AppStream 2.0 エージェントのバージョンを管理する - Amazon AppStream 2.0

AppStream 2.0 エージェントのバージョンを管理する

AppStream 2.0 エージェントは、ストリーミングインスタンスで実行され、ユーザーによるアプリケーションのストリーミングを可能にするソフトウェアです。新しいイメージを作成すると、[Always use latest agent version (常に最新バージョンのエージェントを使用)] オプションがデフォルトで選択されます。このオプションが選択されていると、イメージから起動される新しい Image Builder またはフリートインスタンスでは常に最新バージョンの AppStream 2.0 エージェントが使用されます。エンドユーザーにデプロイする前に、エージェントの更新を制御して、ソフトウェアとの互換性を確保したり、更新された環境を認定したりできます。

以下の手順では、AppStream 2.0 エージェントのバージョンを管理する方法を示します。

常に最新バージョンの AppStream 2.0 エージェントを使用するイメージを作成する

常に最新バージョンの AppStream 2.0 エージェントを使用するようにイメージを設定すると、ストリーミングインスタンスは、新しいエージェントバージョンがリリースされたときに、自動的に更新されて、AWS で利用可能な最新の機能、機能強化、およびセキュリティ更新プログラムが反映されます。

注記

場合によっては、新しいバージョンの AppStream 2.0 エージェントがご使用のソフトウェアと衝突することがあります。新しいバージョンの AppStream 2.0 エージェントを稼働フリートにデプロイする前に、そのバージョンを認定することをお勧めします。

常に最新バージョンの AppStream 2.0 エージェントを使用するイメージを作成するには

  1. AppStream 2.0 コンソールを https://console.aws.amazon.com/appstream2 で開きます。

  2. 次のいずれかを行います。

    • 既存の Image Builder を使用してイメージを作成する場合は、この Image Builder を起動して接続します。Image Builder で最新バージョンの AppStream 2.0 エージェントが実行されていない場合は、最新のエージェントで Image Builder を起動するかどうかを確認するメッセージが表示されます。このオプションを必ず選択し、[Start (起動)] を選択して、Image Builder に接続します。

    • イメージの作成に使用できる Image Builder がない場合は、新しい Image Builder を起動します。[Step 1:Choose Image] (ステップ 1: イメージを選択する) で、AWS ベースイメージまたはカスタムイメージを選択します。[Step 2: Configure Image Builder] では、選択したイメージで最新バージョンの AppStream 2.0 エージェントが実行されていない場合、[AppStream 2.0] セクションが表示されます。[Agent version (エージェントのバージョン)] リストで、エージェントの最新バージョンを選択します。残りのステップを完了して Image Builder を作成し、これに接続します。詳細については、Image Builder を起動し、ストリーミングアプリケーションをインストールして設定する を参照してください。

  3. Image Builder のデスクトップで、Image Assistant を開き、手順に従って新しいイメージを作成します。[Configure Image (イメージを設定する)] ステップで、[Always use the latest agent version (常に最新バージョンのエージェントを使用)] が選択されていることを確認します。詳細については、チュートリアル: AppStream 2.0 コンソールを使用してカスタム AppStream 2.0 イメージを作成する を参照してください。

    常に最新バージョンの AppStream 2.0 エージェントを使用する指定を後で取り消す場合は、新しいイメージを作成して、このオプションをオフにする必要があります。

  4. 新しいフリートを作成するか、既存のフリートを変更します。フリートを設定するときに、作成した新しいイメージを選択します。詳細については、「AppStream 2.0 フリートとスタックを作成する」を参照してください。

  5. 新しいスタックを作成するか、既存のスタックを変更して、フリートと関連付けます。

特定バージョンの AppStream 2.0 エージェントを使用するイメージを作成する

互換性テストを最初に実行する場合は、常に最新バージョンを使用する代わりに、AppStream 2.0 エージェントの更新を管理できます。使用している AppStream 2.0 エージェントのバージョンがストリーミングアプリケーションと互換性があることを確認するには、特定バージョンのエージェントソフトウェアを使用するイメージを作成できます。次に、適格性確認テストを別個のフリートで実行し、その後で本番稼働用フリートにデプロイします。

新しいイメージを作成するときに、[Always use latest agent version (常に最新バージョンのエージェントを使用)] オプションが選択されていないことを確認します。これにより、常に最新バージョンを使用する代わりに、Image Builder の起動時に選択したバージョンの AppStream 2.0 エージェントがイメージで使用されます。適格性確認テストが完了したら、本番稼働用フリートを更新してイメージを反映できます。

