Auto Scaling グループへのロードバランサーの添付 - Amazon EC2 Auto Scaling (日本語)

Auto Scaling グループへのロードバランサーの添付

このトピックでは、Auto Scaling グループに Elastic Load Balancing ロードバランサーを添付する方法について説明します。Amazon EC2 Auto Scaling は Elastic Load Balancing と統合されていて、Auto Scaling グループの前にApplication Load Balancer、Network Load Balancer、Classic Load Balancer、またはゲートウェイ Load Balancerを挿入できます。Classic Load Balancerは、EC2-Classic で使用できるロードバランサーの唯一のタイプです。さまざまなタイプのロードバランサーの詳細については、「 Elastic Load Balancing のタイプ」を参照してください。

Application Load Balancer、Network Load Balancer、または ゲートウェイ Load Balancer を添付する場合は、ターゲットグループを添付します。Amazon EC2 Auto Scaling は、インスタンスが起動されたときに、アタッチされたターゲットグループにインスタンスを追加します。一つもしくは複数のターゲットグループを添付し、ターゲットグループごとにヘルスチェックを設定できます。

ロードバランサーの状態を理解する

ロードバランサーをアタッチすると、グループのインスタンスの登録中、Adding 状態になります。グループのすべてのインスタンスがメンバーとされると、Added の状態になります。最低 1 つの登録されたインスタンスがヘルスチェックを通過した後、InService 状態になります。ロードバランサーが InService 状態にある場合、Amazon EC2 Auto Scalingは異常と報告されたインスタンスを 終了し、置き換えることができます。メンバーとされたインスタンスがヘルスチェックに合格しない場合 (例えば、誤って設定されたヘルスチェックが原因)、ロードバランサーは InService 状態に入力しません。Amazon EC2 Auto Scaling はインスタンスを終了し置き換えをすることはありません。

ロードバランサーをデタッチすると、グループのインスタンスの登録解除中、Removing 状態になります。登録解除されてもインスタンスは引き続き実行されます。デフォルトでは、Connection Draining はApplication Load Balancers、Network Load Balancers、ゲートウェイ Load Balancers に対して有効になっています。Connection Draining が有効になっている場合、Elastic Load Balancing は、処理中のリクエストが完了するまで、または最大タイムアウトの期限が切れるまで (どちらか早い方)待機してから、インスタンスの登録を解除します。

既存のロードバランサーの添付

グループを作成または更新するときに、既存のロードバランサーを Auto Scaling グループに添付できます。グループの作成と同時に、新しいApplication Load Balancer またはNetwork Load Balance を作成して添付したい場合は、「Amazon EC2 Auto Scaling コンソールを使用して、Application Load Balancer またはNetwork Load Balancerを設定します。」を参照してください。

新しい Auto Scaling グループを作成しているときに、既存のロードバランサーを添付するには

  1. Amazon EC2 Auto Scaling コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2autoscaling/) を開きます。

  2. [Auto Scaling グループの作成] を選択します。

  3. ステップ 1 と 2 では、必要に応じてオプションを選択し、「ステップ 3: アドバンスト オプションを設定する」へ進みます。

  4. [ロードバランシング] では、[既存のロードバランサーへの添付]を選択します。

  5. [既存のロードバランサーへの添付]で、次のいずれかの操作を行います:

