共通のレスポンスヘッダー - Amazon S3 Glacier

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) のアーカイブストレージを初めて使用する場合は、Amazon S3 の S3 Glacier ストレージクラス、S3 Glacier Instant RetrievalS3 Glacier Flexible RetrievalS3 Glacier Deep Archive について詳しく知ることから始めることをお勧めします。詳細については、「Amazon S3 ユーザーガイド」の「オブジェクトをアーカイブするための S3 Glacier ストレージクラス」および「ストレージクラス」を参照してください。 Amazon S3

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

共通のレスポンスヘッダー

以下の表は、ほとんどの API レスポンスに共通のレスポンスヘッダーを説明したものです。

名前 説明
Content-Length

レスポンス本文の長さ(バイト単位)。

型: 文字列

Date

Amazon S3 Glacier (S3 Glacier) が応答した日時。たとえば、Wed, 10 Feb 2017 12:00:00 GMT。日付の形式は、RFC 2616 のセクション 3.3 で指定されている完全な日付の形式のいずれかであることが必要です。返される Date は、他の日付とわずかに異なるものになることがあるため、たとえば、アーカイブのアップロード (POST archive) リクエストから返される日付は、ボールトのインベントリリストにあるアーカイブに表示される日付と一致しないことがあります。

型: 文字列

x-amzn-RequestId

S3 Glacier によって作成される値であり、リクエストを一意に識別します。AWS は、S3 Glacier に問題が発生すると、この値を使用して問題のトラブルシューティングを実施します。この値は、記録しておくことをお勧めします。

型: 文字列

x-amz-sha256-tree-hash

アーカイブまたはインベントリ本文の SHA256 木構造ハッシュのチェックサム。このチェックサムの計算の詳細については、「チェックサムの計算」を参照してください。

型: 文字列