スケーリングプランとは? - AWS Auto Scaling

スケーリングプランとは?

スケーリングプランを使用して関連したスケーラブル リソースの Auto Scaling をわずか数分で構成できます。例えば、タグを使用して、生産、テスト、開発などのカテゴリでリソースをグループ化できます。次に、各カテゴリに属するスケーラブル リソースのスケーリングプランを検索して設定できます。または、クラウド インフラストラクチャに AWS CloudFormation が含まれている場合、リソースのコレクションを作成するために使用するスタックテンプレートを定義できます。次に、各スタックに属するスケーラブル リソースのスケーリングプランを作成します。

サポートされるリソース

AWS Auto Scaling は、次のサービスとリソースのスケーリングプランの使用をサポートしています。

  • Amazon Aurora は、 Aurora DB クラスター用にプロビジョニングされた Aurora リードレプリカの数を増減します。

  • Amazon EC2 Auto Scaling は、Auto Scaling グループの容量を希望に応じて増減して、EC2 インスタンスを起動または終了します。

  • Amazon Elastic Container Service は、 Amazon ECS のタスク数を希望に応じて増減します。

  • Amazon DynamoDB は、DynamoDB テーブルまたはグローバル セカンダリ インデックス用にプロビジョニングされた読み取りと書き込み容量を増減します。

  • スポットフリートは、スポットフリートのターゲット容量を増減して、EC2 インスタンスを起動または終了します。

スケーリングプランの特徴と利点

スケーリングプランには次の特徴と利点があります。

  • リソース検出 – AWS Auto Scaling は、スケーリング可能なリソースをアプリケーション内で見つけるため、リソースを自動的に検出します。

  • 動的スケーリング – スケーリングプランは Amazon EC2 Auto Scaling とApplication Auto Scaling サービスを使用して、スケーラブルなリソース容量を調整することにより、通信量やワークロードの変化に対処します。動的スケーリング メトリクスは標準使用率またはスループット メトリクス、あるいはカスタム メトリクスです。

  • 組込み型スケーリングの推奨事項 – AWS Auto Scaling は、スケーリング戦略とパフォーマンス、コスト、または両者のバランスを最適化するために適用できる推奨事項を示します。

  • 予測スケーリング – スケーリングプランは、Auto Scaling グループの予測スケーリングもサポートします。これにより、定期的にスパイクが発生している場合、Amazon EC2 の容量を迅速に拡張できます。

重要

Auto Scaling グループの予測スケーリングを設定するときのみにスケーリングプランを使用している場合は、代わりに Auto Scaling グループの予測スケーリングポリシーを使用することを強くお勧めします。最近導入されたこのオプションは、メトリクス集計を使用して新しいカスタムメトリクスを作成やブルー/グリーン展開全体のメトリクスデータ履歴を保持など、強化された機能を提供します。詳細については、「Amazon EC2 Auto Scaling ユーザーガイド」の「Amazon EC2 Auto Scaling の予測スケーリング」を参照してください。

開始方法

次のリソースを使ってスケーリングプラン作成に活用します。

スケーリングプランを使用

次のインターフェイスのいずれかを使用してスケーリングプランの作成、アクセス、管理することできます。

  • AWS Management Console – スケーリングプランをアクセスする際に使用するウェブ インターフェイスを提供します。AWS アカウント にサインアップ済みの場合は、ナビゲーションバーの検索ボックスを使用して AWS Auto Scaling を検索し、AWS Auto Scaling を選択してから、AWS Management Console にサインアップすると、スケーリングプランにアクセスできます。

  • AWS Command Line Interface (AWS CLI) – さまざまな AWS のサービス のコマンドを提供し、Windows、macOS、Linux でサポートされています。開始するには、「AWS Command Line Interface ユーザーガイド」を参照してください。詳細については、AWS CLI コマンドリファレンスの「autoscaling-plans」を参照してください。

  • AWS Tools for Windows PowerShell – PowerShell 環境でスクリプトを作成するユーザー向けに、さまざまな AWS 製品用のコマンドが用意されています。使用を開始するには、「 AWS Tools for Windows PowerShellユーザーガイド」を参照してください。詳細については、「AWS Tools for PowerShell Cmdlet Reference」を参照してください。

  • AWS SDK – 言語固有の API オペレーションを提供し、署名の計算、リクエストの再試行処理、エラー処理など、接続のさまざまな詳細に対処します。詳細については、AWSSDK をご参照ください。

  • クエリ API – HTTPS リクエスを使用して呼び出す低レベル API アクションを提供します。クエリ API の使用は、AWS のサービス にアクセスする最も直接的な方法です。ただし、リクエストに署名するハッシュの生成やエラー処理など、アプリケーションが低レベルな作業を処理することを要求します。詳細については、AWS Auto Scaling API リファレンスを参照してください。

  • AWS CloudFormation – CloudFormation テンプレートを使用したスケーリングプランの作成をサポートします。詳細については、AWS CloudFormationユーザーガイドAWS::AutoScalingPlans::ScalingPlan リファレンスを参照してください。

AWS のサービス にプログラムで接続するため、エンドポイントを使用します。AWS Auto Scaling へのコールのエンドポイントについては、AWS 全般リファレンスの「AWS Auto Scalingエンドポイントとクォータ」、AWSシークレットリージョンユーザーガイドの、、。このページはには、スケーリングプランのリージョン別利用可能性についても表示されます。

料金

すべてのスケーリングプラン機能が使用可能です。この機能は、CloudWatch および使用されている他の AWS クラウド リソースのサービス料金以外の追加料金なしで提供されます。