Auto Scaling グループへのロードバランサーのアタッチ - Amazon EC2 Auto Scaling (日本語)

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Auto Scaling グループへのロードバランサーのアタッチ

このトピックでは、Auto Scaling グループに Elastic Load Balancing ロードバランサーをアタッチする方法について説明します。

Amazon EC2 Auto Scaling は Elastic Load Balancing と統合されているため、Auto Scaling グループの前にApplication Load Balancer サー、ネットワークロードバランサー、クラシックロードバランサー、またはゲートウェイロードバランサーを挿入できます。Classic ロードバランサーは、EC2-Classic で使用できるロードバランサーの唯一のタイプであることに注意してください。さまざまなタイプのロードバランサーの詳細については、「 Elastic Load Balancing タイプ」を参照してください。

ロードバランサーをアタッチすると、グループのインスタンスの登録中、Adding 状態になります。グループのすべてのインスタンスが登録された後、Added状態。最低 1 つの登録されたインスタンスがヘルスチェックを通過した後、InService 状態になります。ロードバランサーがInService状態では、Amazon EC2 Auto Scaling が異常と報告されたインスタンスはによって終了し、置き換えられます。登録されたインスタンスからヘルスチェックが渡されない場合 (たとえば、誤って設定されたヘルスチェックが原因)、ロードバランサーはInService状態。Amazon EC2 Auto Scaling は、インスタンスを終了したり置き換えたりしません。

ロードバランサーをデタッチすると、グループのインスタンスの登録解除中、Removing 状態になります。登録解除されてもインスタンスは引き続き実行されます。Connection Draining が有効になっている場合、Elastic Load Balancing はインスタンスの登録を解除する前に、処理中リクエストが完了するまでまたは最大タイムアウトが経過するまで (最初に達する方)、インスタンスの登録を待機します。

注記

Connection Draining Load Balancer、Network Load Balancer、Gateway Load Balancer ではデフォルトで有効になっていますが、Classic Load Balancer では有効にする必要があります。

Prerequisites

必要に応じて、Auto Scaling グループの新しい起動テンプレートまたは起動設定を作成します。ロードバランサーの背後にあるインスタンスとの間で送受信されるトラフィックを制御するセキュリティグループを使用して、起動テンプレートまたは起動設定を作成します。推奨ルールは、ロードバランサーのタイプと、ロードバランサーが使用するバックエンドのタイプによって異なります。たとえば、トラフィックをウェブサーバーにルーティングするには、ロードバランサーからポート 80 でインバウンド HTTP アクセスを許可します。

Gateway Load Balancer の背後に仮想アプライアンスをデプロイする前に、起動テンプレートまたは起動設定が次の要件を満たしている必要があります。

  • Amazon マシンイメージ(AMI)では、ゲートウェイLoad Balancer を使用して GENEVEをサポートする AMI の ID を指定する必要があります。

  • セキュリティグループは、ポート 6081 で UDP トラフィックを許可する必要があります。

特定の Auto Scaling グループのヘルスチェック設定はいつでも設定できます。詳細については、「Auto Scaling グループへの Elastic Load Balancing ヘルスチェックを追加する」を参照してください。これらのヘルスチェックを追加する前に、起動テンプレートまたは起動設定に対応したセキュリティグループがあり、Elastic Load Balancing でヘルスチェックを実行するポートで、ロードバランサーからのアクセスが許可されていることを確認してください。

ロードバランサーのアタッチ (コンソール)

既存のロードバランサーのアタッチ

Auto Scaling グループを作成または更新するときに、以下の手順に従って、ロードバランサーをアタッチします。

まず、Elastic Load Balancing ドキュメントの手順に従って、新しいロードバランサーとターゲットグループを作成します。Amazon EC2 インスタンスを登録する手順は省略できます。Amazon EC2 Auto Scaling により自動的にインスタンスが登録されます。詳細については、「」を参照してください。Elastic Load Balancing を開始する()Elastic Load Balancing サーユーザーガイド

