CloudWatch のメトリクスとイベントを使用したコストの管理とクエリのモニタリング - Amazon Athena

CloudWatch のメトリクスとイベントを使用したコストの管理とクエリのモニタリング

ワークグループは、クエリまたはワークグループごとにデータ使用状況の管理制限を設定し、これらの制限を超えたときのアラームをセットアップして、クエリメトリクスを CloudWatch に発行することを可能にします。

各ワークグループに、以下を行えます。

  • クエリごとおよびワークグループごとに [Data usage controls (データ使用量の制御)] を設定し、クエリがしきい値を超えた場合に実行されるアクションを設定する。

  • クエリメトリクスを表示して分析し、それらを CloudWatch に発行する。コンソールでワークグループを作成すると、メトリクスを CloudWatch に発行するための設定が選択されます。API オペレーションを使用する場合は、メトリクスの発行を有効にする必要があります。メトリクスが発行されると、それらが [Workgroups] (ワークグループ) パネルの [Metrics] (メトリクス) タブに表示されます。プライマリワークグループでは、メトリクスはデフォルトで無効になっています。

Video

以下のビデオは、CloudWatch でカスタムダッシュボードを作成し、メトリクスにアラームとトリガーを設定する方法を説明しています。Athena コンソールから、事前入力されているダッシュボードを直接使用して、これらのクエリメトリクスを取り込むことができます。