データ抽出エージェントの使用 - AWS Schema Conversion Tool

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

データ抽出エージェントの使用

移行シナリオによっては、ソース・データベースとターゲット・データベースが互いに大きく異なり、追加のデータ変換が必要になります。AWS Schema Conversion Tool(AWS SCT) は拡張可能であるため、エージェントを使用してこれらのシナリオに対処できます。アンエージェントはと統合されている外部プログラムAWS SCTと同じですが、他の場所(Amazon EC2 インスタンスなど)でデータ変換を実行します。また、AWS SCTエージェントは、他のAWSサービスの作成、管理など、ユーザーに代わってサービスAWS Database Migration Serviceタスクを実行します。

以下のトピックでは、これらのシナリオの詳細や、移行プロセス中に AWS SCT エージェントを使用する方法について説明します。

重要

AWS SCTバージョン 650 には、拡張された抽出エージェント機能が含まれています。たとえば、以前のバージョンを使用している場合AWS SCT649、引き続き抽出剤を使用できます。拡張された抽出エージェント機能を使用するには、データ移行用の新しいプロジェクトを作成し、AWS SCTExtractor のバージョンをバージョン 2次のスクリーンショットに示すように、。


                抽出エージェントバージョン 2 の選択