リソースへのタグとラベルの追加 - Amazon DynamoDB

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

リソースへのタグとラベルの追加

Amazon DynamoDB リソースにラベルを付けるには、タグを使用します。タグを使用すると、リソースを目的、所有者、環境、その他の条件などさまざまな方法で分類することができます。タグは、以下のことに役立ちます。

  • リソースに割り当てたタグに基づいてリソースをすばやく特定する。

  • タグ別に分類された AWS 請求を表示する。

    注記

    タグが付けられたテーブルに関連するローカルセカンダリインデックス (LSI) およびグローバルセカンダリインデックス (GSI) は、自動的に同じタグでラベルが付けられます。現在のところ、DynamoDB Streams の使用にタグを付けることはできません。

タグ付けは、Amazon EC2、Amazon S3、DynamoDB などの AWS のサービスでサポートされています。効率的なタグ付けを行うと、特定のタグを持つサービス間でレポートを作成でき、コストインサイトを得ることができます。

タグ付けの使用を開始するには、次のことを行います。

  1. DynamoDB でのタグ付けの制限 について理解します。

  2. DynamoDB でのリソースへのタグ付け を使用してタグを作成します。

  3. コスト配分レポート を使用して、アクティブなタグごとに AWS のコストを追跡します。

最後に、最適のタグ付け手法に従うことをお勧めします。詳細については、「AWS タグ付け戦略」を参照してください。