新しい Auto Scaling グループを作成するときに既存のロードバランサーをアタッチするには

  1. Amazon EC2 Auto Scaling コンソール () を開きます。https://console.aws.amazon.com/ec2autoscaling/

  2. [Auto Scaling グループの作成] を選択します。

  3. ステップ 1 と 2 で、説明に従ってオプションを選択し、ステップ 3: 詳細オプションを設定する

  4. を使用する場合負荷分散] で、[既存のロードバランサーへのアタッチ

  5. []既存のロードバランサーへのアタッチ[] で、次のいずれかを実行します。

    1. Application Load Balancer、Network Load Balancer、ゲートウェイロードバランサーの場合:

      選択ロードバランサーのターゲットグループから選択する] をクリックし、[既存のロードバランサーのターゲットグループfield。

    2. Classic Load Balancer の場合:

      選択Classic Load Balancer から選択するをクリックし、[クラシックロードバランサーfield。

  6. Auto Scaling グループの作成に進みます。Auto Scaling グループの作成後、インスタンスは自動的にロードバランサーに登録されます。

既存の Auto Scaling グループにロードバランサーをアタッチするには

以下の手順に従って、ロードバランサーを既存の Auto Scaling グループにアタッチします。

  1. Amazon EC2 Auto Scaling コンソール () を開きます。https://console.aws.amazon.com/ec2autoscaling/

  2. 既存のグループの横にあるチェックボックスをオンにします。

    [Auto Scaling グループ] ページの下部に分割ペインが開き、選択したグループに関する情報が表示されます。

  3. [詳細] タブで、[ロードバランシング]、[編集] の順に選択します。

  4. [負荷分散] で、次のいずれかの操作を行います。

    1. を使用する場合アプリケーション、ネットワーク、ゲートウェイのLoad Balancer のターゲットグループで、そのチェックボックスをオンにします。

    2. を使用する場合クラシックロードバランサーで、そのチェックボックスをオンにします。

  5. [更新] を選択します。

新しいApplication Load Balancer またはNetwork Load Balancer の作成および

ロードバランシングされたアプリケーションをセットアップしやすくするために、Auto Scaling グループの作成時に、以下の手順に従って、Application Load Balancer またはNetwork Load Balancer を作成してアタッチできます。

重要

Auto Scaling グループを作成した後、HTTPS などの安全なプロトコルや UDP リスナーを使用してリスナーを作成する必要がある場合は、Elastic Load Balancing コンソールを使用して追加のリスナーを作成する必要があります。別のポートを使用する限り、既存のロードバランサーに別のリスナーを追加できます。

新しい Auto Scaling グループの作成時に新しいロードバランサーを作成してアタッチするには

  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインの [Auto Scaling] で、[Auto Scaling グループ] を選択します。

  3. [Auto Scaling グループの作成] を選択します。

  4. ステップ 1 と 2 で、説明に従ってオプションを選択し、ステップ 3: 詳細オプションを設定する

  5. を使用する場合負荷分散] で、[新しいロードバランサーのアタッチ

    1. []新しいロードバランサーのアタッチ, 用ロードバランサーのタイプで、Application Load Balancer または Network Load Balancer のどちらを作成するか

    2. を使用する場合Load balancer nameに、ロードバランサーの名前を入力するか、デフォルトの名前を維持します。

    3. を使用する場合ロードバランサーのスキームで、インターネット向けパブリックロードバランサーを作成するか、内部向けロードバランサーのデフォルト設定を保持するかを選択します。

    4. を使用する場合アベイラビリティーゾーンおよびサブネットEC2 インスタンスの起動先として選択した各アベイラビリティーゾーン (ステップ 2 から事前入力) について、それらのアベイラビリティーゾーンのパブリックサブネットを選択します。

    5. を使用する場合リスナーとルーティングをクリックし、リスナーのポート番号を更新し (必要な場合)、デフォルトルーティング] で、[ターゲットグループの作成。または、ドロップダウンリストから既存のターゲットグループを選択します。

    6. [] を選択した場合ターゲットグループの作成最後のステップで、新しいターゲットグループ名に、ターゲットグループの名前を入力するか、デフォルト名のままにします。

    7. タグを追加するには、タグの追加をクリックし、タグごとにタグキーと値を指定します。

  6. Auto Scaling グループの作成に進みます。Auto Scaling グループの作成後、インスタンスは自動的にロードバランサーに登録されます。

ロードバランサーのアタッチ (AWS CLI)

