モデルアクセス - Amazon Bedrock

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

モデルアクセス

Amazon Bedrock ユーザーがモデルを使用するには、まずそのモデルへのアクセスをリクエストする必要があります。モデルアクセスは Amazon Bedrock コンソールでのみ管理できます。モデルへのアクセスをリクエストするには、Amazon Bedrock コンソールの左側のナビゲーションパネルにあるモデルアクセスリンクを選択します。

モデルアクセスを管理する

このアカウントは、デフォルトではモデルへのアクセス許可を持っていません。IAM アクセス許可を持つ管理者ユーザーは、[モデルアクセス] ページを使用して特定のモデルへのアクセス許可を追加できます。管理者がモデルへのアクセス許可を追加すると、そのモデルは管理者アカウントのすべてのユーザーがアクセスできるようになります。

モデルを Amazon Bedrock で使用すると、料金が発生します。各モデルのリンクを選択すると、エンドユーザーライセンス契約 (EULA) を確認できます。

モデルアクセスを追加または削除するには、[モデルアクセスを管理] を選択します。

モデルアクセスを編集する

Amazon Bedrock でモデルを使用するための、モデルへのアクセス許可をリクエストすることができます。本ページでは、LLM のベースモデルからテキスト、イメージ、埋め込みモデルに至る、モデルの一覧を示します。どのモデルにアクセスできるかを確認するには、ステータスを確認します。モデルがテキスト、埋め込み、イメージのどれに使用されているかは、[モダリティ] に示されます。

モデルアクセスを追加する

Amazon Bedrock のモデルへのアクセス許可を追加するには、以下の手順を実行します。

  1. Amazon Bedrock コンソール」をクリックして、 Amazon Bedrock コンソールを開きます。

  2. Amazon Bedrock の左側のナビゲーションパネルにある [モデルアクセス] リンクに移動するか、[モデルアクセスを編集] ページに移動します。

  3. アクセス許可を追加したいモデルの横にあるチェックボックスをオンにします。Anthropic モデルの場合、アクセスのリクエストボタンをクリックすると、アクセスをリクエストする必要もあります。Amazon Bedrock では、デフォルト設定としてモデルはアクセス可能にはなっていません。

  4. [確認] を選択することで、Amazon Marketplace を介してサードパーティーモデルへのアクセス許可を追加します。注意: Amazon Bedrock およびそのモデルへのアクセスには、販売者の価格条件、EULA、および Amazon Bedrock サービス利用規約が適用されます。

  5. ページの右下にある [変更を保存] ボタンを選択します。[モデルアクセス] ページへの変更を保存するのに数分間かかることがあります。

  6. アクセス許可が付与されている場合、[モデルアクセス] ページの [アクセス] のステータスで、モデルは [アクセス権が付与されました] と表示されます。

ユーザーによっては、モデルへのアクセス許可を追加するための IAM アクセス許可が付与されていない場合があります。アカウントの管理者以外のユーザーがモデルへのアクセス権を追加しようとすると、バナーメッセージが表示されます。Amazon Bedrock でモデルを利用するには、まずアカウント管理者に連絡して、モデルへのアクセス許可を追加するようリクエストする必要があります。

モデルへのアクセス許可が付与されたら、[モデルアクセスを表示] ボタンまたは [モデルアクセスを編集] ページを使用してモデルを選択できます。アカウントは、デフォルトでは Amazon モデルへのアクセス許可を付与されていません。

モデルアクセスを削除する

Amazon Bedrock を使用する場合、特定のモデルのみを作業に使用したり、使用しなくなったモデルへのアクセス許可を削除したりすることもできます。Amazon Bedrock のモデルへのアクセス許可を削除するには、以下の手順を実行します。

  1. Amazon Bedrock コンソール (https://us-east-1.console.aws.amazon.com/bedrock/home?region=us-east-1#/) を開きます。

  2. Amazon Bedrock の左側のナビゲーションパネルにある [モデルアクセス] リンクに移動するか、[モデルアクセスを編集] ページに移動します。

  3. アクセス許可を削除したいモデルの横にあるチェックボックスをオンにします。

  4. ページの右下にある [変更を保存] ボタンを選択します。

  5. モデルのアクセス許可を削除したいかどうかを確認するよう求められます。モデルを使用しているリソースがある場合、そのモデルへのアクセス許可を削除することはできません。

  6. アクセス許可を削除するには、情報ウィンドウに表示されているモデルへの関連付けを削除する必要があります。リソース名の横にあるリンクを選択して、リソースのある場所に移動し、そのリソースのモデルへのアクセス許可を削除できます。依存リソースとしてリスト表示されている項目ごとに、このステップを繰り返します。

  7. リスト表示されているすべてのリソースへのアクセス許可を削除したら、[OK] を選択してアクセス許可削除のステップを完了します。

  8. 完了すると、アクションが正常に完了したことを示すバナーメッセージが表示されます。

    注記

    変更が反映されている間、このアクションを完了した後も、API を通じてモデルにしばらくアクセスされる場合があります。その間にアクセスをすぐに削除するには、IAM ポリシーをロールに追加して、モデル へのアクセスを拒否します