Elastic Load Balancing の使用開始の前提条件 - Amazon EC2 Auto Scaling

Elastic Load Balancing の使用開始の前提条件

Elastic Load Balancing ドキュメントの手順に従って、ロードバランサーとターゲットグループを作成します。Amazon EC2 インスタンスを登録するステップは省略します。Amazon EC2 Auto Scaling がインスタンスを自動的に登録します。詳細については、Elastic Load Balancing ユーザーガイドElastic Load Balancing で使用開始 を参照してください。

または、Application Load Balancer またはNetwork Load Balancer を作成したい場合は、ロードバランサーとターゲットグループをここで作成する必要はありません。Amazon EC2 Auto Scaling コンソールから、新しいApplication Load Balancer またはNetwork Load Balancerを作成して添付できます。詳細については、「Amazon EC2 Auto Scaling コンソールから Application Load Balancer または Network Load Balancer を設定する」を参照してください。

必要な場合、Auto Scaling グループの新しい起動テンプレートまたは起動設定を作成します。ロードバランサーの背後にあるインスタンスとの間のトラフィックを制御するセキュリティグループを使用して、起動テンプレートまたは起動設定を作成します。推奨されるルールは、ロードバランサーのタイプと、ロードバランサーが使用するバックエンドのタイプによって異なります。例えば、トラフィックをウェブ サーバーに送信するには、ロードバランサーからポート 80 でインバウンド HTTP アクセスを許可します。

Auto Scaling グループに起動ライフサイクルフックを追加して、インスタンスの設定が完全に適用される前にロードバランサーの背後でそれらが登録されるのを遅らせます。詳細については、「Amazon EC2 Auto Scaling のライフサイクルフック」を参照してください。

いつでも特定の Auto Scaling グループのヘルスチェック設定を設定できます。Elastic Load Balancing のヘルスチェックを追加するには、Auto Scaling グループに Elastic Load Balancing ヘルスチェックを追加するを参照してください。これらのヘルスチェックを追加する前に、起動テンプレートまたは起動設定のセキュリティグループが、ロードバランサーからのアクセスを、Elastic Load Balancingがヘルスチェックを行うための適切なポートで許可していることを確認します。

ゲートウェイ Load Balancer の背後の仮想アプライアンスをデプロイする前に、起動テンプレートまたは起動設定が次の要件を満たしている必要があります。

  • Amazon マシンイメージ (AMI) は、ゲートウェイ Load Balancer を使用して GENEVEをサポートする AMI の ID を指定する必要があります。

  • セキュリティグループは、ポート 6081 で UDP トラフィックを許可する必要があります。

機能制限

  • ロードバランサーとそのターゲットグループは、Auto Scaling グループと同じリージョン に存在する必要があります。

  • ターゲットグループは、instance のターゲットタイプを指定する必要があります。Auto Scaling グループを使用する場合、ipのターゲットタイプを指定することはできません。