ジョブの送信 - AWS Batch

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ジョブの送信

ジョブ定義を登録したら、ジョブとして ジョブ AWS Batch キューに送信できます。ジョブ定義で指定されたパラメーターの多くは、実行時にオーバーライドできます。

ジョブを送信するには
  1. https://console.aws.amazon.com/batch/ で AWS Batch コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションバーから、 AWS リージョン 使用する を選択します。

  3. ナビゲーションペインで ジョブを選択します。

  4. ジョブの送信を選択します。

  5. 名前 に、一意のジョブ定義名を入力します。名前の最大長は 128 文字です。大文字、小文字、数字、ハイフン(-)、アンダースコア(_) を含めることができます。

  6. ジョブ定義で、作成済みのジョブ定義を選択します。詳細については、シングルノードのジョブ定義を作成する を参照してください。

  7. ジョブキューで、既存のジョブキューを選択します。詳細については、ジョブキューの作成を参照してください。

  8. ジョブ依存関係を追加 を選択します。

    1. ジョブ IDには、すべての依存関係のジョブ ID を入力します。次に ジョブの依存関係を追加 を選択します。ジョブは最大 20 個の依存関係を持つことができます。詳細については、ジョブの依存関係を参照してください。

  9. (配列ジョブのみ) Array size] (配列サイズ) で、配列サイズを 2 から 10,000 の間で指定します。

  10. (オプション)タグを展開し、タグを追加 を選択してリソースにタグを追加します。キーとオプショナル値を入力し、新しいタグを追加を選択します。

  11. 次のページ を選択します。

  12. ジョブオーバーライドセクションで:

    1. (オプショナル) スケジュールの優先度 には、0 から 100 までのスケジューリング優先度の値を入力します。値が大きいほど優先度が高くなります。

    2. (オプショナル) Job 試行回数 には、 AWS Batch ジョブをステータスに移行しようとするRUNNABLE 最大回数を入力します。1から10までの数字を入力できます。詳細については、ジョブの再試行の自動化を参照してください。

    3. (オプション) 実行タイムアウト で、タイムアウト値 (秒単位) を入力します。実行タイムアウトは、未完了のジョブが終了するまでの時間です。試行がタイムアウト時間を超えた場合、試行は中止され、FAILEDのステータスに移行します。詳細については、ジョブのタイムアウトを参照してください。最小値は 60 秒です。

      重要

      Fargateリソースで実行されるジョブが14日以上実行されることを当てにしないでください。14日後、ファーゲートのリソースは使用できなくなり、仕事が打ち切られる可能性があります。

    4. (オプション) タグを伝播 をオンにして、タグをジョブとジョブ定義から Amazon ECS タスクに伝達することができます。

  13. Additional configuration] (追加設定) を展開します。

  14. (オプション) 再試行戦略の条件 では、終了時に評価を追加 を選択します。少なくとも 1 つのパラメータ値を入力し、アクション を選択します。条件セットごとに、アクション再試行 または 終了 に設定する必要があります。これらのアクションは、以下のことを意味します。

    • 再試行 — 指定したジョブ試行回数に達するまで AWS Batch 再試行します。

    • 終了 — ジョブの再試行を AWS Batch 停止します。

    重要

    終了時に評価を追加 を選択した場合は、少なくとも 1 つのパラメータを設定してアクション を選択するか、終了時に評価を削除 を選択します。

  15. パラメーターパラメーターの追加 を選択し、パラメーター置換プレースホルダーを追加します。キーを入力し、オプションで を入力します。

  16. コンテナオーバーライドセクションで:

    1. Command] (コマンド) で、コンテナに渡すコマンドを指定します。単純なコマンドの場合は、コマンドプロンプトと同じようにコマンドを入力します。より複雑なコマンド (特殊文字など) には、JSON 構文を使用してください。

      注記

      このパラメータには空の文字列を含めることはできません。

    2. vCPU で、コンテナ用に予約する vCPU の数を指定します。このパラメータは、Docker Remote API コンテナの作成セクションの CpuShares にマップされ、また--cpu-shares オプションは docker run にマップされます。各 vCPU は 1,024 個の CPU 配分に相当します。少なくとも 1 つの vCPU を指定する必要があります。

    3. メモリ で、コンテナで使用できるメモリ制限を入力します。コンテナは、ここで指定したメモリを超えようとすると、停止されます。このパラメータは、Docker Remote API コンテナの作成セクションの Memory にマップされ、また--memory オプションは docker run にマップされます。ジョブに対して少なくとも 4 MiB のメモリを指定する必要があります。

      注記

      特定のインスタンスタイプのジョブにメモリの優先順位を付けることで、リソース使用率を最大化できます。詳細については、コンピューティングリソースメモリ管理を参照してください。

    4. (オプショナル) GPU の数 には、コンテナ用に予約する GPU の数を選択します。

    5. (オプション) 環境変数環境変数を追加 を選択し、環境変数を名前と値のペアとして追加します。これらの変数は、コンテナに渡されます。

    6. 次のページ を選択します。

    7. ジョブレビューについては、設定手順を確認してください。変更する必要がある場合は、Edit] (編集) を選択します。完了したら、ジョブ定義の作成 を選択します。