で AWS SCT を使用するAWS DMS - AWS Schema Conversion Tool

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

で AWS SCT を使用するAWS DMS

の使用AWS SCTでのレプリケーションエージェントAWS DMS

非常に大規模なデータベース移行の場合は、AWS SCTレプリケーションエージェント (aws-schema-conversion-tool-dms-agent) では、オンプレミスデータベースから Amazon S3 またはAWS SnowballEdge デバイス。レプリケーションエージェントは AWS DMS と連動して動作し、AWS SCT がクローズしている間もバックグラウンドで使用できます。

を使用しているときAWS SnowballEdge では、AWS SCTエージェントがデータをレプリケートするAWS Snowballデバイス。その後、デバイスはに送信されます。AWSでは、データが Amazon S3 バケットにデータがロードされます。この期間中、AWS SCT エージェントは引き続き実行されます。次に、エージェントは Amazon S3 のデータを受け取り、ターゲットエンドポイントにコピーします。

詳細については、「データ抽出エージェントを使用する」を参照してください。

の使用AWS SCTデータ抽出エージェントAWS DMS

EclipseAWS SCTとすると、データ抽出エージェントを見つけることができる(aws-schema-conversion-tool-extractor) を使用すると、Apache Cassandra から Amazon DynamoDB への移行が容易になります。Cassandra と DynamoDB は NoSQL データベースですが、システムアーキテクチャとデータ表現が異なります。ウィザードベースのワークフローは、AWS SCTCassandra から DynamoDB への移行プロセスを自動化します。AWS SCTの との統合AWS Database Migration Service(AWS DMS) をクリックして、実際のマイグレーションを実行します。

詳細については、「データ抽出エージェントを使用する」を参照してください。

使用時のログレベルを上げるAWS SCTとAWS DMS

を使用するときは、ログレベルを上げることができます。AWS SCTとAWS DMSである。たとえば、で作業する必要がある場合などAWS[Support]。

インストール後AWS SCT必要なドライバを選択して、アプリケーションを開きますAWS SCTアイコン. 更新通知が表示された場合は、プロジェクトの完了前または完了後に更新するかを選択できます。自動プロジェクトウィンドウが開いた場合は、ウィンドウを閉じて、プロジェクトを手動で作成します。

を使用するときにログレベルを上げるにはAWS SCTとAWS DMS

  1. リポジトリの []設定メニューで、[] を選択します。[Global settings (グローバル設定)]

  2. [Global settings (グローバル設定)]ウィンドウで、[] を選択します。ログ記録

  3. を使用する場合デバッグモードで、True

  4. [] からメッセージレベルでは、以下のタイプのログを変更できます。

    • 全般

    • ローダー

    • パーサー

    • printer

    • リゾルバー

    • テレメトリ

    • コンバータ

    デフォルトでは、すべてのメッセージレベルはInfo

  5. 変更するメッセージレベルタイプのログレベルを選択します。

    • トレース (最も詳細なロギング)

    • デバッグ

    • Info

    • 警告

    • エラー (最小詳細ロギング)

    • 非常事態

    • 必須

  6. 選択適用をクリックして、プロジェクトの設定を変更します。

  7. 選択OK[] を閉じます。[Global settings (グローバル設定)]Windows。