AppStream 2.0 インスタンスファミリー - Amazon AppStream 2.0

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AppStream 2.0 インスタンスファミリー

Amazon AppStream 2.0 ユーザーは、作成したスタックからアプリケーションをストリーミングします。各スタックはフリートに関連付けられています。フリートを作成するときは、指定したインスタンスタイプによって、フリートに使用するホストコンピュータのハードウェアが決まります。インスタンスタイプごとに異なるコンピューティング、メモリ、GPU が提供されます。インスタンスタイプは、これらの機能に基づいてインスタンスファミリーにグループ分けされます。ハードウェアの仕様と料金情報については、「AppStream 2.0 料金表」を参照してください。

フリートまたは Image Builder を作成するときは、そのフリートを実行するインスタンスファミリと互換性のあるイメージを選択する必要があります。

  • 新しい Image Builder を起動すると、イメージレジストリのイメージの一覧が表示されます。適切なベースイメージを選択します。

  • フリートを起動するときは、選択しているプライベートイメージが適切なベースイメージから作成されたものであることを確認してください。

次の表は、使用可能なインスタンスファミリーの要約と、それぞれのベースイメージ命名形式を提供します。フリートでストリーミングするアプリケーションの要件に基づいて、インスタンスファミリーからインスタンスタイプを選択し、次の表に従ってベースイメージと一致させます。

インスタンスファミリー 説明 ベースイメージ名
汎用 ウェブブラウザとほとんどのビジネスアプリケーションを実行するための基本的なコンピューティングリソース。 AppStream-WinServer-OperatingSystemVersion-MM-DD-YYYY
コンピューティング最適化 高パフォーマンスプロセッサの恩恵を受けるコンピューティング関連アプリケーション向けに最適化します。 AppStream-WinServer-OperatingSystemVersion-MM-DD-YYYY
メモリを最適化

大量のデータを処理するメモリ負荷の高いアプリケーション向けに最適化します。

注記

AppStream 2.0 z1d ベースのインスタンスを使用する場合は、2018 年 6 月 12 日以降に公開された AppStream 2.0 ベースのイメージから作成されたイメージからプロビジョニングする必要があります。

AppStream-WinServer-OperatingSystemVersion-MM-DD-YYYY
Graphics Desktop

NVIDIA GRID K520 GPU を使用して、グラフィックスアクセラレーションの恩恵を受ける、またはそれを必要とするアプリケーションをサポートします。このインスタンスファミリーは DirectX、OpenGL、OpenCL、および CUDA をサポートします。

このインスタンスファミリーは廃止されたため、使用できなくなりました。

Graphics-Desktop-Image-Builder-MM-DD-YYYY
Graphics Pro NVIDIA Tesla M60 GPU を使用し、DirectX、OpenGL、OpenCL、または CUDA を使用してグラフィックアプリケーション向けに高パフォーマンスのワークステーションに似た使い勝手を提供します。 AppStream-Graphics-Pro-OperatingSystemVersion-MM-DD-YYYY
グラフィックスデザイン AMD FirePro S7150x2 サーバー GPU と AMD Multiuser GPU テクノロジーを使用して、DirectX、OpenGL、または OpenCL を使用するグラフィックスアプリケーションをサポートしています。 AppStream-Graphics-Design-OperatingSystemVersion-MM-DD-YYYY
Graphics G4

NVIDIA T4 GPU は、グラフィックスを多用するアプリケーションをサポートするために使用します。

AppStream-Graphics-G4dn-OperatingSystemVersion-MM-DD-YYYY