メニュー
Amazon DynamoDB
開発者ガイド (API Version 2012-08-10)

テーブルからデータを読み込む

SQL では、SELECT ステートメントを使用して、テーブルから 1 つ以上の行を取得します。 WHERE 句を使用して、返されたデータを調べます。

DynamoDB は、データ読み取りのために次のオペレーションを提供します。

  • GetItem – テーブルから単一の項目を取り出します。これは、項目の物理的な場所に直接アクセスできるため、単一の項目を読み取るのには最も効率的な方法です。 (DynamoDB はまた、BatchGetItemオペレーションを提供するため、単一の操作で、最大 100GetItem 呼び出しを実行できます。)

  • Query – 特定のパーティションキーがあるすべての項目を取り出します。これらの項目内では、ソートキーに条件を適用し、データのサブセットのみ取得できます。 Query は、データが格納されているパーティションに、すばやく効率的にアクセスできます。 (詳しくは、パーティションとデータ分散 を参照してください)。

  • Scan – 指定されたテーブルで、すべての項目を取り出します。 (大量のリソースシステムを消費するため、このオペレーションは大きなテーブルでは使用しないでください。)

注記

リレーショナルデータベースでは、SELECT ステートメントを使用して、複数のテーブルからデータを結合し、その結果を返すことができます。 結合は、リレーショナルモデルにおいて必須です。 結合を効率的に実行するために、データベースおよびアプリケーションは、継続的にパフォーマンスの調整をする必要があります。

DynamoDB は、非リレーショナル NoSQL データベースのため、テーブルの結合はサポートされません。 その代わり、アプリケーションは一度に 1 つのテーブルからデータを読み込みます。

次のセクションでは、データを読み込むための異なるユースケースおよびこれらのタスクをリレーショナルデータベースと DynamoDB を使って実行する方法を説明します。