AWS SCT のソースとしての Netezza の使用 - AWS Schema Conversion Tool

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SCT のソースとしての Netezza の使用

AWS SCT を使用して、Netezza からのスキーマ、コードオブジェクトおよびアプリケーションコードを Amazon Redshift に変換できます。

ソースとしての Netezza の権限

ソースとして Netezza に必要な特権を以下に示します。

  • system.definition_schema.system ビューで選択してください

  • system.definition_schema.system テーブルで選択

  • システム.definition_schema.Managementテーブルで選択してください

  • のリスト<database_name>

  • のリスト<schema_name>

  • のリスト<database_name>.all.table

  • のリスト<database_name>.all.external テーブル

  • のリスト<database_name>.all.view

  • のリスト<database_name>.all.Materialized ビュー

  • のリスト<database_name>.all.procedure

  • のリスト<database_name>.all.sequence

  • のリスト<database_name>.all.function

  • のリスト<database_name>all.aggregate

上記の例で、次のプレースホルダを置き換えます。

  • 置換database_nameソースデータベースの名前を指定します。

  • 置換schema_nameソーススキーマの名前を指定します。

AWS SCTでは、次のシステムテーブルとビューにアクセスする必要があります。へのアクセス権を付与する代わりに、これらのオブジェクトへのアクセス権を付与できます。system.definition_schema.system viewそしてsystem.definition_schema.system tables前のリストを参照してください。

  • システム.definition_schemaで選択します。 at_aggregate

  • システム.definition_schemaで選択します。 t_class

  • システム.definition_schemaで選択します。 t_constraint

  • システム.definition_schemaで選択します。 const_relattr

  • システム.definition_schemaで選択します。 t_database

  • システム.definition_schemaで選択します。 t_grpobj_priv

  • システム.definition_schemaで選択します。 t_grpusr

  • システム.definition_schemaで選択します。 t_hist_config

  • システム.definition_schemaで選択します。 t_object

  • システム.definition_schemaで選択します。 object_classes

  • システム.definition_schemaで選択します。 t_proc

  • システム.definition_schemaで選択します。 t_type

  • システム.definition_schemaで選択します。 t_user

  • システム.definition_schemaで選択します。 t_usrobj_priv

  • システム.definition_schemaで選択します。 vt_sequence

  • システム.definition_schemaで選択します。 v_aggregate

  • システム.definition_schemaで選択します。 constraint_depends

  • システム.definition_schemaで選択します。 v_database

  • システム.definition_schemaで選択します。 v_datatype

  • システム.definition_schemaで選択します。 v_dslice

  • システム.definition_schemaで選択します。 function

  • システム.definition_schemaで選択します。 v_group

  • システム.definition_schemaで選択します。 v_obj_relation

  • システム.definition_schemaで選択します。 v_obj_relation_xdb

  • システム.definition_schemaで選択します。 v_procedure

  • システム.definition_schemaで選択します。 v_relation_column

  • システム.definition_schemaで選択します。 v_relation_keydata

  • システム.definition_schemaで選択します。 v_relobjclasses

  • システム.definition_schemaで選択します。 v_schema_xdb

  • システム.definition_schemaで選択します。 v_sequence

  • システム.definition_schemaで選択します。 v_synonym

  • システム.definition_schemaで選択します。 v_system_info

  • システム.definition_schemaで選択します。 v_sys_constraint

  • システム.definition_schemaで選択します。 v_sys_object_dslice_info

  • システム.definition_schemaで選択します。 v_sys_user

  • システム.definition_schemaで選択します。 v_table

  • システム.definition_schemaで選択します。 v_table_constraint

  • システム.definition_schemaで選択します。 v_table_dist_map

  • システム.definition_schemaで選択します。 v_table_organize_column

  • システム.definition_schemaで選択します。 v_table_storage_stat

  • システム.definition_schemaで選択します。 v_user

  • システム.definition_schemaで選択します。 v_view

  • system.information_schema で選択します。 v_relation_column

  • system.information_schema で選択します。 v_table

  • $hist_column_access_* で選択してください

ソースとしての Netezza への接続

以下の手順を使用して、Netezza ソースデータベースを AWS Schema Conversion Tool に接続します。

Netezza ソースデータベースに接続するには

  1. AWS Schema Conversion Tool で、[Add source] (ソースの追加) を選択します。

  2. [Netezza] [Next] (次へ) の順に選択します。

    [Add source] (ソースの追加) ダイアログボックスが表示されます。

  3. を使用する場合接続名に、データベースの名前を入力します。AWS SCTの左パネルのツリーにこの名前が表示されます。

  4. からのデータベース認証情報の使用AWS Secrets Managerまたは、手動で入力してください。

    • Secrets Manager のデータベース資格情報を使用するには、次の手順を使用します。

      1. を使用する場合AWS シークレットキーで、シークレットの名前を選択します。

      2. 選択入力をクリックして、Secrets Manager からデータベース接続ダイアログボックスのすべての値を自動的に入力します。

      Secrets Manager からのデータベース資格情報の使用の詳細ついては、「」を参照してください。AWS Secrets Manager を使用する

    • Netezza ソースデータベース接続情報を手動で入力するには、次の表の手順に従います。

      このパラメータについて この操作を行います
      [Server name] (サーバー名)

      ソースデータベースサーバーのドメインネームシステム (DNS) 名または IP アドレスを入力します。

      Server port

      ソースデータベースサーバーへの接続に使用するポートを入力します。

      User name (ユーザー名) と [Password] (パスワード)

      ソースデータベースサーバーへの接続に使用するユーザー名とパスワードを入力します。

      AWS SCT でパスワードを使用して、プロジェクト内のデータベースに接続することを選択する場合にのみソースデータベースに接続します。ソースデータベースのパスワードの漏洩を防ぐため、デフォルトで AWS SCT にパスワードは保存されません。AWS SCT プロジェクトを閉じて再び開いた場合は、必要に応じて、ソースデータベースへの接続に使用するパスワードの入力を求められます。

      Store Password

      AWS SCT は、安全なボールトを作成して、SSL 証明書とデータベースパスワードを保存します。このオプションをオンにすると、データベースのパスワードが保存されるため、パスワードを入力しなくてもデータベースにすばやく接続できます。

      Netezza のドライバパス

      ソースデータベースへの接続に使用するドライバのパスを入力します。詳細については、「必要なデータベースドライバのインストール」を参照してください。

      ドライバパスをグローバルプロジェクト設定に保存する場合、ドライバパスは接続ダイアログボックスに表示されません。詳細については、「グローバル設定でのドライバパスの保存」を参照してください。

  5. [Test Connection] (接続のテスト) を選択して、AWS SCT がソースデータベースに正常に接続できることを確認します。

  6. [Connect] (接続) を選択して、ソースデータベースに接続します。