Amazon CloudSearch ドメインの作成 - Amazon CloudSearch

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon CloudSearch ドメインの作成

Amazon でデータを検索するには CloudSearch、まず検索ドメインを作成します。検索可能にするデータのコレクションが複数ある場合は、複数の検索ドメインを作成できます。新しいドメインに検索リクエストを送信する前に、アクセスポリシーの設定インデックスフィールドの設定、および検索対象データのアップロードも行う必要があります。

検索ドメインを作成する場合、検索ドメインに一意の名前を付ける必要があります。ドメイン名は、3 文字以上、28 文字以内で、先頭は英字または数字にする必要があります。使用できる文字は、a​~​z、0​~​9、およびハイフン (-) です。大文字、下線 (_)、およびその他の特殊文字は、ドメイン名には使用できません。

デフォルトでは、すべての新しいドメインは 2013-01-01 API バージョンを使用して作成されます。2011-02-01 API バージョンを使用して、以前に検索ドメインを作成していた場合は、新しいドメインに古い API を使用することもできます。ただし、まったく新しいユースケースでは、2013-01-01 API を使用することをお勧めします。2011-02-01 API が使用中止になったときには、すべてのドメインを 2013-01-01 API に移行する必要があります。

検索ドメインを作成する AWS のリージョンを選択できます。一般的に、オペレーションの最寄りのリージョンを選択する必要があります。例えば、所在地がヨーロッパである場合は、ヨーロッパ (アイルランド) リージョン (eu-west-1) に検索ドメインを作成します。現在サポートされているリージョンとエンドポイントのリストについては、「リージョンとエンドポイント」を参照してください。リージョンの選択の詳細については、「Amazon のリージョンとエンドポイント CloudSearch」を参照してください。

注記

異なるリージョンの Amazon CloudSearch ドメインは完全に独立しています。例えば、my-domain という検索ドメインを us-east-1 に作成し、my-domain という別のドメインを eu-west-1 に作成した場合、これらは完全に独立しており、データは共有されません。

各検索ドメインには、インデックス作成用のデータのアップロードや、検索リクエストの送信に使用できる一意のエンドポイントがあります。ドメインのドキュメントエンドポイントと検索エンドポイントは、ドメインが存在している間変わりません。例えば、imdb-movies というドメインのエンドポイントは次のようになります。

doc-imdb-movies-nypdffbzrfkoudsurkxvgwbpi4.us-east-1.cloudsearch.amazonaws.com search-imdb-movies-nypdffbzrfkoudsurkxvgwbpi4.us-east-1.cloudsearch.amazonaws.com
重要

デフォルトでは、新しいドメインのドキュメントエンドポイントと検索エンドポイントへのアクセスは、すべての IP アドレスに対してブロックされます。ドメインの検索エンドポイントに検索リクエストを送信して、コマンドラインまたはドメインのドキュメントエンドポイントからデータをアップロードするには、ドメインのアクセスポリシーを設定する必要があります。アクセスポリシーを設定せずに、Amazon CloudSearch コンソールからドキュメントをアップロードし、ドメインを検索できます。

Amazon CloudSearch console から、aws cloudsearch create-domain コマンドを使用して、または AWS SDK のいずれかを使用して、検索ドメインを作成できます。

Amazon CloudSearch コンソールを使用したドメインの作成

Amazon CloudSearch コンソールでは、新しい検索ドメインを簡単に作成でき、インデックス作成オプションを設定するためのさまざまなオプションが用意されています。

ドメインを作成するには
  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、https://console.aws.amazon.com/cloudsearch/home で Amazon CloudSearch コンソールを開きます。

  2. [ドメインの作成] をクリックします。

  3. 新しいドメインの名前を入力します。ドメイン名は、3 文字以上、28 文字以内で、先頭は英字または数字にする必要があります。ドメイン名に含めることができる文字は、a​~​z (小文字)、0​~​9、および - (ハイフン) です。大文字、下線 (_)、およびその他の特殊文字は、ドメイン名には使用できません。

    オプションで、[必要なインスタンスタイプ][必要なレプリケーション数] を設定し、事前にドメインをスケーリングすることができます。詳細については、「Amazon でのスケーリングオプションの設定 CloudSearch」を参照してください。

  4. [次へ] を選択します。

  5. 設定オプションで [手動設定] を選択し、[次へ] を選択します。

  6. ドメインのインデックスフィールドを設定します。手順については、「configure indexing options」を参照してください。

  7. [次へ] をクリックします。

  8. ドメインアクセスポリシーを設定します。手順については、「configure access policies」を参照してください。

    注記

    アクセスポリシーを設定するまで、コンソールを使用した場合にのみ、ドキュメントをアップロードして検索クエリを送信できます。デフォルトでは、ドキュメントエンドポイントと検索エンドポイントは、すべての IP アドレスをブロックするように設定されます。

  9. [次へ] をクリックします。

  10. ドメイン設定を確認して、[作成] を選択します。

ドメインのドキュメントエンドポイントおよび検索サービスエンドポイントは、ドメインがアクティブになったときにドメインダッシュボードに表示されます。この時点で、インデックス作成のためにドキュメントをアップロードし、データの検索を開始できます。

AWS CLI を使用したドメインの作成

検索ドメインを作成するには、aws cloudsearch create-domain コマンドを使用します。AWS CLI のインストールおよびセットアップの詳細については、「AWS Command Line Interface ユーザーガイド」を参照してください。

ドメインを作成するには
  • aws cloudsearch create-domain コマンドを実行し、--domain-name オプションで作成するドメインの名前を指定します。例えば、movies という名前のドメインを作成するには、次のコマンドを実行します。

    aws cloudsearch create-domain --domain-name movies { "DomainStatus": { "DomainId": "965407640801/movies", "Created": true, "Deleted": false, "SearchInstanceCount": 0, "DomainName": "movies", "SearchService": {}, "RequiresIndexDocuments": false, "Processing": false, "DocService": {}, "ARN": "arn:aws:cloudsearch:us-east-1:965407640801:domain/movies", "SearchPartitionCount": 0 } }

aws cloudsearch create-domain コマンドは直ちに制御を戻します。新しいドメインのエンドポイントを作成するのに約 10 分かかります。ドメインのステータスと設定の概要を表示するには、aws cloudsearch describe-domains コマンドを使用できます。詳細については、「Amazon CloudSearch ドメインに関する情報の取得」を参照してください。

重要

ドメインのエンドポイントがアクティブになると、ドメインが存在している間、エンドポイントは変わりません。エンドポイントをキャッシュに保存してください。ドキュメントや検索サービスリクエストを送信する前にエンドポイントにクエリを実行する必要はありません。このようなクエリを実行すると、リクエストの調整が発生する可能性があります。

AWS SDKs を使用した Amazon CloudSearch ドメインの作成

AWS SDKs (Android および iOS SDKs) は、 を含む Amazon CloudSearch Configuration API で定義されているすべての Amazon CloudSearch アクションをサポートしますCreateDomain。AWS SDK のインストールと使用の詳細については、「AWS Software Development Kits」(AWS ソフトウェアデベロップメントキット) を参照してください。