AWS アプリケーション検出エージェント - AWS Application Discovery Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS アプリケーション検出エージェント

-AWS検出エージェントはAWS検出や移行のためにオンプレミスサーバーや VM にインストールされるソフトウェアです。エージェントは、システム設定、システムパフォーマンス、実行中のプロセス、およびシステム間のネットワーク接続の詳細をキャプチャします。エージェントは、ほとんどの Linux および Windows オペレーティングシステムをサポートし、オンプレミスの物理サーバー、Amazon EC2 インスタンス、仮想マシンにデプロイできます。

注記

検出エージェントを展開する前に、選択する必要があります。Migration Hub ホーム。ホームリージョンにはエージェントを登録する必要があります。

検出エージェントはローカル環境で実行され、ルート権限を必要とします。検出エージェントを開始すると、ホームリージョンと安全に接続され、Application Discovery Service に登録されます。

  • たとえば、場合eu-central-1がホームリージョンの場合、に登録されます。arsenal-discovery.eu-central-1.amazonaws.comApplication Discovery Service と。

  • または、us-west-2 を除く他のすべてのリージョンで、必要に応じてホームリージョンが置き換えられます。

  • もしus-west-2がホームリージョンの場合、に登録されます。arsenal.us-west-2.amazonaws.comApplication Discovery Service と。

仕組み

登録後、エージェントは、該当するホストや VM のためにデータ収集を開始します。エージェントは、15 分間隔でApplication Discovery Service に ping を送信して設定情報を確認します。

収集されるデータには、システム仕様、時系列の使用状況やパフォーマンスのデータ、ネットワーク接続、処理データなどが含まれます。この情報を使用して IT アセットとネットワーク依存関係をマッピングできます。これらのすべてのデータポイントは、これらのサーバーを AWS で実行する場合のコストを算定したり、移行を計画したりするのに役立ちます。

データは、Transport Layer Security (TLS) を通じて、検出エージェントからアプリケーション検出サービスに安全に転送されます。エージェントは、新しいバージョンが利用可能になると自動的にアップグレードするように設定されています。必要に応じて、この設定は変更できます。

ヒント

Discovery Agent をダウンロードしてインストールを開始する前に、必ず「」に目を通し、必須の前提条件を確認してください。検出エージェントのインストールの前提条件