Amazon S3 Glacier のボールトの操作 - Amazon S3 Glacier

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) のアーカイブストレージを初めて使用する場合は、Amazon S3 の S3 Glacier ストレージクラス、S3 Glacier Instant RetrievalS3 Glacier Flexible RetrievalS3 Glacier Deep Archive について詳しく知ることから始めることをお勧めします。詳細については、「Amazon S3 ユーザーガイド」の「オブジェクトをアーカイブするための S3 Glacier ストレージクラス」および「ストレージクラス」を参照してください。 Amazon S3

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon S3 Glacier のボールトの操作

ボールトは、アーカイブを格納するコンテナです。ボールトを作成する際には、ボールト名と、ボールトの作成先となる AWS リージョン を指定します。S3 Glacier でサポートされる AWS リージョン のリストについては、「AWS 全般リファレンス」の「Amazon S3 Glacier エンドポイントとクォータ」を参照してください。

ボールトに格納できるアーカイブの数に制限はありません。

重要

S3 Glacier は、コンソールも提供します。いずれのアーカイブオペレーション (アップロード、ダウンロード、削除など) にも、AWS Command Line Interface (AWS CLI) の使用かコードの記述が必要になります。アーカイブオペレーションについては、コンソールによるサポートはありません。例えば、写真、ビデオ、その他のドキュメントなどのデータをアップロードするには、AWS CLI を使用する必要があります。あるいは、REST API を直接使用するか AWS SDK を使用して、リクエストを行うコードを記述する必要があります。

AWS CLIをインストールするには、「AWS Command Line Interface」をご参照ください。AWS CLI での S3 Glacier の使用の詳細については、「S3 Glacierの AWS CLI リファレンス」を参照してください。たとえば、AWS CLIS3 Glacier を使用してアーカイブをアップロードするには、「でのS3 Glacierの使用AWS Command Line Interface」を参照してください。

S3 Glacier でのボールトオペレーション

S3 Glacier は多様なボールトオペレーションをサポートしています。ボールトオペレーションは、特定の AWS リージョン に固有です。つまり、ボールトを作成するときは、特定の AWS リージョン にボールトを作成します。ボールトを一覧表示すると、S3 Glacier によって、リクエストで指定した AWS リージョン のボールトのリストが返されます。

ボールトの作成と削除

AWS アカウント は、AWS リージョン ごとに最大 1,000 個のボールトを作成できます。S3 Glacier でサポートされる AWS リージョン のリストについては、「AWS 全般リファレンス」の「Amazon S3 Glacier エンドポイントとクォータ」を参照してください。

S3 Glacier が最後にインベントリを計算した時点でボールト内にアーカイブがなく、また、最後のインベントリからボールトへの書き込みがない場合にのみ、ボールトを削除できます。

注記

S3 Glacier では、各ボールトについて 24 時間ごとにインベントリを作成します。インベントリには最新の情報が反映されていないことがあるため、S3 Glacier では、ボールトが実際に空であるかどうかを確認するために、最後にボールトインベントリが作成されてから書き込み オペレーションがあったかどうかを確認します。

詳細については、Amazon S3 Glacier でボールトを作成する および Amazon S3 Glacier でボールトを削除する を参照してください。

ボールトメタデータの取得

ボールトの 作成日、ボールトの中のアーカイブの数、すべてのアーカイブの合計サイズなど、ボールトに関する情報を返します。S3 Glacier では、アカウント内の特定の AWS リージョン にある特定のボールトまたはすべてのボールトについてこの情報を取得するための API コールが用意されています。詳細については、「Amazon S3 Glacier でボールトメタデータを取得する」を参照してください。

ボールトインベントリのダウンロード

ボールトインベントリとは、ボールト内のアーカイブのリストを指します。インベントリではリスト内の各アーカイブに、アーカイブ ID、作成日、サイズなど、アーカイブに関する情報が記載されています。S3 Glacier はボールトインベントリを 1 日 1 回のペースで更新します。この更新は、アーカイブがボールトに最初にアップロードされた日から開始されます。ボールトインベントリをダウンロードするには、ボールトインベントリが存在している必要があります。

ボールトインベントリのダウンロードは、非同期オペレーションです。まず、インベントリをダウンロードするジョブを開始する必要があります。S3 Glacier はジョブのリクエストを受け取った後で、ダウンロードするインベントリを準備します。ジョブが完了したら、インベントリデータをダウンロードできます。

このジョブの非同期であるという性質を考慮し、ジョブの完了時に Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) 通知を使用して通知を送信することができます。個々のジョブリクエストごとに Amazon SNS のトピックを指定することも、特定のボールトイベントが発生したときに通知を送信するようにボールトを設定することもできます。

S3 Glacier では、各ボールトについて 24 時間ごとにインベントリを作成します。最後のインベントリ以降に、ボールトに対してアーカイブの追加や削除が行われていない場合、インベントリの日付は更新されません。

ボールトインベントリに対してジョブを開始すると、S3 Glacier により最後に生成されたインベントリが返されます。そのインベントリはポイントインタイムのスナップショットであり、リアルタイムのデータではありません。アーカイブをアップロードするごとにボールトインベントリを取得することは、あまり便利には感じられないかもしれません。しかし、S3 Glacier にアップロードしたアーカイブに関するメタデータに含まれるデータベースをクライアント側で管理する場合を考えてみてください。そのような場合には、実際のボールトインベントリとデータベース内の情報とを照合できるため、ボールトインベントリの利便性が実感できるものと思われます。

ボールトインベントリの取得の詳細については、「Amazon S3 Glacier でボールトインベントリをダウンロードする」を参照してください。

ボールト通知の設定

S3 Glacier からのボールトのアーカイブやボールトインベントリなどの取得は 2 ステップのプロセスです。まず、ジョブを開始します。ジョブが完了したら、ジョブの出力をダウンロードします。ジョブがいつ完了したかを確認するには、S3 Glacier の通知を使用できます。S3 Glacier は、指定した Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) トピックに通知メッセージを送信します。

ボールトに通知を設定できるほか、ボールトイベントや、そのイベントが発生したときに通知を送信する Amazon SNS トピックを指定できます。S3 Glacier は、ボールトイベントが発生した時点で、指定された Amazon SNS トピックに通知を送信します。詳細については、「Amazon S3 Glacier でのボールト通知の設定」を参照してください。