AWS のサービスの Athena との統合 - Amazon Athena

AWS のサービスの Athena との統合

Athena を使用して、このセクションにリストされている AWS のサービスからのデータをクエリすることができます。各サービスがサポートするリージョンを確認するには、AWS 全般的なリファレンスの「リージョンとエンドポイント」を参照してください。

各統合の詳細については、以下のセクションを参照してください。

AWS CloudFormation
データカタログ

リファレンストピック: AWS CloudFormation ユーザーガイドの「AWS::Athena::DataCatalog

名前、説明、型、パラメータ、およびタグを含めた Athena データカタログを指定します。詳細については、Amazon Athena API リファレンスの「DataCatalog」を参照してください。

名前付きクエリ

リファレンストピック: AWS CloudFormation ユーザーガイドの「AWS::Athena::NamedQuery

AWS CloudFormation を使用して名前付きクエリを指定し、それらを Athena で実行します。名前付きクエリは、クエリ名をクエリにマップしてから、そのクエリを保存されたクエリとして Athena コンソールから実行することを可能にします。詳細については、Amazon Athena API リファレンスの「CreateNamedQuery」を参照してください。

ワークグループ

リファレンストピック: AWS CloudFormation ユーザーガイドの「AWS::Athena::WorkGroup

AWS CloudFormation を使用して Athena ワークグループを指定します。 AWS CloudFormation Athena ワークグループは、ユーザーまたはユーザーのグループのクエリを同じアカウント内の他のクエリから分離するために使用します。詳細については、Amazon Athena ユーザーガイドの「ワークグループを使用してクエリのアクセスとコストを制御する」、および Amazon Athena API リファレンスの「CreateWorkGroup」を参照してください。

Amazon CloudFront

リファレンストピック: 「Amazon CloudFront ログのクエリ

Athena を使用して Amazon CloudFront をクエリします。CloudFront の使用に関する詳細については、Amazon CloudFront デベロッパーガイドを参照してください。

AWS CloudTrail

リファレンストピック: 「AWS CloudTrail ログのクエリ

CloudTrail ログでの Athena の使用は、AWS のサービスのアクティビティ分析を強化するための優れた手段です。例えば、クエリを使用して傾向を識別したり、ソース IP アドレスやユーザーなど属性でアクティビティをさらに分離したりすることが可能です。CloudTrail コンソールからログを直接クエリするためのテーブルを作成して、これらのテーブルを Athena でのクエリの実行に使用することができます。詳細については、「CloudTrail コンソールでの CloudTrail ログ用のテーブルの作成」を参照してください。

Elastic Load Balancing

リファレンストピック: 「Application Load Balancer ログのクエリ

Application Load Balancer のログをクエリすることで、トラフィックの送信元、レイテンシー、Elastic Load Balancing インスタンスとバックエンドアプリケーションとの間で転送されるバイト数を確認できます。詳細については、「ALB ログ用のテーブルの作成」を参照してください。

リファレンストピック: 「Classic Load Balancer ログのクエリ

Classic Load Balancer ログをクエリして、Elastic Load Balancing インスタンスとバックエンドアプリケーションで送受信されるトラフィックのパターンを分析し、理解します。トラフィックの送信元、レイテンシー、および転送されたバイト数を確認できます。詳細については、「ELB ログ用のテーブルの作成」を参照してください。

AWS Glue Data Catalog

リファレンストピック: 「AWS Glue との統合

Athena は、Amazon S3 内のデータに永続的なメタデータストアを提供する AWS Glue Data Catalog と統合します。これにより、Amazon Web Services アカウント全体で利用でき、AWS Glue の ETL およびデータ検出機能と統合された中央メタデータストアに基づいて、Athena でのテーブルの作成とデータのクエリを行うことが可能になります。詳細については、AWS Glue デベロッパーガイドの「AWS Glue との統合」および「AWS Glue とは」を参照してください。

AWS Identity and Access Management (IAM)

リファレンストピック: Amazon Athena 向けのアクション

IAM アクセス許可ポリシーで Athena API アクションを使用することができます。詳細については、Amazon Athena 向けのアクションと「Athena での Identity and Access Management」を参照してください。

Amazon QuickSight

リファレンストピック: 「ODBC および JDBC ドライバーを使用した Amazon Athena への接続

Athena は Amazon QuickSight と統合して、データを簡単に可視化できるようにします。Athena を使用して、JDBC や ODBC ドライバーで接続されたビジネスインテリジェンスツールや SQL クライアントでレポートを生成、またはデータを探索することができます。Amazon QuickSight の詳細については、Amazon QuickSight ユーザーガイドの「Amazon QuickSight とは」を参照してください。Athena での JDBC および ODBC ドライバーの使用に関する詳細については、「ODBC および JDBC ドライバーを使用した Amazon Athena への接続」を参照してください。

Amazon S3 インベントリ

リファレンストピック: Amazon Simple Storage Service デベロッパーガイドの「Amazon Athena で Amazon S3 インベントリをクエリする

Amazon Athena を使用して、標準 SQL を使用した Amazon S3 インベントリのクエリを実行することができます。Amazon S3 インベントリは、ビジネス、コンプライアンス、および規制上のニーズに関するオブジェクトのレプリケーションと暗号化のステータスを監査し、報告するために使用できます。詳細については、Amazon Simple Storage Service デベロッパーガイドの「Amazon S3 インベントリ」を参照してください。

AWS Step Functions

リファレンストピック: AWS Step Functions デベロッパーガイドの「Step Functions で Athena を呼び出す

AWS Step Functions で Athena を呼び出します。AWS Step Functions では、Amazon States Language を直接使用して、AWS のサービスの選択を制御できます。Step Functions を Athena で使用して、クエリの実行の開始と停止、クエリ結果の取得、アドホックまたはスケジュールされたデータクエリの実行、Amazon S3 内のデータレイクからの結果の取得を行うことができます。詳細については、「AWS Step Functions デベロッパーガイド」を参照してください。

動画: AWS Step Functions を使用した Amazon Athena クエリのオーケストレーション

以下の動画では、Amazon Athena と AWS Step Functions を使用して定期的にスケジュールされた Athena クエリを実行し、対応するレポートを生成する方法が紹介されています。

Step Functions と Amazon EventBridge を使用して AWS Glue DataBrew、Athena、および Amazon QuickSight のオーケストレーションを実行する例については、AWS ビッグデータブログの 「AWS Step Functions を使用した AWS Glue DataBrew ジョブと Amazon Athena クエリ のオーケストレーション」を参照してください。

AWS Systems Manager インベントリ

リファレンストピック: AWS Systems Manager ユーザーガイドの「複数のリージョンとアカウントからのインベントリデータをクエリする

AWS Systems Manager インベントリは Amazon Athena と統合され、複数の AWS リージョンおよびアカウントからのインベントリデータをクエリするのに役立ちます。詳細については、AWS Systems Manager ユーザーガイドを参照してください。

Amazon Virtual Private Cloud

リファレンストピック: 「Amazon VPC フローログのクエリ

Amazon Virtual Private Cloud フローログは、VPC 内のネットワークインターフェイス間で送受信される IP トラフィックに関する情報をキャプチャします。Athena のログをクエリしてネットワークトラフィックパターンを調査し、Amazon VPC ネットワーク全体の脅威とリスクを特定します。Amazon VPC の詳細については、Amazon VPC ユーザーガイドを参照してください。