メニュー
Amazon Athena
ユーザーガイド

クエリ結果

Athena は、クエリ結果を Amazon S3 に保存します。

クエリを実行するたびに以下のファイルが生成されます。

  • CSV 形式で自動的に保存される結果ファイル (*.csv)

  • Athena メタデータファイル (*.csv.metadata)。

必要に応じて、結果ファイルにアクセスして使用できます。Athena がクエリ結果を保存するデフォルトの Amazon S3 バケットは aws-athena-query-results-<ACCOUNTID>-<REGION> です。

クエリ結果のデフォルトの保存先を確認または変更するには、ペインの右上にある [Settings] を選択します。

注記

メタデータファイルを (*.csv.metadata) を削除してもエラーは発生しませんが、クエリに関する重要な情報が失われます。

クエリ結果は、次のようにクエリの名前と実行日に基づいて Amazon S3 の場所に保存されます。

{QueryLocation}/{QueryName|Unsaved}/{yyyy}/{mm}/{dd}/{QueryID}.csv

{QueryLocation}/{QueryName|Unsaved}/{yyyy}/{mm}/{dd}/{QueryID}.csv.metadata

この表記の詳細は以下のとおりです。

  • QueryLocation は、すべてのクエリ結果の基本場所です。この場所を確認または変更するには、[Settings] を選択します。[Query result location] に新しい値を入力して、いつでも保存先を変更できます。Amazon S3 でクエリ結果を暗号化することも指定できます。詳細については「暗号化オプションの設定」を参照してください。

  • QueryName は結果を保存するクエリの名前です。保存していないクエリは Unsaved と表示されます。クエリを一覧表示して、対応する SQL ステートメントを調べるには、[Saved queries] を選択します。

  • yyyy/mm/dd/ は、クエリの実行日です。

  • QueryIDは、クエリの一意の ID です。

クエリ結果の保存

クエリを実行すると、その結果が [Results] ペインに表示されます。

最新のクエリの結果を CSV に保存するには、ファイルアイコンを選択します。

以前に実行したクエリの結果を保存するには、[History] を使用してクエリを見つけ、[Download Results] を選択します。

このページの内容: