で AWS SCT を使用するAWS DMS - AWS Schema Conversion Tool

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

で AWS SCT を使用するAWS DMS

の使用AWS SCTレプリケーションエージェントの場合AWS DMS

非常に大規模なデータベースの移行では、AWS SCTレプリケーションエージェント (aws-schema-conversion-tool-tool-dms-agent) を使用して、オンプレミスデータベースから Amazon S3 または Amazon Snowball Edge デバイスにデータをコピーできます。レプリケーションエージェントは AWS DMS と連動して動作し、AWS SCT がクローズしている間もバックグラウンドで使用できます。

Amazon Snowball Edge を使用する場合、AWS SCT エージェントは Amazon Snowball デバイスにデータをレプリケートします。その後、デバイスがAWSデータが Amazon S3 バケットにデータがロードされます。この期間中、AWS SCT エージェントは引き続き実行されます。次に、エージェントは Amazon S3 のデータを受け取り、ターゲットエンドポイントにコピーします。

詳細については、「データ抽出エージェントの使用」を参照してください。

の使用AWS SCTデータ抽出エージェントAWS DMS

EclipseAWS SCTでは、データ抽出エージェント (aws-schema-conversion-tool-extractorには、Apache Cassandra から Amazon DynamoDB への移行を手助けする機能が搭載されています。Cassandra と DynamoDB は NoSQL データベースですが、システムアーキテクチャとデータ表現が異なります。ウィザードベースのワークフローは、AWS SCTを使用して、Cassandra から DynamoDB への移行プロセスを自動化します。AWS SCTの との統合AWS Database Migration Service(AWS DMS) を使用して実際の移行を実行します。

詳細については、「データ抽出エージェントの使用」を参照してください。

使用時のログレベルを上げるAWS SCTをAWS DMS

ログレベルを増やすには、AWS SCTをAWS DMSを使用する必要がある場合などです。たとえば、AWSSupport 対象。

インストール後AWS SCTと必要なドライバをインストールするには、アプリケーションを開きます。AWS SCTアイコン. 更新通知が表示された場合は、プロジェクトの完了前または完了後に更新を選択できます。自動プロジェクトウィンドウが開いた場合は、ウィンドウを閉じてプロジェクトを手動で作成します。

使用時にログ出力レベルを増やすにはAWS SCTをAWS DMS

  1. リポジトリの []設定メニューで、[Global settings (グローバル設定)]

  2. [Global settings (グローバル設定)]ウィンドウで、ログ記録

  3. を使用する場合デバッグモード] で、[True

  4. からのメッセージレベルセクションでは、以下のタイプのログを変更できます。

    • 全般

    • ローダー

    • パーサー

    • プリンター

    • リゾルバー

    • テレメトリ

    • コンバーター

    デフォルトでは、すべてのメッセージレベルはInfo

  5. 変更するメッセージ・レベル・タイプのロギング・レベルを選択します。

    • トレース(最も詳細なログ)

    • デバッグ

    • Info

    • 警告

    • エラー (最も詳細なログ記録)

    • 非常事態

    • 必須

  6. 選択適用プロジェクトのの設定を変更します。

  7. 選択OK[] を閉じます。[Global settings (グローバル設定)][] ウィンドウ。