HTTP API へのリクエストの調整 - Amazon API Gateway

HTTP API へのリクエストの調整

API のスロットリングおよびクォータを設定して、多すぎるリクエストで API の負荷が高くなりすぎないように保護できます。スロットルとクォータの両方はベストエフォートベースで適用されるため、これらは保証されたリクエスト上限ではなく、目標として考える必要があります。

API Gateway は、トークンバケットアルゴリズムを使用してトークンでリクエストをカウントし、API へのリクエストを調整します。特に API Gateway では、アカウントのすべての API に送信されるリクエストのレートとバーストをリージョンごとに検証します。トークンバケットアルゴリズムでは、これらの制限の事前定義されたオーバーランがバーストによって許可されますが、場合によっては、他の要因によって制限のオーバーランが発生することがあります。

リクエストの送信数がリクエストの定常レートおよびバーストを超えると、API Gateway はリクエストを調整を開始します。クライアントは、この時点で 429 Too Many Requests エラーレスポンスを受け取ることがあります。このような例外をキャッチすると、クライアントは 失敗したリクエストをレート制限する方法で再送信できます。

API デベロッパーは、API の個々のステージまたはルートに制限を設定して、アカウントのすべての API にわたるパフォーマンス全体を向上させることができます。

リージョンごとのアカウントレベルのスロットリング

API Gateway はデフォルトで、リージョンごとに AWS アカウント内のすべての API 全体で定常状態のリクエスト/秒 (RPS) を制限します。また、リージョンごとに AWS アカウント内のすべての API にわたってバースト (最大バケットサイズ) を制限します。API Gateway では、バースト制限は、API Gateway が 429 Too Many Requests エラーレスポンスを返す前に処理する同時リクエスト送信の目標最大数を表します。スロットリングクォータの詳細については、「Amazon API Gateway のクォータと重要な注意点」を参照してください。

アカウントごとの制限は、指定したリージョンのアカウント内のすべての API に適用されます。このアカウントレベルのレート制限は、申請に応じて引き上げることができます。API のタイムアウトが短く、ペイロードが小さい場合、高い制限を設定できます。リージョンごとのアカウントレベルのスロットリング制限の引き上げを申請するには、AWS サポートセンターにお問い合わせください。詳細については、「Amazon API Gateway のクォータと重要な注意点」を参照してください。これらの制限は、AWS スロットリングの制限以上に高くすることはできません。

ルートレベルのスロットリング

特定のステージでまたは API の個々のルートでアカウントレベルのリクエストスロットリング制限を上書きするように、ルートレベルのスロットリングを設定できます。デフォルトのルートスロットリング制限は、アカウントレベルのレート制限を超えることはできません。

AWS CLI を使用して、ルートレベルのスロットリングを設定できます。次のコマンドは、API の指定されたステージとルートのカスタムスロットリングを設定します。

aws apigatewayv2 update-stage \ --api-id a1b2c3d4 \ --stage-name dev \ --route-settings '{"GET /pets":{"ThrottlingBurstLimit":100,"ThrottlingRateLimit":2000}}'