AppStream 2.0 ユーザーのアプリケーション設定の永続化を有効にする - Amazon AppStream 2.0

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AppStream 2.0 ユーザーのアプリケーション設定の永続化を有効にする

AppStream 2.0 は永続的なアプリケーション設定をサポートしています。つまり、ユーザーのアプリケーションのカスタマイズや Windows 設定は各ストリーミングセッション後に自動的に保存され、次のセッションで適用されます。ユーザーが設定できる永続的なアプリケーション設定の例としては、ブラウザのお気に入り、設定、ウェブページのセッション、アプリケーション接続プロファイル、プラグイン、UI のカスタマイズなどが挙げられます。これらの設定は、アプリケーション設定の永続化が有効になっている AWS リージョンで、アカウントの Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットに保存されます。これらの設定は、各 AppStream 2.0 ストリーミングセッションで使用できます。

注記

S3 バケットに保存されているデータには、標準 Amazon S3 料金が適用される場合があります。詳細については、「Amazon S3 料金表」を参照してください。