アーカイブのアップロード (POST archive) - Amazon S3 Glacier

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

アーカイブのアップロード (POST archive)

説明

このオペレーションでは、ボールトにアーカイブを追加します。正常にアップロードされると、データは永続的に保持されます。Amazon S3 Glacier (S3 Glacier) により、x-amz-archive-idレスポンスのヘッダーにアーカイブ IDが返されます。後でアーカイブにアクセスできるように、返されたアーカイブ ID を保管しておく必要があります。

アップロードするデータの SHA256 木構造ハッシュを指定する必要があります。SHA256 木構造ハッシュの計算の詳細については、「チェックサムの計算」を参照してください。

注記

SHA256 木構造ハッシュは、API を使用するときに、アーカイブのアップロード (POST アーカイブ) アクションにのみ必要です。これは、AWS CLI。

アーカイブのアップロード時に、オプションでアーカイブの説明を最大 1,024 文字の印刷可能な ASCII 文字で指定できます。S3 Glacier は、アーカイブを取得するか、ボールトインベントリを取得するときに、アーカイブの説明を返します。S3 Glacier はその説明を一切解釈しません。アーカイブの説明は、一意である必要はありません。説明を使用して、アーカイブのリストを取得することや、ソートすることはできません。

オプションのアーカイブの説明以外に、S3 Glacier ではアーカイブに対してどのような追加のメタデータもサポートしていません。アーカイブ ID は、アーカイブに関するどのような情報も推察することができないように、意味のない文字列になっています。そのため、クライアント側でアーカイブに関するメタデータを管理することもできます。詳細については、「Amazon S3 Glacier でのアーカイブの操作」を参照してください。

アーカイブは変更不可能です。アーカイブをアップロードした後で、アーカイブやアーカイブの説明を編集することはできません。

リクエスト

アーカイブをアップロードするには、HTTP POST メソッドを使用し、アーカイブの保存先となるボールトの archives サブリソースをリクエストの範囲として指定します。リクエストには、アーカイブのペイロードサイズ、チェックサム(SHA256 木構造ハッシュ)を含める必要があります。オプションでアーカイブの説明を含めることができます。

[Syntax] (構文)

POST /AccountId/vaults/VaultName/archives Host: glacier.Region.amazonaws.com x-amz-glacier-version: 2012-06-01 Date: Date Authorization: SignatureValue x-amz-archive-description: Description x-amz-sha256-tree-hash: SHA256 tree hash x-amz-content-sha256: SHA256 linear hash Content-Length: Length <Request body.>

注記

-AccountIdvalueAWS アカウントボールトを所有するアカウントの ID。AWS アカウント ID、または Amazon S3 Glacier がリクエストの署名に使用した認証情報に関連する AWS アカウント ID を使用している場合はオプションで`-`「-」のどちらかを指定できます。アカウント ID を使用する場合は、ID にハイフン ('-') を含めないでください。

リクエストパラメータ

オペレーションの実装では、リクエストパラメータを使用しません。

リクエストヘッダー

この操作では、すべての操作で共通のリクエストヘッダーに加えて、次のリクエストヘッダーを使用します。共通のリクエストヘッダーの詳細については、「一般的なリクエストヘッダー」を参照してください。

名前 説明 必須
Content-Length

オブジェクトのサイズ(バイト単位)。詳細については、http://www.w3.org/Protocols/rfc2616/rfc2616-sec14.html#sec14.13 を参照してください。

Type: 数値

デフォルト: なし

制約: なし

はい
x-amz-archive-description

アップロードするアーカイブのオプションの説明。わかりやすい説明や、割り当てる何らかの識別子を自分で選択して指定できます。説明は、すべてのアーカイブで一意である必要はありません。ボールトインベントリを取得した場合 (「ジョブの開始 (ジョブの POST)」を参照)、レスポンスで返されるアーカイブごとにこの説明が含まれます。

Type: 文字列

デフォルト: なし

制約: 説明は 1,024 文字以下である必要があります。使用可能な文字は、制御コードを除く 7 ビット ASCII コードです。具体的には、32—126 (10 進) または 0x20—0x7E (16 進) の ASCII 値です。

