AWS Batch
ユーザーガイド

CloudWatch イベント の AWS Batch イベントストリーム

CloudWatch イベント の AWS Batch イベントストリームを使用して、ジョブキューに送信されたジョブの現在の状態に関する通知を、ほぼリアルタイムで受け取ることができます。

CloudWatch イベント を使用すると、ジョブの進行状況のモニタリング、複雑な依存関係を持つ AWS Batch カスタムワークフローの構築、ジョブの実行に関連する使用状況レポートやメトリクスの生成、または独自のカスタムダッシュボードの構築ができます。AWS Batch および CloudWatch イベント では、AWS Batch を継続的にポーリングしてジョブのステータスの変更を確認するコードのスケジュールとモニタリングを排除できます。代わりに、CloudWatch イベント ターゲット (AWS Lambda、Amazon Simple Queue Service、Amazon Simple Notification Service、Amazon Kinesis Data Streams など) を使用して、AWS Batch ジョブの状態の変更を非同期的に処理できます。

AWS Batch イベントストリームのイベントは、少なくとも 1 回必ず送信されます。重複したイベントが送信された場合、イベントは重複を識別するために十分な情報を提供します (イベントのタイムスタンプとジョブの状態を比較できます)。

AWS Batch ジョブは CloudWatch イベント ターゲットとして使用できます。すぐに設定できる簡単なルールを使用して、ルールに一致したイベントに応じて AWS Batch ジョブを送信できます。詳細については、Amazon CloudWatch Events ユーザーガイド の「Amazon CloudWatch Events とは」を参照してください。CloudWatch イベント を使用して、cron 式や rate 式により特定の時間に自己トリガーする自動アクションをスケジュールすることもできます。詳細については、Amazon CloudWatch Events ユーザーガイドの「ルールのスケジュール式」を参照してください。チュートリアル例については、「CloudWatch イベント ターゲットとしての AWS Batch ジョブ」を参照してください。