特定バージョンの AppStream 2.0 エージェントを使用するイメージを作成するには

  1. AppStream 2.0 コンソールを https://console.aws.amazon.com/appstream2 で開きます。

  2. 次のいずれかを行います。

    • 既存の Image Builder を使用してイメージを作成する場合は、この Image Builder を起動して接続します。

    • イメージの作成に使用できる Image Builder がない場合は、新しい Image Builder を起動します。[Step 1:Choose Image] (ステップ 1: イメージを選択する) で、AWS ベースイメージまたはカスタムイメージを選択します。[Step 2: Configure Image Builder] では、選択したイメージで最新バージョンの AppStream 2.0 エージェントが実行されていない場合、[AppStream 2.0] セクションが表示されます。[Agent version (エージェントのバージョン)] リストで、エージェントの最新バージョンを選択しません。残りのステップを完了して Image Builder を作成し、これに接続します。詳細については、Image Builder を起動し、ストリーミングアプリケーションをインストールして設定する を参照してください。

  3. Image Builder のデスクトップで、Image Assistant を開き、手順に従って新しいイメージを作成します。Image Assistant の [Configure Image (イメージを設定する)] ステップで、[Always use the latest agent version (常に最新バージョンのエージェントを使用)] が選択されていないことを確認します。詳細については、チュートリアル: AppStream 2.0 コンソールを使用してカスタム AppStream 2.0 イメージを作成する を参照してください。

    常に最新バージョンの AppStream 2.0 エージェントを使用するように後で指定する場合は、新しいイメージを作成し、このオプションを選択する必要があります。

  4. 新しいフリートを作成するか、既存のフリートを変更します。フリートを設定するときに、作成した新しいイメージを選択します。詳細については、「AppStream 2.0 フリートとスタックを作成する」を参照してください。

  5. 新しいスタックを作成するか、既存のスタックを変更して、フリートと関連付けます。

  6. フリートに接続して、アプリケーションの互換性をテストします。

より新しいバージョンの AppStream 2.0 エージェントを使用するイメージを作成する

特定バージョンの AppStream 2.0 エージェントを使用するようにイメージを設定した場合、より新しいバージョンに更新するには、新しいイメージを作成する必要があります。これにより、エージェントの各更新の互換性をテストしてから、フリートの増分更新を行うことができます。

新しいイメージを作成するときに、[Always use latest agent version (常に最新バージョンのエージェントを使用)] オプションが選択されていないことを確認します。イメージを作成したら、適格性確認テストを別個のフリートで実行し、その後で本番稼働用フリートにデプロイします。適格性確認テストが完了したら、本番稼働用フリートを更新してイメージを反映できます。

より新しいバージョンの AppStream 2.0 エージェントを使用するイメージを作成するには

  1. AppStream 2.0 コンソールを https://console.aws.amazon.com/appstream2 で開きます。

  2. 次のいずれかを行います。

    • 既存の Image Builder を使用してイメージを作成する場合は、この Image Builder を起動して接続します。Image Builder で最新バージョンの AppStream 2.0 エージェントが実行されていない場合は、最新のエージェントで Image Builder を起動するかどうかを確認するメッセージが表示されます。このオプションを必ず選択し、[Start (起動)] を選択して、Image Builder に接続します。

    • イメージの作成に使用できる Image Builder がない場合は、新しい Image Builder を起動します。[Step 1:Choose Image] (ステップ 1: イメージを選択する) で、AWS ベースイメージまたはカスタムイメージを選択します。[Step 2: Configure Image Builder] では、選択したイメージで最新バージョンの AppStream 2.0 エージェントが実行されていない場合、[AppStream 2.0] セクションが表示されます。[Agent version (エージェントのバージョン)] リストで、エージェントの最新バージョンを選択します。残りのステップを完了して Image Builder を作成し、これに接続します。詳細については、Image Builder を起動し、ストリーミングアプリケーションをインストールして設定する を参照してください。

  3. Image Builder のデスクトップで、Image Assistant を開き、手順に従って新しいイメージを作成します。Image Assistant の [Configure Image (イメージを設定する)] ステップで、[Always use the latest agent version (常に最新バージョンのエージェントを使用)] が選択されていないことを確認します。詳細については、チュートリアル: AppStream 2.0 コンソールを使用してカスタム AppStream 2.0 イメージを作成する を参照してください。

    常に最新バージョンの AppStream 2.0 エージェントを使用するように後で指定する場合は、新しいイメージを作成し、このオプションを選択する必要があります。

  4. 新しいフリートを作成するか、既存のフリートを変更します。フリートを設定するときに、作成した新しいイメージを選択します。詳細については、「AppStream 2.0 フリートとスタックを作成する」を参照してください。

  5. 新しいスタックを作成するか、既存のスタックを変更して、フリートと関連付けます。

  6. フリートに接続して、アプリケーションの互換性をテストします。