アプリケーションランナーの自動スケーリングの管理 - AWS App Runner

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

アプリケーションランナーの自動スケーリングの管理

AWS App Runnerは、App Runner アプリケーションのコンピューティングリソース (インスタンス) を自動的に拡大または縮小します。自動スケーリングは、着信トラフィックが多い場合に適切な要求処理を提供し、トラフィックの速度が遅くなる場合のコストを削減します。いくつかのパラメータを設定して、サービスの Auto Scaling の動作を調整できます。

App Runner は、自動スケーリングの構成。サービスを作成または更新するとき、Auto Scaling 設定リソースを指定できます。App Runner コンソールは、新しい App Runner サービスを作成するときに自動的に作成されます。Auto Scaling 設定の提供はオプションです。指定しない場合、App Runner は、推奨値を使用してデフォルトの Auto Scaling 設定を提供します。

Auto Scaling 設定にはnumericrevision。コンフィギュレーションの複数のリビジョンは、同じ名前と異なるリビジョン番号を持ちます。高可用性や低コストなど、Auto Scaling シナリオごとに異なる設定名を使用できます。名前ごとに、複数のリビジョンを追加して、特定のシナリオの設定を微調整できます。

Auto Scaling 設定に関する重要な情報を以下に示します。

  • 設定設定可能な項目は次のとおりです。

    • 最大同時実行数インスタンスが処理する同時リクエストの最大数。同時要求の数がこのクォータを超えると、App Runner はサービスをスケールアップします。

    • Max Sizeサービスがスケールアップするインスタンスの最大数。最大で、この数のインスタンスは、サービスのトラフィックに積極的にサービスを提供しています。

    • Min Sizeサービスに App Runner がプロビジョニングするインスタンスの最小数。サービスには常に少なくともこの数のプロビジョニング済みインスタンスがあります。それらのうちのいくつかは、積極的にトラフィックを提供しています。残りのインスタンス(プロビジョニングされたインスタンスおよび非アクティブなインスタンス)は、コスト効率に優れたコンピューティングキャパシティーリザーブとして立っており、すぐにアクティブ化できます。プロビジョニングされたすべてのインスタンスのメモリ使用量に対してお支払いいただきます。アクティブなサブセットのみの CPU 使用量に対して支払います。

      App Runner は、デプロイ時にプロビジョニングされたインスタンスの数を一時的に2倍にし、古いコードと新しいコードの両方で同じ容量を維持します。

  • revisions— 名前を使用して最初に作成したコンフィギュレーションは、リビジョン番号 1 を取得します。同じ名前を持つ後続の設定では、連続するリビジョン番号 (2 から始まる) が取得されます。App Runner サービスは、特定の Auto Scaling 設定リビジョンまたは最新の設定リビジョンに関連付けることができます。

  • 共有— 複数の App Runner サービスで 1 つの Auto Scaling 設定リソースを共有できます。これは、スケーリング要件が似ている場合に便利です。特に、コンフィギュレーション名を指定し、リビジョンを指定せずに、すべてのコンフィギュレーションが最新バージョンのコンフィギュレーションを使用するように複数のサービスを設定できます。これにより、サービスを更新するときに、この方法で設定したサービスが Auto Scaling 設定の更新を受け取ります。設定変更について詳しくは、アプリランナーサービスの設定

  • リソース管理— App Runner を使用して、Auto Scaling 設定を作成および削除できます。構成を直接更新することはできません。代わりに、既存のコンフィギュレーション名に対して新しいリビジョンを作成して、コンフィギュレーションを効果的に更新することができます。

    注記

    現時点では、App Runner コンソールでは、1 つのリビジョンの設定のみを作成できます。さらに多くのリビジョンを作成し、設定を削除するには、App RunnerAPI

  • リソースクォータ— Auto Scaling 設定リソースに対して設定できる一意の設定名とリビジョンの数に対するクォータが設定されています。 AWS リージョン 。これらのクォータに達した場合は、構成名または少なくともそのリビジョンの一部を削除してから、構成名を削除する必要があります。アプリのランナーの使用APIをクリックして削除します。詳細については、「App Runner リソースクォータ」を参照してください。

App Runner コンソールを使用して Auto Scaling を管理する

次の場合サービスを作成するでは、デフォルトの Auto Scaling 設定またはカスタム設定を使用できます。カスタム設定を使用するには、既存の設定を選択するか、新しい名前と設定を指定します。新しい設定の場合、App Runner は新しい Auto Scaling 設定リソースを作成し、新しいサービスに関連付けます。

App Runner API またはAWS CLI

以下の App Runner API アクションを使用して、Auto Scaling 設定を管理することができます。

  • 自動スケール設定の作成— 新しい Auto Scaling 設定または既存の設定のリビジョンを作成します。

  • リスト自動スケール設定— 関連付けられている Auto Scaling 設定のリストを返す AWS アカウント 概要情報とともに。

  • 説明スケールの設定— Auto Scaling 設定の完全な説明を返します。

  • 自動スケール設定の削除— Auto Scaling 設定を削除します。特定のリビジョンまたは最新のアクティブなリビジョンを削除できます。Auto Scaling 設定クォータに達すると、不要な Auto Scaling 設定を削除する必要がある場合があります。 AWS アカウント 。