ターゲットグループをアタッチした Auto Scaling グループを作成するには

以下のをで使用します。create-auto-scaling-groupコマンドを--target-group-arnsオプションを使用して、ターゲットグループをアタッチした Auto Scaling グループを作成します。Application Load Balancer、Network Load Balancer、Network Load Balancer、ゲートウェイロードバランサーについて、ターゲットグループの Amazon Resource Name (ARN) を指定します。

aws autoscaling create-auto-scaling-group --auto-scaling-group-name my-asg \ --launch-template "LaunchTemplateName=my-launch-template,Version=1" \ --vpc-zone-identifier "subnet-5ea0c127,subnet-6194ea3b,subnet-c934b782" \ --target-group-arns "arn:aws:elasticloadbalancing:region:123456789012:targetgroup/my-targets/1234567890123456" \ --max-size 5 --min-size 1 --desired-capacity 2

既存の Auto Scaling グループにターゲットグループをアタッチするには

以下のをで使用します。attach-load-balancer-target-groupsコマンドを使用して、Auto Scaling グループにターゲットグループ (インスタンス ID でターゲットを登録する場所) をアタッチします。

aws autoscaling attach-load-balancer-target-groups --auto-scaling-group-name my-asg \ --target-group-arns "arn:aws:elasticloadbalancing:region:123456789012:targetgroup/my-targets/1234567890123456"

Classic Load Balancer がアタッチされた Auto Scaling グループを作成するには

以下のをで使用します。create-auto-scaling-groupコマンドを--load-balancer-namesオプションを使用して、アタッチされたClassic Load Balancer を持つ Auto Scaling グループを作成します。

aws autoscaling create-auto-scaling-group --auto-scaling-group-name my-asg \ --launch-configuration-name my-launch-config \ --vpc-zone-identifier "subnet-5ea0c127,subnet-6194ea3b,subnet-c934b782" \ --load-balancer-names "my-load-balancer" \ --max-size 5 --min-size 1 --desired-capacity 2

既存の Auto Scaling グループにClassic Load Balancer をアタッチするには

以下のをで使用します。attach-load-balancersコマンドを使用して、指定したClassic Load Balancer を Auto Scaling グループにアタッチします。

aws autoscaling attach-load-balancers --auto-scaling-group-name my-asg \ --load-balancer-names my-lb

ロードバランサーのアタッチ

ロードバランサーが不要になったら、以下の手順に従って、Auto Scaling グループからデタッチします。

グループからロードバランサーをデタッチするには

  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインの [Auto Scaling] で、[Auto Scaling グループ] を選択します。

  3. 既存のグループの横にあるチェックボックスをオンにします。

    [Auto Scaling グループ] ページの下部に分割ペインが開き、選択したグループに関する情報が表示されます。

  4. [詳細] タブで、[ロードバランシング]、[編集] の順に選択します。

  5. [負荷分散] で、次のいずれかの操作を行います。

    1. を使用する場合アプリケーション、ネットワーク、ゲートウェイのLoad Balancer のターゲットグループで、ターゲットグループの横にある削除アイコン (X) を選択します。

    2. を使用する場合クラシックロードバランサーで、ロードバランサーの横にある削除アイコン (X) を選択します。

  6. [Update (更新)] を選択する

ターゲットグループをデタッチするには (AWS CLI)

以下のをで使用します。detach-load-balancer-target-groupsコマンドを使用して、ロードバランサーが不要になったら、Auto Scaling グループからターゲットグループをデタッチします。

aws autoscaling detach-load-balancer-target-groups --auto-scaling-group-name my-asg \ --target-group-arns "arn:aws:elasticloadbalancing:region:123456789012:targetgroup/my-targets/1234567890123456"

Classic Load Balancer をデタッチするには(AWS CLI)

以下のをで使用します。detach-load-balancersコマンドを使用して、ロードバランサーが不要になったら、Auto Scaling グループからClassic Load Balancer をデタッチします。

aws autoscaling detach-load-balancers --auto-scaling-group-name my-asg \ --load-balancer-names my-lb