リソースをクリーンアップする - AWS Backup

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

リソースをクリーンアップする

AWS Backup での開始方法」のすべてのタスクを実行した後は、作成した内容をクリーンアップして、不要な課金が発生しないようにします。

ステップ 1: 復元された削除AWSのリソース

を削除するにはAWSリソースがある場合は、そのサービスのコンソールを使用します。たとえば、Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリュームや Amazon DynamoDB テーブルなど、復旧ポイントから復元したリソースがある場合は、そのサービスのコンソールを使用します。たとえば、Amazon Elastic File System (Amazon EFS) ファイルシステムを削除するには、Amazon EFS コンソール

注記

これは、バックアップボールトに保存されている復旧ポイントではなく、復元されたリソースを指します。

ステップ 2: バックアッププランの削除

スケジュールされたバックアップを作成しない場合は、バックアッププランを削除する必要があります。プランを削除する前に、バックアッププランのすべてのリソース割り当てを削除する必要があります。

バックアッププランを削除するには、以下のステップを実行します。

バックアッププランを削除するには

  1. を開くAWS Backupコンソールhttps://console.aws.amazon.com/backup

  2. ナビゲーションペインで、[Backup plans (バックアッププラン)] を選択します。

  3. [Backup plans (バックアッププラン)] ページで、削除するバックアッププランを選択します。そのバックアップの詳細ページが表示されます。

  4. プランのリソース割り当てを削除するには、割り当て名の横にあるラジオボタンを選択し、[Delete (削除)] を選択します。

  5. バックアッププランを削除するには、ページの右上隅にある [Delete (削除)] を選択します。

  6. 確認ページで、プラン名を入力して [Delete (削除)] を選択します。

ステップ 3: 復旧ポイントの削除

次に、バックアップボールトにあるバックアップ復旧ポイントを削除できます。

復旧ポイントの削除

  1. AWS Backup コンソールのナビゲーションペインで、[Backup vaults (バックアップボールト)] を選択します。

  2. [Backup vaults (バックアップボールト)] ページで、バックアップを保存したバックアップボールトを選択します。

  3. 復旧時点を確認し、[] を選択します。削除

  4. 複数の回復ポイントを削除する場合は、次の手順を実行します。

    1. 削除するリカバリポイントの一覧を確認します。

    2. リストを編集するには、[] を選択します。選択の変更

    3. リストに連続バックアップが含まれている場合は、連続バックアップデータを保持するか削除するかを選択します。

    4. リストされているすべての回復ポイントを削除するには、delete[] を選択してから、[復旧ポイントの削除

      ページ上部に緑色の成功バナーが表示されるまで、ブラウザのタブを開いたままにします。

      このタブを途中で閉じると、削除処理が終了し、削除したい復旧ポイントの一部が残る場合があります。

ステップ 4: バックアップボールトの削除

削除することはできませんデフォルトバックアップボールトAWS Backup。ただし、別のバックアップボールトを作成した場合は、バックアップを削除してバックアップボールと空にします。その後、バックアップボールトを選択して、[Delete (削除)] を選択します。