ボールトロックの開始 (ロックポリシーの POST) - Amazon S3 Glacier

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ボールトロックの開始 (ロックポリシーの POST)

Description

このオペレーションでは、以下の手順を実行することによってボールトロック処理を開始します。

  • 指定したボールトへのボールトロックポリシーのインストール

  • ボールトロックの InProgress 状態への設定

  • ボールトロック処理を完了するために使用するロック ID の取得

ボールトごとに 1 つのボールトロックポリシーを設定でき、ポリシーのサイズは最大 20 KB とすることができます。ボールトロックポリシーの詳細については、「ボールトロックポリシーによる Amazon S3 Glacier アクセス制御」を参照してください。

ボールトロック処理は、ボールトロックが InProgress 状態になってから 24 時間以内に完了する必要があります。24 時間が過ぎると、ロック ID の有効期限が切れ、ボールトの InProgress 状態が自動的に終了し、ボールトロックポリシーがボールトから削除されます。ボールトロック処理を完了するには、ボールトロックの完了 (ロック ID の POST)を要求してボールトロックを Locked 状態にします。

注記

ボールトロックが Locked 状態になった後は、ボールトに対して新しいボールトロックを開始することはできません。

ボールトロック処理は、ボールトロックの中止 (ロックポリシーの DELETE)。ボールトロックの状態は、ボールトロックの取得 (ロックポリシーの GET)を要求することによって取得できます。ボールトロック処理の詳細については、「Amazon S3 Glacier ボールトロック」を参照してください。

ボールトロックが InProgress 状態のときにこのオペレーションを要求した場合は、AccessDeniedException エラーが返されます。ボールトロックが InProgress 状態の場合は、新しいボールトロックポリシーを開始する前にボールトロックの中止 (ロックポリシーの DELETE)を要求する必要があります。

Requests

ボールトロック処理を開始するには、次の構文の例に示すように、ボールトの POST サブリソースの URI に HTTP lock-policy リクエストを送信します。

Syntax

POST /AccountId/vaults/vaultName/lock-policy HTTP/1.1 Host: glacier.Region.amazonaws.com Date: Date Authorization: SignatureValue Content-Length: Length x-amz-glacier-version: 2012-06-01 { "Policy": "string" }

注記

-AccountId値は AWS アカウント ID. この値は、 AWS アカウント リクエストに署名するために使用された認証情報に関連する ID。次のいずれかを実行できます。 AWS アカウント ID、またはオプションで単一の '-'(ハイフン)を使用します。この場合、Amazon S3 Glacier は AWS アカウント リクエストに署名するために使用された認証情報に関連する ID。アカウント ID を指定する場合は、ID にハイフン ('-') を含めないでください。

リクエストパラメータ

このオペレーションではリクエストパラメータを使用しません。

リクエストヘッダー

この操作では、すべての操作で共通のリクエストヘッダーのみ使用します。共通のリクエストヘッダーの詳細については、「一般的なリクエストヘッダー」を参照してください。

リクエストボディ

リクエストボディには、以下の JSON フィールドが含まれています。

ポリシー

JSON 文字列としてのボールトロックポリシー(エスケープ文字として "\" を使用)。

Type: 文字列

必須: はい

Responses

Amazon S3 Glacier (S3 Glacier) はHTTP 201 Createdレスポンスでは、ポリシーが受け入れられた場合、。

Syntax

HTTP/1.1 201 Created x-amzn-RequestId: x-amzn-RequestId Date: Date x-amz-lock-id: lockId

レスポンスヘッダー

成功した応答には、すべての操作に共通の応答ヘッダーに加えて、次の応答ヘッダーが含まれます。共通のレスポンスヘッダーの詳細については、「」を参照してください。共通の応答ヘッダー

名前 説明
x-amz-lock-id

ボールトロック処理を完了するために使用するロック ID。

Type: 文字列

レスポンス本文

このオペレーションでは、レスポンス本文は返しません。

Errors

Amazon S3 Glacier の例外とエラーメッセージについては、「」を参照してください。エラーレスポンス

Examples

リクエストの例

次の例では、ボールトの PUT サブリソースの URI に HTTP lock-policy リクエストを送信します。Policy JSON 文字列では、エスケープ文字として "\" を使用します。

PUT /-/vaults/examplevault/lock-policy HTTP/1.1 Host: glacier.us-west-2.amazonaws.com x-amz-Date: 20170210T120000Z Authorization: AWS4-HMAC-SHA256 Credential=AKIAIOSFODNN7EXAMPLE/20141123/us-west-2/glacier/aws4_request,SignedHeaders=host;x-amz-date;x-amz-glacier-version,Signature=9257c16da6b25a715ce900a5b45b03da0447acf430195dcb540091b12966f2a2 Content-Length: length x-amz-glacier-version: 2012-06-01 {"Policy":"{\"Version\":\"2012-10-17\",\"Statement\":[{\"Sid\":\"Define-vault-lock\",\"Effect\":\"Deny\",\"Principal\":{\"AWS\":\"arn:aws:iam::999999999999:root\"},\"Action\":\"glacier:DeleteArchive\",\"Resource\":\"arn:aws:glacier:us-west-2:999999999999:vaults/examplevault\",\"Condition\":{\"NumericLessThanEquals\":{\"glacier:ArchiveAgeinDays\":\"365\"}}}]}"}

レスポンスの例

リクエストが成功した場合、S3 Glacier はHTTP 201 Createdレスポンスを返します。

HTTP/1.1 201 Created x-amzn-RequestId: AAABZpJrTyioDC_HsOmHae8EZp_uBSJr6cnGOLKp_XJCl-Q Date: Wed, 10 Feb 2017 12:02:00 GMT x-amz-lock-id: AE863rKkWZU53SLW5be4DUcW

以下の資料も参照してください。

言語固有の Amazon SDK のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、以下を参照してください。