Elastic Load Balancing ロードバランサーを Auto Scaling グループにアタッチする準備をしてください。 - Amazon EC2 Auto Scaling

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Elastic Load Balancing ロードバランサーを Auto Scaling グループにアタッチする準備をしてください。

Elastic Load Balancing ロードバランサーを Auto Scaling グループにアタッチする前に、以下の前提条件を満たす必要があります。

  • Auto Scaling グループにトラフィックをルーティングするために使用するロードバランサーとターゲットグループをすでに作成している必要があります。

    ロードバランサーとターゲットグループを作成するには 2 つの方法があります。

    • Elastic Load Balancing の使用 — Auto Scaling グループを作成する前に、Elastic Load Balancing ドキュメントの手順に従ってロードバランサーとターゲットグループを作成して設定します。Amazon EC2 インスタンスを登録するステップは省略します。Amazon EC2 Auto Scaling は、ターゲットグループを Auto Scaling グループにアタッチすると、自動的にインスタンスの登録 (および登録解除) を行います。詳細については、Elastic Load Balancing ユーザーガイドの Elastic Load Balancing で使用開始 を参照してください。

    • Amazon EC2 Auto Scaling を使用する — Amazon EC2 Auto Scaling コンソールから基本設定を使用してロードバランサーとターゲットグループを作成、設定、アタッチします。詳細については、「Amazon EC2 Auto Scaling コンソールから Application Load Balancer または Network Load Balancer を設定する」を参照してください。

  • ロードバランサーを作成する前に、必要なロードバランサーのタイプを把握しておいてください。詳細については、「Elastic Load Balancing のタイプ」を参照してください。

  • ロードバランサーとそのターゲットグループは、Auto Scaling グループと同じ AWS アカウント、VPC、およびリージョンにある必要があります。

  • ターゲットグループは、instance のターゲットタイプを指定する必要があります。Auto Scaling グループを使用する場合、ip のターゲットタイプを指定することはできません。

  • Auto Scaling グループの起動テンプレートに、ロードバランサーからの必要なインバウンドトラフィックを許可する適切なセキュリティグループが含まれていない場合は、起動テンプレートを更新する必要があります。推奨されるルールは、ロードバランサーのタイプと、ロードバランサーが使用するバックエンドのタイプによって異なります。例えば、トラフィックをウェブ サーバーに送信するには、ロードバランサーからポート 80 でインバウンド HTTP アクセスを許可します。起動テンプレートが変更されても、既存のインスタンスは新しい設定に更新されません。既存のインスタンスを更新するには、インスタンスの更新を開始してインスタンスを置き換えることができます。詳細については、「インスタンスの更新を使用して Auto Scaling グループのインスタンスを更新する」を参照してください。

  • また、起動テンプレートのセキュリティグループでは、Elastic Load Balancing がヘルスチェックを実行できるように、正しいポートのロードバランサーからのアクセスを許可する必要があります。

  • ゲートウェイLoad Balancer の背後に仮想アプライアンスをデプロイする場合、起動テンプレートの Amazon マシンイメージ (AMI) で GENEVE プロトコルをサポートする AMI の ID を指定して、Auto Scaling グループがゲートウェイLoad Balancer とトラフィックを交換できるようにする必要があります。また、起動テンプレートのセキュリティグループは、ポート 6081 で UDP トラフィックを許可する必要があります。

ヒント

完了に時間がかかるブートストラップスクリプトがある場合、必要に応じて起動ライフサイクルフックを Auto Scaling グループに追加して、ブートストラップスクリプトが正常に完了し、インスタンス上のアプリケーションでトラフィックを受け入れる準備ができるまで、ロードバランサーの背後でのインスタンス登録を遅延させることができます。Amazon EC2 Auto Scaling コンソールで Auto Scaling グループを初めて作成するときにライフサイクルフックを追加することはできません。ただし、グループの作成後にライフサイクルフックを追加することはできます。詳細については、「Amazon EC2 Auto Scaling のライフサイクルフック」を参照してください。

ターゲットのヘルスチェックを設定します。

Elastic Load Balancing ロードバランサーに登録されているターゲットのヘルスチェックを設定して、ターゲットがトラフィックを適切に処理できるようにすることができます。具体的な手順は、使用しているロードバランサーのタイプによって異なります。詳細については、以下のリソースを参照してください。

デフォルトでは、Amazon EC2 Auto Scaling はインスタンスを異常とは見なさず、Elastic Load Balancing のヘルスチェックに失敗した場合はそのインスタンスを置き換えます。Auto Scaling グループのデフォルトのヘルスチェックは EC2 ヘルスチェックのみです。詳細については、「Auto Scaling グループ内のインスタンスのヘルスチェック」を参照してください。

Amazon EC2 Auto Scaling が、Elastic Load Balancing によって異常が報告されたインスタンスを置き換えることができるようにするには、Elastic Load Balancing ヘルスチェックを使用するように Auto Scaling グループを設定できます。そうすることで、Amazon EC2 Auto Scaling は、インスタンスが EC2 ヘルスチェックまたは Elastic Load Balancing ヘルスチェックのいずれかに失敗した場合、そのインスタンスは異常であると見なします。複数のロードバランサー ターゲットグループまたは Classic Load Balancer をグループにアタッチする場合、インスタンスが正常と見なされるためには、すべてのロードバランサーが、インスタンスは正常であるとして報告する必要があります。ロードバランサーの 1 つがインスタンスを異常として報告した場合は、他のロードバランサーがこれを正常として報告した場合でも、Auto Scaling グループ はそのインスタンスを置き換えます。

Auto Scaling グループのこれらのヘルスチェックを有効にする方法については、を参照してくださいElastic Load Balancing ロードバランサーを Auto Scaling グループにアタッチします。

注記

これらのヘルスチェックができるだけ早く開始されるようにするには、グループのヘルスチェックの猶予期間が長すぎず、Elastic Load Balancing ヘルスチェックでターゲットがリクエストを処理できるかどうかを判断できるほど長く設定してください。詳細については、「Auto Scaling グループにヘルスチェックの猶予期間を設定する」を参照してください。