Amazon S3 Glacier API を使用したボールトのロック - Amazon S3 Glacier

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon S3 Glacier API を使用したボールトのロック

Glacier API でボールトをロックするには、まずを呼び出します。ボールトロックの開始 (ロックポリシーの POST)展開するコントロールを指定するボールトロックポリシーを使用します。ボールトロックの開始 (ロックポリシーの POST)によって、ポリシーがボールトに関連付けられ、ボールトロックが InProgress 状態になり、一意のロック ID が返されます。ボールトロックが InProgress 状態になった後は、ボールトロックの完了 (ロック ID の POST)で返されたロック ID を使用して ボールトロックの開始 (ロックポリシーの POST) を要求することによってロックを完了するための期間が 24 時間設けられています。ボールトをロックした後は、ロック解除は行えません。

InProgress 状態になってから 24 時間以内にボールトロック処理を完了しないと、ボールトの InProgress 状態が自動的に終了し、ボールトロックポリシーが削除されます。ボールトロックの開始 (ロックポリシーの POST) を再度要求して新しいボールトロックポリシーをインストールすると、InProgress 状態にすることができます。

InProgress 状態では、ロックする前にボールトロックポリシーをテストすることができます。InProgress 状態のボールトロックポリシーは、ボールトロックの中止 (ロックポリシーの DELETE) を要求してポリシーを削除できる点を除き、ボールトをロックした場合のように完全に有効になります。ポリシーを細かく調整するには、ボールトロックの中止 (ロックポリシーの DELETE)ボールトロックの開始 (ロックポリシーの POST) の組み合わせを必要に応じて繰り返して、ボールトロックポリシーの変更を検証することができます。

ボールトロックポリシーを検証したら、最後に返されたロック ID を指定して ボールトロックの完了 (ロック ID の POST) を要求することによって、ボールトロック処理を完了することができます。ボールトが Locked 状態になると、ボールトロックポリシーは変更できなくなり、ボールトロックの中止 (ロックポリシーの DELETE) を要求して削除できなくなります。