおよび管理している場合、Amazon Route 53 を使用してドメイン (example.com など) の DNS トラフィックを新規または既存の Elastic Beanstalk 環境にルーティングできます。

DNS トラフィックを Elastic Beanstalk 環境にルーティングするには、以下の各トピックの手順を参照してください。

注記

これらの手順は、既に Route 53 をドメインの DNS サービスとして使用していることを前提としています。別の DNS サービスを使用している場合は、ドメインの DNS サービスプロバイダとしての Route 53 の使用について「Amazon Route 53 を既存ドメインの DNS サービスとして使用する」を参照してください。

Elastic Beanstalk 環境へのアプリケーションのデプロイ

トラフィックのルーティング先の Elastic Beanstalk 環境が既にある場合、「Elastic Beanstalk 環境のドメイン名の取得」にスキップしてください。

アプリケーションを作成し、Elastic Beanstalk 環境にデプロイするには

  • アプリケーションを作成し、Elastic Beanstalk 環境にデプロイする方法については、AWS Elastic Beanstalk デベロッパーガイドElastic Beanstalk を使用して開始するを参照してください。

Elastic Beanstalk 環境のドメイン名の取得

Elastic Beanstalk 環境のドメイン名を既に知っている場合、「Elastic Beanstalk 環境にトラフィックをルーティングする Amazon Route 53 レコードの作成」にスキップしてください。

Elastic Beanstalk 環境のドメイン名を取得するには

  1. AWS Management Console にサインインし、Elastic Beanstalk コンソール (https://console.aws.amazon.com/elasticbeanstalk/) を開きます。

  2. アプリケーションのリストで、トラフィックをルーティングするアプリケーションを見つけ、[URL] の値を取得します。

Elastic Beanstalk 環境にトラフィックをルーティングする Amazon Route 53 レコードの作成

Amazon Route 53 レコードには、トラフィックを Elastic Beanstalk 環境にルーティングする方法をコントロールする設定が含まれています。環境をデプロイしたリージョン (us-east-2 など) が環境のドメイン名に含まれているかどうかに応じて、CNAME レコードまたはエイリアスレコードを作成します。新しい環境では、ドメイン名にリージョンが含まれています。2016 年初期より前に作成された環境では含まれていません。CNAME とエイリアスレコードの比較については、「エイリアスレコードと非エイリアスレコードの選択」を参照してください。

ドメイン名にリージョンが含まれていない場合

CNAME レコードを作成する必要があります。ただし、DNS による制限のため、CNAME レコードはサブドメインに対してのみ作成でき、ルートドメイン名に対しては作成できません。例えば、ドメイン名が example.com の場合、acme.example.com のトラフィックを Elastic Beanstalk 環境にルーティングするレコードは作成できますが、example.com のトラフィックを Elastic Beanstalk 環境にルーティングするレコードは作成できません。

CNAME レコードを作成してトラフィックを Elastic Beanstalk 環境にルーティングするには」の手順を参照してください。

ドメイン名にリージョンが含まれている場合

エイリアスレコードを作成できます。エイリアスレコードは Route 53 に固有であり、CNAME レコードに比べて、大きな利点が 2 つあります。

  • エイリアスレコードは、ルートドメイン名またはサブドメインに作成できます。例えば、ドメイン名が example.com の場合、example.com または acme.example.com のリクエストを Elastic Beanstalk 環境にルーティングするレコードを作成できます。

  • Route 53 では、トラフィックをルーティングするためにエイリアスレコードを使用するリクエストに料金は発生しません。

Elastic Beanstalk 環境にトラフィックをルーティングするための Amazon Route 53 エイリアスレコードを作成するには」の手順を参照してください。

CNAME レコードを作成してトラフィックを Elastic Beanstalk 環境にルーティングするには

  1. AWS Management Console にサインインし、Route 53 コンソール (https://console.aws.amazon.com/route53/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Hosted zones] を選択します。

  3. Elastic Beanstalk 環境へのトラフィックのルーティングに使用するホストゾーンの名前を選択します。

  4. [Create record (レコードを作成)] を選択します。

  5. 次の値を指定します。

    ルーティングポリシー

    該当するルーティングポリシーを選択します。詳細については、「ルーティングポリシーの選択」を参照してください

    レコード名

    Elastic Beanstalk 環境へのトラフィックのルーティングに使用するドメイン名を入力します。デフォルト値はホストゾーンの名前です。

    例えば、ホストゾーンの名前が example.com で、acme.example.com を使用してトラフィックを環境にルーティングする場合、「acme」と入力します。

    重要

    ホストゾーンと同じ名前を持つ CNAME レコードを作成することはできません。

    エイリアス

    クイック作成レコード作成方法を使用している場合、[エイリアス] をオンにします。

    値/トラフィックのルーティング先

    IP アドレス、またはレコードタイプに応じた別の値を選択して、トピック「Elastic Beanstalk 環境のドメイン名の取得」の手順を実行したときに取得する値を入力します。さまざまなアカウントを使用して Route 53 ホストゾーンおよび Elastic Beanstalk 環境を作成した場合は、Elastic Beanstalk 環境の CNAME 属性を入力します。

    レコードタイプ

    [CNAME] を選択します。

    TTL (秒)

    デフォルト値の [300] をそのまま使用します。

  6. [レコードを作成] を選択します。

    通常、変更は 60 秒以内にすべての Route 53 サーバーに伝播されます。

Elastic Beanstalk 環境にトラフィックをルーティングするための Amazon Route 53 エイリアスレコードを作成するには

  1. AWS Management Console にサインインし、Route 53 コンソール (https://console.aws.amazon.com/route53/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Hosted zones] を選択します。

  3. Elastic Beanstalk 環境へのトラフィックのルーティングに使用するホストゾーンの名前を選択します。

  4. [Create record (レコードを作成)] を選択します。

  5. 次の値を指定します。

    ルーティングポリシー

    該当するルーティングポリシーを選択します。詳細については、「ルーティングポリシーの選択」を参照してください

    レコード名

    Elastic Beanstalk 環境へのトラフィックのルーティングに使用するドメイン名を入力します。デフォルト値はホストゾーンの名前です。

    例えば、ホストゾーンの名前が example.com で、acme.example.com を使用してトラフィックを環境にルーティングする場合、「acme」と入力します。

    値/トラフィックのルーティング先

    [Elastic Beanstalk 環境へのエイリアス] を選択し、エンドポイントの元のリージョンを選択します。トラフィックをルーティングする環境のドメイン名を選択します。これは、トピック「Elastic Beanstalk 環境のドメイン名の取得」の手順を実行したときに取得する値です。

    さまざまなアカウントを使用して Route 53 ホストゾーンおよび Elastic Beanstalk 環境を作成した場合は、Elastic Beanstalk 環境の CNAME 属性を入力します。

    レコードタイプ

    デフォルトの [A – IPv4 アドレス] を使用します。

    ターゲットの正常性の評価

    Yes として、デフォルト値を使用します。

  6. [レコードを作成] を選択します。

    通常、変更は 60 秒以内にすべての Route 53 サーバーに伝播されます。伝播が完了すると、この手順で作成したエイリアスレコードの名前を使用して、トラフィックを Elastic Beanstalk 環境にルーティングできるようになります。