Amazon S3 Glacier でを使用してボールトインベントリをダウンロードするAWS Command Line Interface - Amazon S3 Glacier

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon S3 Glacier でを使用してボールトインベントリをダウンロードするAWS Command Line Interface

Amazon S3 Glacier (S3 Glacier) でAWS Command Line Interface(AWS CLI).

(前提条件) AWS CLI の設定

  1. AWS CLI をダウンロードして設定します。手順については、AWS Command Line Interface ユーザーガイドの次のトピックを参照してください。

    のインストール AWS Command Line Interface

    の設定 AWS Command Line Interface

  2. コマンドプロンプトで以下のコマンドを入力して、セットアップを確認します。これらのコマンドは、いずれも認証情報を明示的に提供しないため、デフォルトプロファイルの認証情報が使用されます。

    • help コマンドを使用してください。

      aws help
    • aws s3 ls を使用して、設定したアカウントのバケットのリストを取得します。

      aws s3 ls
    • aws configure list を使用して、現在の設定データを表示します。

      aws configure list

例: AWS CLI を使用してボールトインベントリをダウンロードする

  1. インベントリ取得ジョブを開始するには、initiate-job コマンドを使用します。

    aws glacier initiate-job --vault-name awsexamplevault --account-id 111122223333 --job-parameters '{"Type": "inventory-retrieval"}'

    正常な出力:

    { "location": "/111122223333/vaults/awsexamplevault/jobs/*** jobid ***", "jobId": "*** jobid ***" }
  2. 以前の取得ジョブのステータスをチェックするには、describe-job コマンドを使用します。

    aws glacier describe-job --vault-name awsexamplevault --account-id 111122223333 --job-id *** jobid ***

    正常な出力:

    { "InventoryRetrievalParameters": { "Format": "JSON" }, "VaultARN": "*** vault arn ***", "Completed": false, "JobId": "*** jobid ***", "Action": "InventoryRetrieval", "CreationDate": "*** job creation date ***", "StatusCode": "InProgress" }
  3. ジョブが完了するまで待ちます。

    ジョブの出力をダウンロードする準備が整うまで待つ必要があります。ジョブ ID は、S3 Glacier がジョブを完了してから少なくとも 24 時間は有効です。ボールトに通知設定を指定している場合、またはジョブを開始したときに Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) トピックを指定している場合は、ジョブの完了後に S3 Glacier によりトピックにメッセージが送信されます。

    ボールトに特定のイベントに対する通知設定を指定できます。詳細については、「Amazon S3 Glacier でのボールト通知の設定」を参照してください。S3 Glacier は、特定のイベントが発生するたびに、指定された SNS トピックにメッセージを送信します。

  4. 完了したら、get-job-output コマンドを使用して、取得ジョブをファイル output.json にダウンロードします。

    aws glacier get-job-output --vault-name awsexamplevault --account-id 111122223333 --job-id *** jobid *** output.json

    このコマンドは、次のフィールドを含むファイルを生成します。

    { "VaultARN":"arn:aws:glacier:region:111122223333:vaults/awsexamplevault", "InventoryDate":"*** job completion date ***", "ArchiveList":[ {"ArchiveId":"*** archiveid ***", "ArchiveDescription":"*** archive description (if set) ***", "CreationDate":"*** archive creation date ***", "Size":"*** archive size (in bytes) ***", "SHA256TreeHash":"*** archive hash ***" } {"ArchiveId": ... ]}