Amazon AppStream 2.0 Service Quotas - Amazon AppStream 2.0

Amazon AppStream 2.0 Service Quotas

AppStream 2.0 にはさまざまなリソースが用意されており、それらを利用することができます。AppStream 2.0 リソースには、スタック、フリート、イメージ、および Image Builder が含まれます。Amazon Web Services アカウントを作成すると、作成できるリソースの数、および AppStream 2.0 サービスを使用できるユーザー数が、デフォルトのクォータ (制限とも言う) として設定されます。

クォータの引き上げをリクエストするには、https://console.aws.amazon.com/servicequotas/ の [Service Quotas] コンソールを使用します。詳細については、「Service Quotas ユーザーガイド」の「クォータ引き上げのリクエスト」を参照してください。

次の表は、各 AppStream 2.0 リソースと AppStream 2.0 ユーザープール内のユーザーのデフォルトクォータ一覧です。アカウントの実際のクォータは、アカウントを作成した時期に応じて、より大きくても低くてもかまいません。

名前 デフォルト 調整可能
スタック 10 はい
群数 10 はい
コンピュート最適化フリートインスタンス *
  • stream.compute.large: 10

  • stream.compute.xlarge: 10

  • stream.compute.2xlarge: 0

  • stream.compute.4xlarge: 0

  • stream.compute.8xlarge: 0

はい
グラフィックスフリートインスタンス *
  • stream.graphics-design.large: 10

  • stream.graphics-design.xlarge: 10

  • stream.graphics-design.2xlarge: 10

  • stream.graphics-design.4xlarge: 0

  • stream.graphics-desktop.2xlarge: 0

  • stream.graphics-pro.4xlarge: 0

  • stream.graphics-pro.8xlarge: 0

  • stream.graphics-pro.16xlarge: 0

  • stream.graphics.g4dn.xlarge: 0

  • stream.graphics.g4dn.2xlarge: 0

  • stream.graphics.g4dn.4xlarge: 0

  • stream.graphics.g4dn.8xlarge: 0

  • stream.graphics.g4dn.12xlarge: 0

  • stream.graphics.g4dn.16xlarge: 0

はい
メモリ最適化フリートインスタンス *
  • stream.memory.large: 10

  • stream.memory.xlarge: 10

  • stream.memory.2xlarge: 0

  • stream.memory.4xlarge: 0

  • stream.memory.8xlarge: 0

  • stream.memory.z1d.large: 10

  • stream.memory.z1d.xlarge: 10

  • stream.memory.z1d.2xlarge: 0

  • stream.memory.z1d.3xlarge: 0

  • stream.memory.z1d.6xlarge: 0

  • stream.memory.z1d.12xlarge: 0

はい
スタンダードフリートインスタンス *
  • stream.standard.small: 50

  • stream.standard.medium: 50

  • stream.standard.large: 50

  • stream.standard.xlarge: 10

  • stream.standard.2xlarge: 10

はい
イメージビルダー (合計) 10 はい
イメージ 10 はい
コンピューティング最適化 Image Builder インスタンス
  • stream.compute.large: 3

  • stream.compute.xlarge: 3

  • stream.compute.2xlarge: 0

  • stream.compute.4xlarge: 0

  • stream.compute.8xlarge: 0

はい
グラフィックス Image Builder インスタンス
  • stream.graphics-design.large: 3

  • stream.graphics-design.xlarge: 3

  • stream.graphics-design.2xlarge: 3

  • stream.graphics-design.4xlarge: 0

  • stream.graphics-desktop.2xlarge: 0

  • stream.graphics-pro.4xlarge: 0

  • stream.graphics-pro.8xlarge: 0

  • stream.graphics-pro.16xlarge: 0

  • stream.graphics.g4dn.xlarge: 0

  • stream.graphics.g4dn.2xlarge: 0

  • stream.graphics.g4dn.4xlarge: 0

  • stream.graphics.g4dn.8xlarge: 0

  • stream.graphics.g4dn.12xlarge: 0

  • stream.graphics.g4dn.16xlarge: 0

はい
メモリ最適化 Image Builder インスタンス
  • stream.memory.large: 3

  • stream.memory.xlarge: 3

  • stream.memory.2xlarge: 0

  • stream.memory.4xlarge: 0

  • stream.memory.8xlarge: 0

  • stream.memory.z1d.large: 3

  • stream.memory.z1d.xlarge: 3

  • stream.memory.z1d.2xlarge: 0

  • stream.memory.z1d.3xlarge: 0

  • stream.memory.z1d.6xlarge: 0

  • stream.memory.z1d.12xlarge: 0

はい
スタンダード Image Builder インスタンス
  • stream.standard.small: 5

  • stream.standard.medium: 5

  • stream.standard.large: 5

  • stream.standard.xlarge: 3

  • stream.standard.2xlarge: 3

はい
イメージを共有できる AWS アカウントの数 100 はい
送信先リージョンあたりの同時イメージコピー 2 はい
イメージの同時更新数 5 はい
ユーザープールのユーザー 50 はい
Elastic フリートの最大同時セッション数

Amazon Linux 2

  • stream.standard.small: 10

  • stream.standard.medium: 10

  • stream.standard.large: 5

  • stream.standard.xlarge: 2

  • stream.standard.2xlarge: 2

Windows Server 2019

  • stream.standard.small: 10

  • stream.standard.medium: 10

  • stream.standard.large: 5

  • stream.standard.xlarge: 2

  • stream.standard.2xlarge: 2

はい

* AppStream 2.0 インスタンスタイプとサイズクォータは、AWS アカウントや AWS リージョンごとに異なります。同じリージョン内に同じインスタンスタイプとサイズを使用するフリートが複数存在する場合、そのリージョン内のすべてのフリートインスタンスの総数は、該当するクォータ以下でなければなりません。リージョンまたはアベイラビリティーゾーンごとに、使用可能なインスタンスタイプを確認するには、AppStream 2.0 の料金の「AWS リージョンごとの料金 – Always-On、On-Demand、および Image Builder インスタンス」を参照してください。

[Default Internet Access (デフォルトのインターネットアクセス)] が有効になっているフリートの場合、クォータは 100 フリートインスタンスです。デプロイで 100 を超える同時ユーザーをサポートする必要がある場合は、代わりにNAT ゲートウェイ設定を使用します。フリートに対してインターネットアクセスを有効にする方法の詳細については、「インターネットアクセス」を参照してください。