いいえ
x-amz-content-sha256

ペイロードの SHA256 チェックサム (線形ハッシュ)。この値は、x-amz-sha256-tree-hash ヘッダーで指定する値とは異なります。

Type: 文字列

デフォルト: なし

制約: なし

はい
x-amz-sha256-tree-hash

ユーザーが計算したペイロードのチェックサム(SHA256 木構造ハッシュ)。SHA256 木構造ハッシュの計算については、「チェックサムの計算」を参照してください。S3 Glacier によって計算されたペイロードのチェックサムが異なる場合、リクエストは拒否されます。

Type: 文字列

デフォルト: なし

制約: なし

はい

リクエスト本文

リクエストボディには、アップロードするデータを含めます。

レスポンス

レスポンスでは、S3 Glacier により、アーカイブが永続的に保存され、アーカイブ ID の URI パスが返されます。

[Syntax] (構文)

HTTP/1.1 201 Created x-amzn-RequestId: x-amzn-RequestId Date: Date x-amz-sha256-tree-hash: ChecksumComputedByAmazonGlacier Location: Location x-amz-archive-id: ArchiveId

レスポンスヘッダー

成功したレスポンスには、すべての操作に共通のレスポンスヘッダーに加えて、次のレスポンスヘッダーが含まれます。共通のレスポンスヘッダーの詳細については、「共通のレスポンスヘッダー」を参照してください。

名前 説明
Location

新しく追加されたアーカイブリソースの相対 URI パス。

Type: 文字列

x-amz-archive-id

アーカイブの ID。この値も Location ヘッダーの一部として含まれます。

Type: 文字列

x-amz-sha256-tree-hash

によって計算されたアーカイブのチェックサム。

Type: 文字列

レスポンス本文

このオペレーションでは、レスポンス本文は返しません。

エラー

Amazon S3 Glacier の例外とエラーメッセージについては、「エラーレスポンス」を参照してください。

リクエストの例

次の例に、アーカイブをアップロードするリクエストを示します。

POST /-/vaults/examplevault/archives HTTP/1.1 Host: glacier.us-west-2.amazonaws.com x-amz-Date: 20170210T120000Z x-amz-sha256-tree-hash: beb0fe31a1c7ca8c6c04d574ea906e3f97b31fdca7571defb5b44dca89b5af60 x-amz-content-sha256: 7f2fe580edb35154041fa3d4b41dd6d3adaef0c85d2ff6309f1d4b520eeecda3 Content-Length: 2097152 x-amz-glacier-version: 2012-06-01 Authorization: Authorization=AWS4-HMAC-SHA256 Credential=AKIAIOSFODNN7EXAMPLE/20141123/us-west-2/glacier/aws4_request,SignedHeaders=host;x-amz-content-sha256;x-amz-date;x-amz-glacier-version,Signature=16b9a9e220a37e32f2e7be196b4ebb87120ca7974038210199ac5982e792cace <Request body (2097152 bytes).>

レスポンスの例

以下の正常なレスポンスには、Location ヘッダーが含まれており、S3 Glacier がアーカイブに割り当てた ID を取得できます。

HTTP/1.1 201 Created x-amzn-RequestId: AAABZpJrTyioDC_HsOmHae8EZp_uBSJr6cnGOLKp_XJCl-Q Date: Wed, 10 Feb 2017 12:00:00 GMT x-amz-sha256-tree-hash: beb0fe31a1c7ca8c6c04d574ea906e3f97b31fdca7571defb5b44dca89b5af60 Location: /111122223333/vaults/examplevault/archives/NkbByEejwEggmBz2fTHgJrg0XBoDfjP4q6iu87-TjhqG6eGoOY9Z8i1_AUyUsuhPAdTqLHy8pTl5nfCFJmDl2yEZONi5L26Omw12vcs01MNGntHEQL8MBfGlqrEXAMPLEArchiveId x-amz-archive-id: NkbByEejwEggmBz2fTHgJrg0XBoDfjP4q6iu87-TjhqG6eGoOY9Z8i1_AUyUsuhPAdTqLHy8pTl5nfCFJmDl2yEZONi5L26Omw12vcs01MNGntHEQL8MBfGlqrEXAMPLEArchiveId

関連するセクション