Athena リソースへのタグ付け - Amazon Athena

Athena リソースへのタグ付け

タグは、1 つのキーと 1 つの値で構成されており、どちらもお客様側が定義します。Athena リソースにタグを付けるときは、それにカスタムメタデータを割り当てます。タグを使用すると、AWS リソースを目的、所有者、環境などさまざまな方法で分類することができます。Athena では、ワークグループとデータカタログがタグ付け可能なリソースです。たとえば、アカウントにワークグループの一連のタグを作成して、ワークグループの所有者を追跡したり、目的によってワークグループを識別したりできます。また、Billing and Cost Management コンソールでタグをコスト配分タグとして有効にすると、クエリの実行に関連するコストがそのコスト配分タグとともにコストと使用状況レポートに表示されます。AWS タグ付けのベストプラクティスを使用して、組織の要件に適合する一連の一貫したタグを作成することをお勧めします。

タグでの作業には、Athena コンソール、または API オペレーションを使用できます。

タグの基本

タグとは、Athena リソースに割り当てるラベルです。タグはそれぞれ、1 つのキーとオプションの 1 つの値で構成されており、どちらもお客様側が定義します。

タグを使用すると、さまざまな方法で AWS リソースを分類できます。たとえば、各ワークグループの所有者または目的を追跡しやすくするため、アカウントのワークグループに対して一連のタグを定義できます。

新しい Athena ワークグループまたはデータカタログを作成するときにタグを追加する、またはそれらに対してタグを追加、編集、または削除することができます。タグは、コンソールで編集できます。API オペレーションを使用してタグを編集するには、古いタグを削除して新しいタグを追加します。リソースを削除すると、リソースのタグも削除されます。

Athena は、リソースに自動でタグを割り当てません。タグのキーと値は編集でき、タグはリソースからいつでも削除できます。タグの値を空の文字列に設定することはできますが、タグの値を null に設定することはできません。同じリソースに重複したタグキーを追加しないでください。そのようにした場合には、Athena はエラーメッセージを発行します。TagResource アクションを使用して、既存のタグキーを使用してリソースにタグを付けると、新しいタグ値によって古い値が上書きされます。

IAM では、Amazon Web Services アカウント内のどのユーザーがタグを作成、編集、削除、またはリストする許可を持つかを制御できます。詳細については、「タグベースの IAM アクセスコントロールポリシー」を参照してください

Amazon Athena タグアクションの完全なリストについては、「Amazon Athena API リファレンス」で API アクション名を参照してください。

タグは請求に使用できます。詳細については、「AWS Billing and Cost Management ユーザーガイド」の「請求へのタグの使用」を参照してください。

詳細については、「タグの制限」を参照してください

タグの制限

タグには、次の制約があります。

  • Athena では、ワークグループとデータカタログにタグを付けることができます。クエリにタグを付けることはできません。

  • リソースあたりのタグの最大数は 50 です。制限内に収まるようにするには、未使用のタグを確認して削除します。

  • タグキーは、リソースごとにそれぞれ一意である必要があります。また、各タグキーに設定できる値は 1 つのみです。同じリソースに重複したタグキーを同時に追加しないでください。そのようにした場合には、Athena はエラーメッセージを発行します。別の TagResource アクションで既存のタグキーを使用してリソースにタグを付けると、新しいタグ値によって古い値が上書きされます。

  • タグキーの長さは、1~128 文字 (Unicode) (UTF-8) です。

  • タグ値の長さは、0~256 文字 (Unicode) (UTF-8) です。

    タグの追加、編集、削除、一覧表示などのタグ付けオペレーションでは、ワークグループリソースの ARN を指定する必要があります。

  • Athena では、文字、数字、UTF-8 で表現されたスペース、および + - = . _ : / @ の文字を使用できます。

  • タグのキーと値は大文字と小文字が区別されます。

  • タグキーの "aws:" プレフィックスは、AWS 用に予約されています。このプレフィックスが含まれるタグキーを編集したり削除することはできません。このプレフィックスを持つタグは、リソースあたりのタグ数の制限時には計算されません。

  • 割り当てたタグは、お客様の Amazon Web Services アカウントだけに使用できます。