Amazon Athena
ユーザーガイド

サービス制限

注記

以下に示す制限について制限緩和のリクエストを行う場合は、AWS サポートまでお問い合わせください。

  • デフォルトでは、アカウントの制限により、以下を送信できます。

    • 20 個の同時 DDL クエリDDL クエリには、CREATE TABLECREATE TABLE ADD PARTITION クエリが含まれます。

    • 20 個の同時 DML クエリDML クエリには、SELECTCREATE TABLE AS (CTAS) クエリが含まれます。

    Athena にクエリを送信すると、全体的なサービス負荷および着信リクエストの量に基づいてリソースが割り当てられ、クエリが処理されます。当社では継続的にサービスをモニタリングして調整を行うため、お客様のクエリはできるだけ短期間で処理されます。

    Athena のサービスの制限は、アカウントのすべてのワークグループ間で共有されます。

    これらはソフト制限であり、制限を引き上げをリクエストできます。Athena におけるこれらの制限は、同時にサービスに送信できるクエリの数として定義されます。同じタイプ (DDL または DML) のクエリを同時に 20 件まで送信できます。クエリの制限を超えるクエリを送信した場合、Athena API は次のエラーメッセージを表示します。「同時実行できるクエリ数の制限を超過しました。このアカウントで送信する同時実行クエリの数を減らしてください。同時実行クエリ制限の増加をリクエストするには、カスタマーサポートにお問い合わせください。」

  • AWS Glue が提供されているリージョンで Athena を使用する場合は、AWS Glue データカタログ に移行します。「AWS Glue データカタログへのステップバイステップのアップグレード」を参照してください。

    • AWS Glue データカタログ に移行済みである場合、Athena のテーブル、データベース、およびパーティションに対するサービスの制限については、「AWS Glue の制限」を参照してください。

    • AWS Glue データカタログ にまだ移行していない場合、テーブルあたりのパーティションの数は 20,000 です。制限の引き上げをリクエストできます。

  • アカウントあたりの Amazon S3 バケットに対する制限 (100 個) が適用される場合があります。また、Athena では結果のログを記録するために別のバケットが必要です。

  • クエリのタイムアウトは 30 分です。

  • 許容される最大クエリ文字列の長さは、262144 バイトです。文字列は UTF-8 でエンコードされます。Athena での列、テーブル、およびデーターベースの命名については、これらのヒントを使用してください。

  • アカウントでリージョンごとに作成できるワークグループの最大数は 1000 です。

  • Athena API には、アカウントごと (クエリごとではありません) の API の呼び出し数に次のデフォルトの制限があります。

    API 名 1 秒あたりのデフォルトの呼び出し数 バーストキャパシティー
    BatchGetNamedQueryListNamedQueriesListQueryExecutions 5 最大 10
    CreateNamedQueryDeleteNamedQueryGetNamedQuery 5 最大 20
    BatchGetQueryExecution 20 最大 40
    StartQueryExecutionStopQueryExecution 20 最大 80
    GetQueryExecutionGetQueryResults 100 最大 200

    たとえば、StartQueryExecution の場合は、1 秒あたり最大 20 回呼び出すことができます。さらに、API が 4 秒間呼び出しを行わなかった場合、アカウントのバーストキャパシティーが最大 80 回まで累積されます。この場合、アプリケーションはバーストモードでこの API を最大 80 回呼び出すことができます。

    これらの API のいずれかを使用し、1 秒あたりの呼び出し数のデフォルト制限、またはアカウントのバーストキャパシティーを超過した場合、Athena API は次のようなエラーを発行します。""ClientError: <API_name> オペレーションの呼び出し中にエラー (ThrottlingException) が発生しました: 速度を超過しました" 1 秒あたりの呼び出し数、またはこのアカウントの API のバーストキャパシティーを減らしてください。AWS サポートに問い合わせて、制限の引き上げをリクエストできます。