AWS Batch
ユーザーガイド

ジョブの依存関係

AWS Batch ジョブを送信する際に、そのジョブが依存するジョブ ID を指定できます。この場合、AWS Batch スケジューラにより、ジョブは指定された依存関係が正常に完了した後にのみ実行されます。成功すると、依存するジョブが PENDING から RUNNABLE に移行し、その後 STARTINGRUNNING と移行します。いずれかのジョブ依存関係が失敗すると、依存するジョブは自動的に PENDING から FAILED に移行します。

たとえば、ジョブ A は実行前に成功する必要がある他のジョブとの依存関係を最大 20 個記述できます。その後、ジョブ A および他の 19 個のジョブに依存する追加ジョブを送信できます。

配列ジョブの場合、ジョブ ID を指定せずに SEQUENTIAL タイプの依存関係を指定できます。こうすることで各子配列ジョブがインデックス 0 から開始して連続的に完了します。また、ジョブ ID を使用して N_TO_N タイプの依存関係を指定することもできます。この場合、このジョブの各インデックスの子は各依存関係の対応するインデックスの子が完了するまで待機してから開始されます。詳細については、「配列ジョブ」を参照してください。

依存関係を持つ AWS Batch ジョブを送信するには、「ジョブの送信」を参照してください。