REST API のモニタリング - Amazon API Gateway

REST API のモニタリング

このセクションでは、CloudWatch のメトリクス、CloudWatch Logs、Kinesis Data Firehose、 を使用して API をモニタリングする方法について説明しますAWS X-Ray CloudWatch の実行ログと CloudWatch のメトリクスを組み合わせることにより、エラーの記録と実行のトレースを行って、API のパフォーマンスをモニタリングすることができます。また、Kinesis Data Firehose に対する API コールを記録することもできます。AWS X-Ray を使用して、API を構成するダウンストリームサービスを通じて呼び出しをトレースすることもできます。

注記

API Gateway は、次の場合にログとメトリクスが生成されない可能性があります。

  • 413 Request Entity Too Large エラー

  • 過剰な 429 Too Many Requests エラー

  • API マッピングを持たないカスタムドメインに送信されたリクエストからの 400 シリーズのエラー

  • 内部の障害によって発生した 500 シリーズのエラー

API Gateway は、REST API メソッドをテストするときに、ログとメトリクスを生成しません。CloudWatch エントリがシミュレートされます。詳細については、「API Gateway コンソールを使用して REST API メソッドをテストする」を参照してください。