Windows 用 AppStream 2.0 クライアントを介したアクセスを許可する - Amazon AppStream 2.0

Windows 用 AppStream 2.0 クライアントを介したアクセスを許可する

ユーザーはサポートされているデバイスに、AppStream 2.0 クライアントアプリケーションまたはウェブブラウザを使用して AppStream 2.0 ストリーミングセッションを開始できます。

AppStream 2.0 クライアントは、AppStream 2.0 ストリーミングセッション中に次の機能を必要とするユーザー用に設計されたネイティブアプリケーションです。

  • 2 台以上のモニターまたは 4K 解像度のサポートが必要なユーザー。

  • AppStream 2.0 を介してストリーミングされたアプリケーションで USB デバイスを使用しているユーザー。

  • ストリーミングセッション内のビデオ会議には、ローカルのウェブカメラを使用します。

  • ストリーミングセッション中にキーボードショートカットを使用しているユーザー。

  • ストリーミングセッション中にローカルドライブとフォルダへのシームレスなアクセスが必要なユーザー。

  • プリントジョブをストリーミングアプリケーションから、ローカルコンピュータに接続されているプリンターにリダイレクトする機能が必要です。

  • ローカルにインストールされたアプリケーションを操作するのとほぼ同じ方法で、リモートストリーミングアプリケーションを操作することを希望するユーザー。

以下のトピックでは、ユーザーに AppStream 2.0 クライアントを介したアクセスを許可するのに役立つ情報を提供します。ユーザーにウェブブラウザを介した AppStream 2.0 へのアクセスを許可する方法については、ウェブブラウザを介したアクセスを許可する を参照してください。