Amazon Athena
ユーザーガイド

Athena が適している用途

Athena では、Amazon S3 に保存された非構造化データ、半構造化データ、および構造化データを分析できます。たとえば、CSV 形式、JSON 形式、列データ形式 (Apache Parquet や Apache ORC など) に対応しています。Athena では、ANSI SQL を使用してアドホッククエリを実行できます。データを Athena 内に集約またはロードする必要はありません。

Athena では Amazon QuickSight との統合により、データを簡単に可視化できます。Athena では、JDBC や ODBC ドライバーを介してビジネスインテリジェンスツールや SQL クライアントに接続し、レポートの生成やデータの探索を行うことができます。詳細については、「Amazon QuickSight にようこそ」 (Amazon QuickSight ユーザーガイド) および「ODBC および JDBC ドライバーを使用した Amazon Athena への接続」を参照してください。

Athena は AWS Glue データカタログ を統合することで、Amazon S3 のデータに対する永続的なメタデータストアを提供します。これにより、AWS アカウント全体で、AWS Glue の ETL およびデータ探索機能が統合された一元的なメタデータストアに基づいて、Athena でのテーブルの作成とデータのクエリを行うことができます。詳細については、AWS Glue 開発者ガイドの「AWS Glue との統合」および「AWS Glue とは」を参照してください。

Athena が活用または統合する AWS サービスの一覧については、「AWS のサービスの Athena との統合」を参照してください。