    1. Application Load Balancerでは、Network Load Balancers、および ゲートウェイ Load Balancers :

      [ロードバランサーのターゲットグループから選択する] を選択して、[既存のロードバランサー ターゲットグループ]でターゲットグループを選択します。

    2. Classic Load Balancerでは:

      選択[ Classic Load Balancerから選択]を選択して、[Classic Load Balancer]でロードバランサーを選択します。

  6. Auto Scaling グループの作成に進みます。Auto Scaling グループの作成後、インスタンスは自動的にロードバランサーにメンバーとされます。

既存の Auto Scaling グループに既存のロードバランサーを添付するには

次の手順に従って、ロードバランサーを既存の Auto Scaling グループに添付します。

  1. Amazon EC2 Auto Scaling コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2autoscaling/) を開きます。

  2. 既存のグループの横にあるチェックボックスをオンにします。

    [Auto Scaling グループ] ページの下部に分割ペインが開き、選択したグループに関する情報が表示されます。

  3. [詳細] タブで、[ロードバランシング]、[編集] の順に選択します。

  4. [負荷分散] で、次のいずれかの操作を行います。

    1. Application, Network または ゲートウェイ Load Balancer のターゲットグループ」で、そのチェックボックスを選択してターゲットグループを選択します。

    2. Classic Load Balancerで、そのチェックボックスを選択してロードバランサーを選択します。

  5. [Update (更新)] を選択します。

Amazon EC2 Auto Scaling コンソールを使用して、Application Load Balancer またはNetwork Load Balancerを設定します。

以下の手順に従い、Auto Scaling グループを作成するときに、Application Load Balancer または Network Load Balancer を作成して添付します。

新しい Auto Scaling グループの作成時に、新しいロードバランサーを作成して添付するには

  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインの [Auto Scaling] で、[Auto Scaling グループ] を選択します。

  3. [Auto Scaling グループの作成] を選択します。

  4. ステップ 1 と 2 では、必要に応じてオプションを選択し、「ステップ 3: アドバンストオプションを設定する」へ進みます。

  5. [ロードバランシング] で、[新しいロードバランサーに添付する]を選択します。

    1. [新しいロードバランサーに添付する]で、[ロードバランサーのタイプ]にApplication Load Balancer または Network Load Balancer のいずれを作成するかを選択します。

    2. [ロードバランサー名]で、ロードバランサーの名前を入力するか、デフォルトの名前のままにします。

    3. [ロードバランサーの仕組み]で、インターネット向け 公開ロードバランサーを作成するか、内部向けロードバランサーのデフォルトのままにするかを選択します。

    4. [アベイラビリティーゾーンおよびサブネット]で、EC2 インスタンスを起動するために選択した各アベイラビリティーゾーンに対して、パブリックサブネットを選択します。(これらは、ステップ 2 で事前設定されます)。

    5. [リスナーとルーティング]をクリックし、リスナーのポート番号を更新し (必要な場合)、[デフォルトルーティング] で、[ターゲットグループの作成]を選択します。または、ドロップダウンリストから既存のターゲットグループを選択することができます。

    6. 最後のステップで、[ターゲットグループの作成] を選択した場合、[新しいターゲットグループ名]にターゲットグループの名前を入力するか、デフォルトの名前のままにします。

    7. タグを追加するには、[タグの追加] を選択し、各タグのタグキーと値を提供します。

  6. Auto Scaling グループの作成に進みます。Auto Scaling グループの作成後、インスタンスは自動的にロードバランサーにメンバーとされます。

    注記

    Auto Scaling グループを作成したら、Elastic Load Balancing コンソールを使用して追加のリスナーを作成できます。これは、HTTPS などの安全なプロトコルや UDP リスナーを使用してリスナーを作成する必要がある場合に便利です。異なるポートを使用していれば、既存のロードバランサーにもっとリスナーを追加できます。

ロードバランサーをデタッチする

ロードバランサーが不要になった場合、以下の手順に従って、Auto Scaling グループからデタッチします。

グループからロードバランサーをデタッチするには

  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインの [Auto Scaling] で、[Auto Scaling グループ] を選択します。

  3. 既存のグループの横にあるチェックボックスをオンにします。

    [Auto Scaling グループ] ページの下部に分割ペインが開き、選択したグループに関する情報が表示されます。

  4. [詳細] タブで、[ロードバランシング]、[編集] の順に選択します。

  5. [負荷分散] で、次のいずれかの操作を行います。

    1. [Application、 Network またはゲートウェイ Load Balancerのターゲットグループ] で、ターゲットグループの横にある削除 (X) アイコンを選択します。

    2. [Classic Load Balancer] で、ロードバランサーの横にある削除 (X) アイコンを選択します。

  6. [Update (更新)] を選択する