を使用したアプリケーション SQL の変換AWS SCT - AWS Schema Conversion Tool

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

を使用したアプリケーション SQL の変換AWS SCT

エンジン間でデータベーススキーマを変換するときは、古いデータベースエンジンの代わりに新しいデータベースエンジンとやり取りするように、アプリケーションの SQL コードを更新する必要があります。変換された SQL コードは表示、分析、編集、保存できます。

AWS Schema Conversion Tool (AWS SCT) を使用して、C++、C#、Java などのアプリケーションコードの SQL コードを変換できます。Oracle から PostgreSQL への変換では、AWS SCT を使用して SQL*Plus コードを PSQL に変換できます。また、Oracle から PostgreSQL への変換では、AWS SCT埋め込まれた SQL コードを C#、C++、Java、および Pro*C アプリケーションに変換します。

アプリケーション SQL の変換の概要

アプリケーションの SQL コードを変換するには、以下の大まかなステップに従います。

  • [Create an application conversion project] (アプリケーション変換プロジェクトを作成する) - アプリケーション変換プロジェクトはデータベーススキーマ変換プロジェクトの子になります。データベーススキーマ変換プロジェクトごとに、1 つ以上のアプリケーション変換プロジェクトをその子として作成できます。詳細については、「での汎用アプリケーション変換プロジェクトの作成AWS SCT」を参照してください。

  • [Analyze and convert your SQL code] (SQL コードを分析して変換する) - AWS SCT でアプリケーションを分析し、SQL コードを抽出して、変換された SQL のローカルバージョンを作成して、確認と編集に使用します。このツールでは、アプリケーションのコードは変換準備ができるまでは変更されません。詳細については、「の SQL コードの分析と変換AWS SCT」を参照してください。

  • [Create an application assessment report] (アプリケーション評価レポートを作成する) - アプリケーション評価レポートでは、ソースデータベーススキーマからターゲットデータベーススキーマへのアプリケーションの SQL コードの変換について重要な情報を得られます。詳細については、「の作成と使用AWS SCT評価レポートAWS SCT」を参照してください。

  • [Edit, apply changes to, and save your converted SQL code] (変換された SQL コードを編集、変更適用、保存する) - 評価レポートには、自動変換できない SQL コード項目のリストが含まれます。これらの項目の変換を実行するように、SQL コードを手動で編集できます。詳細については、「で変換された SQL コードの編集と保存AWS SCT」を参照してください。